■外国ネタ・旅行など

フィリピン・マニラへ行く(ペニンシュラ・ホテルのロビーやブティック)

投稿日:2015/05/30 更新日:

DSC01477

さて、警察と麻薬犬の警備を抜けてロビーへ。
ペニンシュラ・マニラ特有の純白の制服を着たドアマンがドアを開けてくれますが、さすがに由緒正しいホテルだけあって素晴らしいロビー。

高い天井に加え、広いカフェスペースがあります。
両脇にはブルガリやエルメスのショーケース。

なお、チェックイン時に不手際があり、ホテル側の判断で部屋をアップグレードしてくれる、というラッキーイベントがありました。

ちなみに外出時にはシャトルバスを利用すると便利(ロビー内に時刻表がある)。
もしくはホテルを出て車寄せ左側のカウンターに頼めばタクシーを呼んでくれますし、ホテルの車をチャーターすることも出来ます。
ペニンシュラ・ホテル・マニラの車はメルセデス・ベンツSクラスで、おなじみにペニンシュラ・グリーンに塗られています。
ペニンシュラといえばロールスロイスと思っていましたが、それは香港だけであり、マニラではメルセデス・ベンツ、上海ではBMW7シリーズ、等ホテルによって異なるようですね。

DSC01434

DSC01436

DSC01437

DSC01511

DSC01513

DSC01443

関連投稿:マニラのペニンシュラ・ホテル内ブティックについて

ペニンシュラ・ホテルの中には「ペニンシュラ・ブティック(ショッピング・アーケードのようなもの)」があります。
香港のペニンシュラにはルイ・ヴィトンも入っていますが、香港返還前などコピーで有名だった頃、「ペニンシュラ・ブティック以外のヴィトンは全部偽者」という時期がありました。

マニラのペニンシュラ・ブティックはさほど大きくありませんが、ケーキショップが入っており、ここではパンやケーキ、もちろんチョコレートも購入ができます。
パンはシナモンロール、フォカッチャなどもあり、だいたい200円くらいから。
ケーキだと450円くらいからですね。
おおよそ日本のホテルで購入する価格と同じくらいなので、現地価格からすると「かなり高い」と考えて良いかと思います。

IMG_0289

ただ、このケーキショップは午後7:30を過ぎるとパンとケーキ類が半額になります(ペニンシュラにしては遅い午後9時まで営業している)。
この時点でもほぼ全種類揃っていることが多く、午後7:30過ぎに翌日の分まで「まとめ買い」して翌日にそのパンやケーキを食べるというスタイルが定着。

部屋には紅茶やコーヒー(インスタントですが無料)なども充実しており、優雅なひと時が過ごせるわけですね。

IMG_0255

IMG_0290

IMG_0296

IMG_0297

関連投稿:フィリピン・マニラのペニンシュラホテルのロビー(夜)

ロビーが豪華なフィリピン・マニラのペニンシュラ・ホテル。
ときには中二階で生バンドが演奏していたり、週末には結婚式を挙げたり、ということも。

IMG_0274

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■外国ネタ・旅行など
-, , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5