ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型BMW 3シリーズの確定デザインが中国にて公開!全体的にスッキリ、しかしよりダイナミックに。リアディフューザーは一気に大型化

投稿日:

新型BMW 3シリーズの確定デザインが中国にて公開!全体的にスッキリ、しかしよりダイナミックに。リアディフューザーは一気に大型化

| ボディカラーには新色が追加され、その印象は大きく変わりそう |

おそらくはこのデザインが他の国や地域にて販売される3シリーズにも用いられることになりそうだ

さて、BMWは3シリーズのフェイスリフト(マイナーチェンジ)を控えていますが、今回は中国工業情報化部に登録された画像により、その外装デザインや仕様が明らかに。

この新型BMW 3シリーズは、BMWと中国現地の提携先であるブリリアンスとの合弁会社によって製造されることになりますが、これまでの例から見て他地域にて販売されるBMW 3シリーズと「相違ない」ものと考えられます。

ただし中国専売として「ロングホイールベース」仕様がラインアップされるのは他の国や地域での展開とは異なるところかもしれません。

新型BMW 3シリーズはこうなっている

まずは今回公開された画像のフロントを見てみると、すでに(中国向けとして)公開されたi3セダン(i3 eDrive 35L)と同様のヘッドライトを持ち、クリーンでシャープな印象を受けるように思います。

2023-BMW-3-Series-Sedan-1

中国にて新型BMW i3が目撃される!このヘッドライトやバンパーはフェイスリフト版の3シリーズにもそのまま採用されることになりそうだ
中国にて新型BMW i3が目撃される!このヘッドライトやバンパーはフェイスリフト版の3シリーズにもそのまま採用されることになりそうだ

| 中国以外でもこのクルマが「BMW i3」を名乗るのかどうかはわからない |この記事のもくじ| 中国以外でもこのクルマが「BMW i3」を名乗るのかどうかはわからない |もともとのi3は7月に生産を ...

続きを見る

ただしバンパーはi3とは異なってセンターのエアインテークが大きく、L字シェイプのサイドインテークが薄くなっているもよう(エレクトリック版のi3のほうがフロントサイドインテークが大きい)。

2023-BMW-3-Series-Sedan-12

サイドはこれまでとほぼ変わらず、しかしリアだとバンパーが新しくなり、ディフューザーは大きく(バンパーの下半分を占めるほど)、リフレクターは縦型に、そしてテールパイプは大きな台形に。

2023-BMW-3-Series-Sedan-10

全体的には高級感が増し、そして同時にスポーティーさも増加しているように見えますね。

2023-BMW-3-Series-Sedan-2

そのほか気づくのはフロントインテークにセンサー、グリルにカメラが装備されていること、そして今回届け出られた画像はすべてMスポーツパッケージ装着車であると思われ、よってフロントフェンダーにMバッジが装着されていること。

となるとMスポーツパッケージではない「通常版」だともう少しおとなしいデザインを採用することになるのかもしれません。

2023-BMW-3-Series-Sedan-16

新BMW 3シリーズのボディサイズは(標準ボディで)全長4,728mm、ホイールベース2,851mm、ロングボディの3-Series Liだと全長4,838mm、ホイールベース2,961mmと記載されており、パワートレインは3種類(いずれもガソリン)で、320iはでは156PS、325iは183PS、330iだと245PS。

ただし外観とは異なりパワートレインは仕様地向けに大きく変更を受けるものと思われ、欧州や日本、北米ではマイルドハイブリッドやプラグインハイブリッドなどのエレクトリックパワートレイン、そしてディーゼルエンジンといった選択肢も提供されると考えられます。

加えてアメリカでは、330iと、ハイブリッドバージョンである330eには2.0リッター4気筒ターボ、M340iには3.0リッターツインターボ直6が搭載される可能性が高いと見られているようですね。

2023-BMW-3-Series-Sedan-17

ちなみにこちらはグレードごとの仕様詳細。

ウインドウモール、キドニーグリルのフレームやインナー、ヘッドライト、テールパイプなどに差異が設けられていることがわかります。

このアップデートされた3シリーズにつき、おそらく数ヶ月内に発表されて納車開始は2022年後半から、もちろんセダンのほか、ツーリング(ワゴン)についても同様の変更がなされるものと思われます。

2023-BMW-3-Series-Sedan-3

合わせて読みたい、BMW関連投稿

BMW
BMWのデザイナー「なぜ4シリーズや7シリーズには奇抜なデザインを採用し、3シリーズや5シリーズは普通なのか」

| それはそれぞれのシリーズの客層の性質を反映したものだった |この記事のもくじ| それはそれぞれのシリーズの客層の性質を反映したものだった |実際、BMWの販売台数は大きく伸び、BMWが正しかったこ ...

続きを見る

BMWのデザイナー「今後のMパフォーマンスモデルにもMモデル同様の4本出しテールパイプを採用するが、それは丸ではなく台形などスタイリッシュなものになる」
BMWのデザイナー「今後のMパフォーマンスモデルにもMモデル同様の4本出しテールパイプを採用するが、それは丸ではなく台形などスタイリッシュなものになる」

| 欧州特にドイツの一部自動車メーカーの間では「ハイパフォーマンスモデルのテールパイプは丸」という認識があるようだ |この記事のもくじ| 欧州特にドイツの一部自動車メーカーの間では「ハイパフォーマンス ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->BMW(ビー・エム・ダブリュー), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5