ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG)

メルセデス・ベンツが自らマイバッハを超カスタム!内装にはシャネルっぽいブークレにフェイクファー、クルマの概念を超えた「マイバッハ・オート・ヴォワチュール・コンセプト」を発表

投稿日:

メルセデス・ベンツが自らマイバッハを超カスタム!内装にはシャネルっぽいブークレにフェイクファー、クルマの概念を超えた「マイバッハ・オート・ヴォワチュール・コンセプト」を発表

| メルセデス・ベンツは今後「オートヴォワチュール」を究極のパーソナリゼーションブランドとして活用? |

ここまで「わかりやすい」豪華仕様を持つクルマも珍しい

さて、先日はウィル・アイ・アムとのコラボレーションにて「Gクラス顔のメルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を製作し世間を驚かせたメルセデス・ベンツですが、今回は「極度にカスタムされた」メルセデス・マイバッハ・オート・ヴォワチュール・コンセプトを公開。

このオート・ヴォワチュール(Haute Voiture)については、フランス語の「オートクチュール(ファッション用語で、高級なパーソナルオーダーを指す)」と、やはりフランス語で自動車をあらわす「ヴォワチュール」とを組み合わせたもので、文字通りファッション界の最上級のパーソナリゼーション、そして自動車界でも最高級のクルマとのコラボレーションを意図しています。

Mercedes-Maybach-S-Class-Haute-Voiture-Concept (21)

そのカスタム内容は想像の範囲を超えていた

このメルセデス・マイバッハSクラスのボディカラーはシマーローズ、それに組み合わせられるのはダークノーティカルブルー(ボディ上部とホイール)。

Mercedes-Maybach-S-Class-Haute-Voiture-Concept (2)

現時点では「コンセプト」にとどまるものの、メルセデス・ベンツによれば2023年にごく少量の限定車として生産を行うとのことで、そのスペックや価格については現時点では不明です。

Mercedes-Maybach-S-Class-Haute-Voiture-Concept (3)

このメルセデス・マイバッハ・オート・ヴォワチュール・コンセプトは、コートダジュールにて開催される「アート・オブ・クリエイティング・デザイヤー」にて、プロジェクト・マイバッハ・ヴァージル・アブロー・コンセプト、メルセデス・マイバッハS680 バイ・ヴァージル・アブローとともに発表がなされた、とのこと。

Mercedes-Maybach-S-Class-Haute-Voiture-Concept (6)

メルセデス・ベンツがオフロードっぽい「プロジェクト・マイバッハ」発表!急逝したファッションデザイナー、ヴァージル・アブローとのコラボによる最後の作品に
メルセデス・ベンツがオフロードっぽい「プロジェクト・マイバッハ」発表!急逝したファッションデザイナー、ヴァージル・アブローとのコラボによる最後の作品に

| ヴァージル・サブローは日の直前まで精力的に作品を送り出し続けていたようだ |この記事のもくじ| ヴァージル・サブローは日の直前まで精力的に作品を送り出し続けていたようだ |やはり時代は「オフロード ...

続きを見る

メルセデス・マイバッハ・オート・ヴォワチュール・コンセプトの真髄はインテリアにあった

そしてこのメルセデス・マイバッハ・オート・ヴォワチュール・コンセプト最大の見所はインテリア。

クリスタルホワイトとダークノーティカルブルーのナッパレザーと、ブルー、ベージュ、ローズゴールド、ゴールドの色調で構成された(シャネルっぽい)ブークレファブリックがキャビンの大部分を覆っています。

Mercedes-Maybach-S-Class-Haute-Voiture-Concept (11)

ダッシュボードのパネルはホワイトとゴールドのラッカー仕上げ。

ちなみにMBUXインフォテインメントの画面(デジタルインターフェイス)もオリジナルの仕様を持つといい、(ファッションショー会場の)キャットウォークの雰囲気を視覚化するためにグラフィックが刷新され、メニューやタッチスクリーンにに表示されるホームボタン周囲にはローズゴールドのアクセントが施されています。

さらにプロフィール選択メニューには、花やラメのエフェクトを採用し、ユーザーごとに12種類の”着飾った”アバターが用意され、自分だけのオートヴォワチュールのプロフィール画像を作成することができるようですね。

Mercedes-Maybach-S-Class-Haute-Voiture-Concept (8)

なお、パネル部分のクリアはかなり厚めに塗られているもよう。

Mercedes-Maybach-S-Class-Haute-Voiture-Concept (14)

一部パーツにはゴールドのアクセントが採用され、センターコンソールには「鋲(リベット)」も。

Mercedes-Maybach-S-Class-Haute-Voiture-Concept (13)

レザー部分にはメルセデス・ベンツのスリーポインテッドスターがアレンジされてプリントされています。

Mercedes-Maybach-S-Class-Haute-Voiture-Concept (17)

フロアマットはモッフモフ!

