ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >マツダ(MAZDA) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

トヨタGR GT3コンセプトとマツダRX ヴィジョンGT3コンセプトが激似?もしかすると両社が共同にてスーパースポーツを開発するのではというウワサ

投稿日:

トヨタGR GT3コンセプトとマツダRX ヴィジョンGT3コンセプトが激似?もしかすると両社が共同にてスーパースポーツを開発するのではというウワサ

| たしかにこれは「他人の空似」で片付けることはできないレベル |

トヨタ、マツダともにスーパースポーツを作りたいという夢を持つものの、それぞれ単独では動けず、となると両者のタッグは現実的

さて、トヨタは先日開催された東京オートサロン2022にて「GR GT3クーペ」を発表していますが、これは「カスタマーモータースポーツの最高峰であるGT3のお客様に選んでいただけるような魅力的なクルマをご提供したいという思い」から設計されたもの。

なお、実際にGT3に参戦するには、市販車をまず販売する必要があり(GT3用のレーシングカーは市販車ベースでなければならない)、そしてその市販車=ロードカーについてトヨタは「レーシングカーをロードカーに転用するという逆転の発想を導入する」ともコメントしています。

トヨタが「GR GT3コンセプト」を公開!カスターマーチームへの供給を前提としたレーシングカー、そしてそのロードバージョンを発売か
トヨタが「GR GT3コンセプト」を公開!カスターマーチームへの供給を前提としたレーシングカー、そしてそのロードバージョンを発売か

| 今のトヨタの勢いを見るに、本当にGR GT3のロードバージョンを市販しそうだ |この記事のもくじ| 今のトヨタの勢いを見るに、本当にGR GT3のロードバージョンを市販しそうだ |そしてその場合、 ...

続きを見る

ちなみに「レーシングカーをロードカーに」という発想について、トヨタ(Gazoo Racing)は過去に「GRスーパースポーツ」を紹介する際、これと同様の発言を行っていますね。

トヨタ”GRスーパースポーツ”公開。「市販車の性能を向上させるのではなく、レーシングカーを市販車にした」

| TS050の公道走行可能バージョン? | トヨタが突如発表を示唆していた「GRスーパースポーツコンセプト」の詳細を公開。 トヨタによるとこれはWECに参戦中のレーシングカー「TS050」とほぼ同じ ...

続きを見る

トヨタはどの程度まで本気なのか?

なお、トヨタは現在「GRスープラ」「GR86」というスポーツカーを持っていますが、現在日本でもっともスポーツカーに対して真剣な自動車メーカー。

これまでトヨタは「MR2」「セリカ」の復活について言及したことがあるものの、おそらくはGRスープラの上に位置するであろうGT3のベースマシンについてはこれまで話題となったことはなく、今回のGR GT3コンセプトも単なる「ファンサービス」と捉える向きもあるようです。

さらに言えば、先日発表された「大量にEVを投入し、EV販売台数を増加させる計画」についても投資家向けのポーズだとも受け取られていて、いうなれば「テスラのように」情報によって市場をコントロールしてゆこうという思惑のあらわれだという意見も。

【動画】トヨタ/レクサスがバッテリーEVに関する新戦略を発表!販売と投資計画を上方修正、LFAやFJクルーザーの後継っぽいモデルも公開
【動画】トヨタ/レクサスがバッテリーEVに関する新戦略を発表!販売と投資計画を上方修正、LFAやFJクルーザー、MR2後継っぽいモデルも公開

| トヨタとレクサスはいったいいつの間にここまで計画を進めていたのか |この記事のもくじ| トヨタとレクサスはいったいいつの間にここまで計画を進めていたのか |豊田章男社長らしくEV世代となっても「ス ...

続きを見る

実際のところ、この「EV重視会見」によってトヨタの株価は大きく上昇していますが、これによってトヨタが「ほかにやりたいこと(スポーツカー)をやっても許される環境づくりができた」のかもしれません。※EVをおろそかにせず、ちゃんとEVに力を入れているという姿勢を示すことができ、投資家を納得させることができた

トヨタの株主は豊田章男社長に不満
トヨタの株主は豊田章男社長に不満?同氏の「急激な電動化に待った」発言に対し「豊田章男は、世界で何が起きているのかわかっていない」

| 豊田章男社長の「急激な電動化に待った」発言は、トヨタ自動車単体ではなく、日本の自動車産業全体を考えてのものだと捉えるのが正しい |この記事のもくじ| 豊田章男社長の「急激な電動化に待った」発言は、 ...

