ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ベントレー(Bentley) ■自動車各社業績/ランキング/記録等

ベントレーの利益が前年比でなんと18.45倍に伸びる!高額なモデルが売れ、さらにカスタム需要が高かったことがその理由だと発表される

投稿日:

ベントレー

| ベントレーはほかブランドのように「SUVの販売構成がそこまで高く」ない |

ただしロールスロイス同様、顧客のオーダーメイド嗜好がかなり高いようだ

さて、ベントレーが「利益が18.45倍になった」という驚きの事実を発表。

これによると、過去最高の販売台数を記録した2021年の営業利益は2020年の2000万ユーロ(日本円で26億3000万円)から3億8900万ユーロ(511億2400万円)へと1845%増加した、とのこと。

そして「パンデミックラグジュアリー消費」の波に乗ってベントレーは2021年に14,659台を納車し、これまでの記録である2020年比で31%増を記録しています。

さらにベントレーは2022年がはじまった時点にて、すでに受注台数が過去最高水準に達していることにも言及しており、このまま行くと2022年も記録を達成するのは間違いなさそうですね。

ベントレーの販売は「うなぎのぼり」

なお、ベントレーは昨年に「創業から102年で20万台を販売した」とアナウンスしていますが、その20万台のうち75%はここ18年で販売したものだといい、つまり「ここ最近になって急激に販売が伸びた」ということに。

ベントレーが創業102年にして累計生産20万台を達成
ベントレーが創業102年にして累計生産20万台を達成!なお20万台のうち40%は2003年登場のコンチネンタルGT、2015年発売のベンテイガはすでに12.5%

| さらに20万台のうち75%はフォルクスワーゲン傘下となってから発売されたクルマたち |この記事のもくじ| さらに20万台のうち75%はフォルクスワーゲン傘下となってから発売されたクルマたち |ベン ...

続きを見る

ちなみにベントレーは1998年からフォルクスワーゲングループに属していますが、同グループに入った後に大きく販売を伸ばしたと考えてよく、あらためてフォルクスワーゲングループの経営手腕には驚かされますね。

ベントレーの財務責任者であるジャン=ヘンリック・ラフレンツ氏によると、「2021年の成功については、我々のブランドの強さが業績の鍵を握っており、ベンテイガ・ハイブリッド などのニューモデルが利益を過去最高の3億8900万ユーロに押し上げるのに貢献した」。

L1330359

加えて「当社のハイブリッドモデルに対する需要の高まりは、英国クルー工場への30億ユーロの持続可能な投資によって支えられており、当社が持続可能なラグジュアリーモビリティのベンチマークメーカーであり続けることを確実にしたといって良いでしょう」と続けています。※ベントレーは自社工場を「エレクトリック対応」に大きく作り変える計画を発表している

参考までに、販売構成のうち40%がベンテイガ、33%がコンチネンタルGTだといい、同じくフォルクスワーゲングループに属するランボルギーニやポルシェのように、「半分以上がSUV」ではないのは興味深いところですね。

ベントレー
ベントレーが電動化計画を加速!本社をEV製造に向け改革し2025年以降は「毎年EVを発売」。さらにトヨタより20年早い2030年にカーボンニュートラルを達成

| ベントレーはアウディのバックアップを得て急激に電動化へシフト |この記事のもくじ| ベントレーはアウディのバックアップを得て急激に電動化へシフト |ただしベントレーは昔からエコには熱心に取り組む会 ...

続きを見る

やはり「パーソナリゼーション」も利益に貢献

さらに、ベントレーは「利益の増加にはパーソナリゼーション需要の拡大も貢献している」と述べ、顧客のパーソナライゼーションが進んだことで1台あたりの利益が拡大し、とくに「スピード」「マリナー」「ハイブリッド」という単価と利益率の高い車両の購入者が好んでパーソナライズ(純正オプションによるカスタム)を行ったことによって、1台あたりの売上単価は前年比8%増となり、13.7%という高い売上高利益率の達成が可能となったようですね。

そしてベントレーは、2021年のハイブリッドモデルの人気ぶりをもって「2025年から毎年1台ずつ新しい電気自動車を導入する」という計画の正当性があらためて証明されたとも認識しており、同社CEOであるエイドリアン・ホールマーク氏によれば「今回の結果は、経済の先行きが不透明な中にもかかわらず達成されたことに注目する必要があります。2030年のカーボンニュートラル達成に向けて当社の全製品を刷新するBeyond100プログラムを推進する中で、ベントレーに関わるすべての人にとって大きな成果であると自信を持って言えるでしょう」とのこと。

L1330390

たしかにこの成長率は「異常」ともいうべきもので、コロナ禍においては様々なブランドが販売を伸ばしたものの、そもそも顧客の要望にマッチした製品を提案しなければ売れるわけでもなく(なんでも売れたわけではない)、しかしベントレーは優れた製品群を揃えていたために今回の結果に繋がったのだとも考えられます。

合わせて読みたい、ベントレー関連投稿

ベントレーが「最初の1台を納車してちょうど100年が経過した」と発表。なお、当時すでにオートカーが存在し、該当のクルマが記事となったもよう
ベントレーが「最初の1台を納車してちょうど100年が経過した」と発表。なお、当時すでにオートカーが存在し、該当のクルマが記事となったもよう

| 最初の納車から100年が経過したことよりも、100年前にオートカーが存在していたことのほうが驚きだ |この記事のもくじ| 最初の納車から100年が経過したことよりも、100年前にオートカーが存在し ...

続きを見る

ベントレー
ベントレーが2年連続で販売台数記録を更新!最も売れたのはベンテイガ(40%)、そしてコンチネンタルGTは33%、フライングスパーは27%

| 地域別だともっともベントレーが売れたのはアメリカ、それに次ぐのは中国 |この記事のもくじ| 地域別だともっともベントレーが売れたのはアメリカ、それに次ぐのは中国 |やはり中東でのベントレー人気も根 ...

続きを見る

これが「2021年版、もっとも優れるインテリアをもつ車」トップ10!1位は安定のベントレー・ベンテイガ、しかしホンダ・シビック、三菱アウトランダーもランクイン
これが「2021年版、もっとも優れるインテリアをもつ車」トップ10!1位は安定のベントレー・ベンテイガ、しかしホンダ・シビック、三菱アウトランダーもランクイン

| 日本車は「極端に高級なインテリア」を表現するのは苦手だが、コスパの優れるインテリアでは右に出る者がいない |この記事のもくじ| 日本車は「極端に高級なインテリア」を表現するのは苦手だが、コスパの優 ...

続きを見る

参照:Bentley

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->ベントレー(Bentley), ■自動車各社業績/ランキング/記録等
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5