土足禁止にしておかないと一瞬で汚れそうですね。

Mercedes-Maybach-S-Class-Haute-Voiture-Concept (12)

ドアインナーパネルにもブークレファブリック。

Mercedes-Maybach-S-Class-Haute-Voiture-Concept (15)

メルセデス・マイバッハはやはり「後部座席に乗ってナンボ」

フロントシートも豪華ではありますが、もっと豪華なのはリアシート。

Mercedes-Maybach-S-Class-Haute-Voiture-Concept (9)

フロントシートに比較するとブークレファブリックの比率が多いようですね。

Mercedes-Maybach-S-Class-Haute-Voiture-Concept (10)

シャンパン、そしてグラスホルダーも。

ただ、後部座席のフロアマットもモッフモフなので靴を脱いで乗車することになるものと思われ、となるとこのクルマにもっとも必要なのはシャンパンクーラーではなく「(脱いだ)靴入れ」なのかもしれません。

Mercedes-Maybach-S-Class-Haute-Voiture-Concept (16)

ドアインナーポケットやクッションにも「動物性の素材を使用してない」フェイクファー。

Mercedes-Maybach-S-Class-Haute-Voiture-Concept (18)

ブークレファブリックにはオートヴォワチュールのエンブレム。

Mercedes-Maybach-S-Class-Haute-Voiture-Concept (19)

今回のメルセデス・マイバッハ・オート・ヴォワチュール・コンセプト制作に際し、インテリアに使用されるのと同じ素材を利用したバッグやアパレルも製造されており、車両と一緒に展示されているようですが、メルセデス・ベンツは今後このオートヴォワチュールについてどういった展開を行うのか明かされておらず、そこはちょっと気になる部分。

ロールスロイスやベントレーでは「高度にカスタムできる」ところが顧客に支持されていると言われるので、マイバッハブランドとしても、顧客のいかなる要望にも応えるべく、このオートヴォワチュールを活用するのかもしれません。

Mercedes-Maybach-S-Class-Haute-Voiture-Concept (7)

あわせて読みたい、メルセデス・マイバッハ関連投稿

内外装はどこまでもマイバッハ!いまだかつて無いレベルのラグジュアリーを表現する「コンセプト・メルセデス・マイバッハEQS」発表
【動画】内外装はどこまでもマイバッハ!いまだかつて無いレベルのラグジュアリーを表現する「コンセプト・メルセデス・マイバッハEQS」発表

| コンセプト・メルセデス・マイバッハEQSの「マイバッハ度」はいまだかつてないレベルに |この記事のもくじ| コンセプト・メルセデス・マイバッハEQSの「マイバッハ度」はいまだかつてないレベルに | ...

続きを見る

メルセデス・ベンツ
メルセデス・ベンツの第1四半期は「EVの販売が3倍」、さらに「Sクラスが1.6倍、マイバッハが2.6倍」など大きく伸びる。手持ちのチップをうまく分配?

| しかしその一方、メルセデス・ベンツは「これ以上EVの価格は下がらない」とも考えている |この記事のもくじ| しかしその一方、メルセデス・ベンツは「これ以上EVの価格は下がらない」とも考えている | ...

続きを見る

価格高騰必至!元ルイ・ヴィトンのデザイナーとのコラボによって誕生した150台のみ限定の「メルセデス・マイバッハ・バイ・ヴァージル・アブロー」が素晴らしすぎた

| 昨年11月に発表されたプロジェクト・マイバッハ×ヴァージル・アブロー・コンセプトはこのモデルのプレビューだった |この記事のもくじ| 昨年11月に発表されたプロジェクト・マイバッハ×ヴァージル・ア ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

-メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG)
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5