続きを見る

ただし自力での高性能スポーツカーを開発するには負担が大きすぎる

ただ、いかに株価が上昇しようとも、GT3クラスを戦うだけのポテンシャルを持つクルマ、かつ台数が出ないスポーツカーを自力で開発することは非常に難しく(ビジネス的に許されない)、実際にトヨタはスポーツカーのラインアップにおいて、コスト面(と直6を持つこと)を大きな理由に掲げ、BMWをGRスープラの開発パートナーとして選んだほど(言うまでもなく、GR86はスバルとの共同開発)。

よってトヨタが「これまで計画のなかったGT3レベルのスポーツカーを」単独で開発するとは思えず、その意味では今回のGR GT3コンセプトは「絵に描いた餅」と捉えられても仕方がなさそうです。

ただ、このGR GT3コンセプトについては、発表直後から「マツダRX ヴィジョンGT3コンセプトと似ている」という声が多く、実際に比較してみるとたしかに多くの共通点を持つ模様。

たしかにGR GT3コンセプト、マツダRX ヴィジョンGT3コンセプトとはよく似ている

まず、こちらはGR GT3コンセプト。

ToyotaGRGT3Concept-TAS2022-03-640x427

こちらはマツダ RXヴィジョンGT3コンセプト。

ちなみにこのRVヴィジョンGT3コンセプトは2015年に発表されたRX-Visionをベースにしたレーシングカーであり、マツダいわくグランツーリスモ用の「仮想」レーシングカー。

Mazda-RX-Vision-GT3-Concept (4)

マツダ「RXヴィジョンGT3コンセプト」公開!グランツーリスモSPORTにて2020年から使用可能に。山内一典氏「来年はマツダ100周年であり、いろいろなことが起こるかも」

| マツダ100周年には、マツダの将来を変えるようなクルマの発表を期待したい |この記事のもくじ| マツダ100周年には、マツダの将来を変えるようなクルマの発表を期待したい |マツダRXヴィジョンGT ...

続きを見る

トヨタGR GT3コンセプトは「GT3参戦を前提にしたレーシングカーとして考案」されており、マツダ RXヴィジョンGT3コンセプトは「ロードカーをベースにした仮想レーシングカー」といった感じで、起点としてはまったく逆。

Toyota-GR-GT3-Concept

ただしこうやって見てみると、長いフロントフード、キャビンの形状、ホイールベース含む全体的なパッケージングには「おそろしくよく似た」要素が見られるのは間違いのないところ。

Mazda-RX-Vision-GT3-Concept (1)

実際にマツダとトヨタは無関係ではなく、米国においては共同にて工場を建設してリバッジモデルの生産を行っており、マツダの開発したFRプラットフォームをトヨタ/レクサスが採用してゆくという報道も。

そして両者とも「高性能スポーツカーを開発したいと考えているが、そのための資本投下が難しい」と考えているのであれば、その思惑と利害とが一致しているということになり、ここに「トヨタとマツダとの共同開発による高性能スポーツカー(スーパースポーツ)が誕生する」と考えても無理はなさそうです。

Toyota-GR-GT3-Concept-3

ただ、マツダがトヨタに対してロータリーエンジンの使用を許すとは考えにくく、マツダ側は「ロータリー」、トヨタでは「通常のガソリンエンジン」といった感じでパワーユニットを分けるのかもしれません。

Mazda-RX-Vision-GT3-Concept (3)

現時点では、この和製スーパースポーツについて実現する可能性は「ナントモ」ではあるものの、マツダがなにかをやろうとしていることは各種特許からも明らかであり、トヨタはGazoo racingを通じてあらゆるモータースポーツでの存在感を強めたいと考えているようにも見え、となると水面下ではけっこうなレベルの話が進んでいるんじゃないか(であればGR GT3コンセプトのようなクルマは出てこない)と考えたりします。

GR GT3コンセプト発表時の動画はこちら

合わせて読みたい、マツダの「スーパースポーツ」特許関連投稿

マツダからスーパースポーツ登場?ランボルギーニやマクラーレン同様のスペースフレームを持つ特許図面が公開に。もしかすると電動ターボ+トランスアクスル

| これが実現するとマツダは一気に世界のメインストリームに躍り出る | マツダが「FRスポーツカー」に関する特許を出願し、それが公開となっていることが判明。これは「特開2019-151130/1511 ...

続きを見る

マツダがとんでもない特許を出願していた!インホイールモーター+キャパシタ採用、ロータリー/水平対向エンジン搭載の4WDハイブリッド構造

| しかもV型、直列エンジンにも対応。現段階では最も汎用性の高い高効率ハイブリッドか |この記事のもくじ| しかもV型、直列エンジンにも対応。現段階では最も汎用性の高い高効率ハイブリッドか |フロント ...

続きを見る

マツダがロータリー(3ローター)エンジン搭載のハイブリッド4WDスポーツの特許を出願!これまでの特許をまとめると「とんでもない」スーパーカーになりそうだ・・・
マツダがロータリー(3ローター)エンジン搭載のハイブリッド4WDスポーツの特許を出願!これまでの特許をまとめると「とんでもない」スーパーカーになりそうだ・・・

| どう考えてもこのクルマで利益を出せるとは考えにくく、夢のままで潰える可能性も |この記事のもくじ| どう考えてもこのクルマで利益を出せるとは考えにくく、夢のままで潰える可能性も |ボクとしてはトヨ ...

続きを見る

参照:Japanese Nostalgic Car, MAZDA

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), >マツダ(MAZDA), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5