ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG)

納期が2024年末になると言われるメルセデス・ベンツGクラス。しかし新たに200台限定、シンプルな外観を持つ「エディション550」が追加

投稿日:2022/03/03 更新日:

納期が2024年末になると言われるメルセデス・ベンツGクラス。しかし新たに200台限定、シンプルな外観を持つ「エディション550」が追加

| メルセデス・ベンツGクラスはシンプルな仕様もよく似合う |

さらにはブラックでもホワイトでも、くすみカラーでも似合うようだ

さて、納車まで2年ほど要するとされるメルセデス・ベンツGクラスことゲレンデですが、今回Gクラス・エディション550が発表されることに。

これは200台のみが限定生産される特別仕様車で、設定されるボディカラーはジュピターレッド、アラビアングレー、ムーンライトホワイトの3色のみ(ムーンライトホワイトはメルセデス・ベンツのパーソナリゼーションプログラム、マヌファクトゥアによる新色)。

2022-Mercedes-G-Class-Edition-550-4

世界的にメルセデス・ベンツGクラスの受注が停止、最短納車で2024年末!日本でもすでに受注が閉じられ「納車4年待ち」、いったいなぜこんなことに・・・。
世界的にメルセデス・ベンツGクラスの受注が停止、最短納車で2024年末!日本でもすでに受注が閉じられ「納車4年待ち」、いったいなぜこんなことに・・・。

| チップ不足に加え、フェイスリフトを控えていることも関係しているようだ |この記事のもくじ| チップ不足に加え、フェイスリフトを控えていることも関係しているようだ |当然ながら「高すぎる人気」もその ...

続きを見る

エクステリアにはグロスブラックのアクセント

そしてこのGクラス・エディション550には、そのボディカラーと対比をなすようにグロスブラックのアクセントが与えられることになりますが、バッジ類はブラックに、そしてそのシルエットをかたどったバッジも付与されます。

2022-Mercedes-G-Class-Edition-550-1

このグロスブラックはバンパー、フェンダーフレア、グリル、ホイールににも採用され、パイプ状のグリルガードもグロスブラックに。

2022-Mercedes-G-Class-Edition-550-5

一見するとシンプルかつレトロな仕様ですが、それがまたGクラスの魅力を引き立てているようにも感じられます。

2022-Mercedes-G-Class-Edition-550-2

なお、メルセデス・ベンツは従来型Gクラスのモデルライフ末期、そして新型Gクラスにおいても「初代Gクラスっぽい」シンプルな外観のGクラスを投入していますが、こういったシンプルなGクラスも「時の流れの影響を受けず」長期に渡りその魅力を維持できるのかもしれませんね。

メルセデス・ベンツGクラスの新型「軍用モデル」、W464が投入開始!出力向上に加えて悪路走破性向上、さらにLEDライト装備など実用性も向上
メルセデス・ベンツGクラスの新型「軍用モデル」、W464が投入開始!出力向上に加えて悪路走破性向上、さらにLEDライト装備など実用性も向上

| おそらくはこういった軍用「プロ仕様」メルセデス・ベンツGクラスを欲しいと思う人も多そうだ |この記事のもくじ| おそらくはこういった軍用「プロ仕様」メルセデス・ベンツGクラスを欲しいと思う人も多そ ...

続きを見る

一方、メルセデス・ベンツGクラス エディション550のインテリアは豪華仕様に

その一方、このメルセデス・ベンツGクラス・エディション550のインテリアは外装とは打って変わってラグジュアリーな仕様を持っており、ダイヤモンドステッチを施したツートンカラーのナッパレザーシート、アクティブマルチコンツアーシートやカーボンファイバートリムといった装備が与えられています(一部オプション)。

2022-Mercedes-G-Class-Edition-550-6

助手席側のグリップ(グラブバー)には"1 of 200 Edition 550 "という文字が刻まれ、けっこう特別感のある仕様を持っているもよう。

なお、搭載されるエンジンは4.0リッターV8ツインターボ、最高出力は416ps(310kW / 422PS)、最大トルク450lb-ft(609Nm)と(標準モデルと)変わらない数値を持っています。

トランスミッションは9速オートマチック、これに2速トランスファーケースを備えた全輪駆動システムが組み合わされることになり、標準仕様と同じく0-60 mph(0-96km/h)加速5.6秒、最大7,000 lbs(3,175kg)というスペックを誇ることになるものと思われます。

2022-Mercedes-G-Class-Edition-550-7

現時点ではその他のスペックや価格、納車時期などは公表されておらず、しかし現在の「生産が全く追いついてない」状況を考慮するに、納車はずっと先になるのかもしれません。

合わせて読みたい、メルセデス・ベンツGクラス関連投稿

ブラバスがメルセデス・ベンツGクラスに「もともと設定されていない」V12を押し込んだ900馬力の限定モデル、そして「アドベンチャー・パッケージ」を追加

| V12エンジンはS600用をメルセデス・ベンツからの供給にてスワップ | ブラバスは以前よりメルセデス・ベンツGクラスのカスタムに力を入れていますが、今回はあたらしく「アドベンチャーパッケージ」な ...

続きを見る

メルセデス・ベンツGクラス
日本市場限定!白と黒のメルセデスAMG G63特別仕様「ストロンガー・ザン・タイム」登場。2450万円なのに250台が限定販売→つまりはそれだけ売れる?

| 日本は世界でも有数の「Gクラス大好き国」 | この記事のもくじ| 日本は世界でも有数の「Gクラス大好き国」 | メルセデスAMG G63ストロンガー・ザン・タイム・エディションはこんな外装を持って ...

続きを見る

メルセデス・ベンツGクラスに「ヨットとコラボ」、G-ヨッティング・エディション登場!内装スペシャリストの新提案

| シルバー部分は腕時計のような”ブラシ仕上げ” |この記事のもくじ| シルバー部分は腕時計のような”ブラシ仕上げ” |メルセデス・ベンツGクラス”Gヨッティング・エディション”はこういった外装を持っ ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

-メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG)
-, , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5