ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>アストンマーティン

アストンマーティンDB11、DBSが大幅アップデートにて生まれ変わるようだ!「内外装は完全にオーバーホール」「現行モデルとの類似性はない」

投稿日:2022/02/14 更新日:

アストンマーティン

| 現在の新体制になってはじめて企画されるアストンマーティンだけに非常に高い期待がかかる |

このところアストンマーティン、ロータスなど英国のスポーツカーメーカーの元気がいい

さて、昨年アストンマーティンは「2023年までにメルセデスAMGと技術を共有したニューモデルが10車種以上登場する」「フロントエンジンのラインナップを一新する」と株主向けの報告会にて発表しています。

そして今回アストンマーティンのオーナーであり会長であるローレンス・ストロール氏が「DB11、DBSスーパーレッジェーラはまったく新しいクルマと言っていいほど」のアップデートを受けるだろう、とコメントすることに。

新型DB11、DBSスーパーレッジェーラのスタイルは大きく変更?

なお、アストンマーティンDB11は2016年、DBSスーパーレッジェーラは2018年に登場しているので、そこからけっこう時間が経過してしまったということになりますが、その間にアストンマーティンはCEOの交代や組織体制の変更、なによりオーナーの変更を経験しており、これによって様々な事情が変わっています。

最も大きな変化はCEOがメルセデスAMGから「送り込まれた」ことで、これによってメルセデスAMGとの共有部分が大きくなり、たとえば「自社開発のV6エンジンを搭載するはずだった」新型ヴァンキッシュ、そしてハイパーカーである「ヴァルハラ」のエンジンがメルセデスAMG製のV8へと変更されるといった事例も。

アストンマーティンが”ヴァルハラ”に搭載するV6エンジン公開!実は「この60年ではじめての、自社設計によるエンジン」だった!

| ヴァルキリーに積まれるエンジンはコスワース製 |この記事のもくじ| ヴァルキリーに積まれるエンジンはコスワース製 |アストンマーティンは今後「ミドシップにも注力」新型エンジンはハイブリッドシステム ...

続きを見る

そしてDB11とDBSスーパーレッジェーラの改良に話を戻すと、ローレンス・ストロール氏いわく「完全に新しいタッチ式インフォテイメントシステム」が含まれるといい、これはメルセデス・ベンツのMBUXをベースにしつつも「適切な英語のアクセントを持つ」とされているので、アストンマーティンらしく「イギリス英語(キングズイングリッシュ / クイーンズイングリッシュ)」にて喋ってくれるのかもしれません。

L1060203

アストンマーティン製V12エンジンは継続

新型DB11とDBSスーパーレッジェーラの外観については「いくらかのキャリーオーバーはあるが、現行モデルとの類似性がない」といい、そのスタイルは大きく変わることになるのかも。

なお、新型DB11、新型DBSスーパーレッジェーラは、おそらくローレンス・ストロール体制になったのちに「はじめて」企画されるニューモデルだと思われるので、新しく生まれ変わったアストンマーティンを対外的にアピールするためにもそのデザインが大きく変えられるだろう、とも考えています。

さらにインテリアについても「完全に新しくなる」ほか、サスペンションやトランスミッションの大幅改良もあるといい、(これまではさほど高いレベルではなかった)サーキットにおけるパフォーマンスが高められる可能性も。

そして嬉しいことに、DBSについてはV12ツインターボが継続されることについても言及しており(出力が715PSから向上するかどうかはわからない)、パフォーマンスに関しても現行の0−100キロ加速3.4秒、最高速度340km/hからの向上を期待したいところですね。

L1060196

現時点では新型DB11、新型DBSスーパーレッジェーラの発表時期等については明かされていないものの、メルセデスAMGの血が濃くなることでパフォーマンス、そして信頼性が大きく向上するのは間違いなく、非常に高い期待を寄せています。

合わせて読みたい、アストンマーティン関連投稿

アストンマーティンの新型ハイパーカー「ヴァルハラ」のエンジンが自社製V6からAMG製へ
アストンマーティンの新型ハイパーカー「ヴァルハラ」のエンジンが自社製V6からAMG製へ!それに伴い発売も1年遅れて2023年に

| 現時点でどのエンジンかは不明、ただしV6もしくは直4、そしてハイブリッド化ということになりそう |この記事のもくじ| 現時点でどのエンジンかは不明、ただしV6もしくは直4、そしてハイブリッド化とい ...

続きを見る

アストンマーティン
アストンマーティンCEO「ヴァルハラ計画は死んでいない。2024年にフラットプレーンクランクV8を積んで登場。新型ヴァンキッシュは同じエンジンで2025年発表」

| アストンマーティン・ヴァルハラ、ヴァンキッシュは当初の計画よりも2年遅れ、そしてパワートレインを変更して登場 |この記事のもくじ| アストンマーティン・ヴァルハラ、ヴァンキッシュは当初の計画よりも ...

続きを見る

アストンマーティン
アストンマーティンが投資家向けに今後の計画を公開。「ヴァルキリーとDBXに派生モデル」「新型SUV」「フロントエンジン車は全入れ替え」「ヴァンキッシュにはピュアEVも」

| さらに2030年には全ラインナップの90%をエレクトリック化 |この記事のもくじ| さらに2030年には全ラインナップの90%をエレクトリック化 |フロントエンジンモデルは「フルリフレッシュ」DB ...

続きを見る

参照:Autocar

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->アストンマーティン
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5