ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>パガーニ

3台限定のうち「最後」のパガーニ・ゾンダHPバルケッタが納車される!その価格は20億円、トップを持たない純粋なスピードスター

投稿日:2022/03/01 更新日:

3台限定のうち「最後」のパガーニ・ゾンダHPバルケッタが納車される!その価格は20億円、トップを持たない純粋なスピードスター

| パガーニ・ゾンダはなんだかんだ言いながらチョコチョコと製造され納車されているようだ |

ただしこのHPバルケッタほど特別なゾンダはほかに存在しないだろう

さて、3台のみが製造された「パガーニ・ゾンダ HPバルケッタ」最後の一台がついに納車。

このゾンダHPバルケッタはパガーニ創業者、オラチオ・パガーニ氏が「自分のために」作ったシリーズだとされていますが、ウインドスクリーンが短くカットされ、ソフトトップすら持たない、文字通りのバルケッタ(小舟)仕様となっています。

同氏のHPバルケッタは2017年8月に公開されており、しかしそこから4年以上を経て3台目がついに納車されることとなったようですね。

今回納車されるパガーニ・ゾンダHPバルケッタはこんな仕様

なお、ゾンダに限らずパガーニのクルマは顧客の要望を細かく反映できることで知られ、よってエアロパッケージまで含めて「ワンオフ」となることが多いようです。

今回納車されるゾンダHPバルケッタのボディカラーはマットブラック、しかしボディの下半分など一部はグロス仕上げのカーボンファイバー。

リアのホイールアーチにはスパッツが装着され、テールにはフラップ、そしてリアデッキには比較的小ぶりなウイングも。

8

ボディのセンターにはイエローのラインが入り、3台限定のいちの3台めということを表す記載も見られます。

9

ホイールはマルチスポーク、そして相当な軽量化を考慮しているであろうことも直感的にわかります。

7

リアフェンダー上には「特別モデルではおなじみの」エアスクープ。

6

フロントサイドにはカナード、そしてフロントフード中央には大きなダクトが設けられることに。

3

フロントアンダーにはスプリッターつき、そしてフロントのセンターは「ちょっと尖った」形状ですね。

1

後方確認用のミラーはフェンダーではなくチョップしたAピラーの上に取り付けられています。

2

インテリアはブラックレザーにアルカンターラを使用したシックな仕様を持っており、ステッチはボディ上のラインと同じくイエローです。

ステアリングホイールには「昔のウッドハンドル」のような鋲が打ってあり、もしかすると実際にウッドハンドルをイメージしたのかもしれません。

4

なお、このパガーニ・ゾンダHPバルケッタは、渦中にあるロシアのチューナー、トップカーのオレゴ・エゴロフ氏へと納車される個体であり、すでにイタリアのパガーニ本社(この動画が撮影された場所)から顧客へと引き渡された、とのこと。※ロシアは大変な状況だと思うが、通貨が暴落することになると思われるので、パガーニ・ゾンダのような、高い資産価値を誇るクルマを持っている人が強いのだと思う

参考までに、トップカーはその過激なスタイル、カーボンファイバーを大量に使用したボディキットで知られていますが、トップカーとパガーニとの関係性は浅くなく、以前にも「トップカーのデザインによる」ウアイラが公開されていますね。

パガーニ史上もっとも過激な「イモラ」の公式画像公開!5台限定、一台は中国行きが確定。エンジンはAMG製827馬力、価格は4億円以上か

| もちろんウアイラ史上もっともパワフル、そしてアグレッシブ |この記事のもくじ| もちろんウアイラ史上もっともパワフル、そしてアグレッシブ |エアロパッケージは専用デザインこんな記事も読まれています ...

続きを見る

トップカーによるポルシェ911ターボ
ボディ外板は全部カーボン!カスタム費用1800万円の992世代向けトップカー製コンプリートキット「スティンガーGTR」がリリース

| こう見えてボディパーツは「すべて」作り変えられている |この記事のもくじ| こう見えてボディパーツは「すべて」作り変えられている |トップカーほど「エキゾチック」という表現が似合うチューナーもほか ...

続きを見る

オラチオ・パガーニのゾンダHPバルケッタはこんなクルマ

そしてこちらはパガーニ創業者、オラチオ・パガーニ氏の所有するゾンダHPバルケッタ。

カナード、フロントフード上のダクト、リアスパッツなどが「リベット留め」となっており、荒々しい印象も受けますね。

パガーニ・ゾンダ

ボディ上半分はブルー、下半分はクリア仕上げのカーボンファイバー、そしてホイールはシルバー、センターキャップはブルーのアルマイト、さらにブレーキキャリパーもブルーです。

その多くは今回納車されたトップカー向けのゾンダHPバルケッタと共通ですが、ミラーの位置が異なるようですね(このゾンダHPバルケッタではフェンダー上に取り付けられている)。

なお、オラチオ・パガーニ氏のHPバルケッタの内装はエレガントかつクラシカル、そしてこちらのステアリングホイールは「ウッド」。

リアだとエアの抜けが良さそうなリアバンパーが装着され、チタン製のエキゾーストシステムが覗くほか、アグレッシブな形状を持つリアディフューザーも見られます。

「2台め」のゾンダHPバルケッタについては公開がなされていないように思われますが、やはりこれらに近い仕様を持っているものと思われます。

【動画】ロンドンにて、パガーニ創立者の運転するゾンダ(17億円)率いるパガーニ軍団登場

| まさかの「パガーニ氏本人が運転するパガーニ」が登場 | ロンドンにて目撃された、パガーニの一団。 何とその先頭を走るのはパガーニ創立者、オラチオ・パガーニ氏自ら運転するパガーニ・ゾンダHPバルケッ ...

続きを見る

そしてこちらはオラチオ・パガーニ氏のゾンダHPバルケッタを紹介する動画。

合わせて読みたい、パガーニ関連投稿

ルイス・ハミルトンが7年間所有したパガーニ・ゾンダ760LHを売却!購入時の価格は1億7000万円、売却額はおそらく6億円以上か
ルイス・ハミルトンが7年間所有したパガーニ・ゾンダ760LHを売却!購入時の価格は1億7000万円、売却額はおそらく6億円以上か

| パガーニ・ゾンダのスペシャルモデルはこのところ急激に価値を上げている |この記事のもくじ| パガーニ・ゾンダのスペシャルモデルはこのところ急激に価値を上げている |さらに「ルイス・ハミルトン」とい ...

続きを見る

パガーニのニューモデル「C10」が早くもリーク!ウアイラ後継のはずだが、その先代である「ゾンダ」に近い?
パガーニの新型ハイパーカー「C10」が早くもリーク!ウアイラ後継のはずだが、その先代である「ゾンダ」に近い?

| パガーニのファンはウアイラよりもゾンダを高く評価しているために「先祖返り」か |この記事のもくじ| パガーニのファンはウアイラよりもゾンダを高く評価しているために「先祖返り」か |そしてゾンダより ...

続きを見る

まだ新車のゾンダが作られているのか・・・。今度こそ本当に「最後」のゾンダ760ロードスター特別仕様車のティーザー画像が公開
まだ新車のゾンダが作られているのか・・・。今度こそ本当に「最後」のゾンダ760ロードスター特別仕様車のティーザー画像が公開

| 今までにも「これが最後」というゾンダが何台も作られているが |この記事のもくじ| 今までにも「これが最後」というゾンダが何台も作られているが |外装デザインを担当するのは3Dレンダリング専門のデザ ...

続きを見る

参照:oleg_topcar, Marchettino

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->パガーニ
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5