ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

■中国/香港/台湾の自動車メーカー

中国にて「バックしようとしたところ、前進モードに入れてしまい」EV(NIO ET5)が立体駐車場から落下。2名が亡くなる

投稿日:

中国にて「バックしようとしたところ、前進モードに入れてしまい」EV(NIO ET5)が立体駐車場から落下。2名が亡くなる

| 不幸な条件が重なった事故ではあるが、EVにはEVなりの急発進防止対策が必要になりそう |

破損の状況から見て、「ルーフを下にして」地面に激突したのかも

さて、中国・上海の立体駐車場からNIO ET5が落下し、乗車していた2名が死亡するという事故が発生。

乗っていた1名はNIOのテストドライバー、もう一名は他社の社員であり、事故後駆けつけた救急隊によって救命措置を施されるも死亡が確認されたと報じられています。

この事故を受け、NIOはすぐさま現地SNS、Weibo上にて声明を発表し、本件が(事件性のない)事故であること、クルマの設計や製造の不具合ではないこと、特別にチームを組織して家族の支援を行うことを発表していますが、「クルマに問題がない」とすぐに言及しているあたりは株価を意識したものだと思われます(実際に株価は下がっていない)。

なお、現時点では「テストドライバーが、リバースモードに入れたかったものの、誤って走行モードに入れ、そのままアクセルを踏んだため、意に反してクルマが前進して駐車場を飛び出して落下した」と伝えられていますが、EVの加速はガソリン車よりも(一般に)鋭いため、走行モードの入れ間違い、ギアの入れ間違いによる事故もガソリン車に比較して多くなるのかもしれません。

【動画】新潟のポルシェセンターにて試乗中のタイカンがショールームに突っ込む事故!やはりEVの加速は強烈、今後同様の例も多発しそう
【動画】新潟のポルシェセンターにて試乗中のタイカンがショールームに突っ込む事故!やはりEVの加速は強烈、今後同様の例も多発しそう

| EVの普及に伴い、今後ガソリン車では考えられないような事故案件が増えてくるのかもしれない |この記事のもくじ| EVの普及に伴い、今後ガソリン車では考えられないような事故案件が増えてくるのかもしれ ...

続きを見る

以前にも同様の例はあるが

こういった「落下」による事故は少なくはなく、ちょっと前には、納車時に機能の説明を受けているオーナーが「ギアを入れ間違えて」ショールームのあった2Fから落下してしまうという一件も。

こちらは幸いにも乗員、そして下にいた通行人ともにケガはなく、しかし今回のNIO ET5については、3Fからという高い位置からの落下であったこと、画像を見るにコンクリートの破片が散乱しており、相当なスピードで壁を突き破って落下したであろうこと、そして自動車にとっては想定外である「ルーフから着地したであろうこと」から最悪の事態となってしまったのかもしれません(さらにEVは重量があるので、こういった事故の際の衝撃がかなり大きいのだと推測される)。

まさかのハプニング!インドにて新車の納車中にオーナーが操作を誤って2Fのショールームから車ごと飛び出して路上に落下する
【動画】まさかのハプニング!インドにて新車の納車中にオーナーが操作を誤って2Fのショールームから車ごと飛び出して路上に落下する

| まさかこんなことが起ころうとは |この記事のもくじ| まさかこんなことが起ころうとは |死者がでなかったのが不幸中の幸いその事故はこうやって起こった落下現場はこんな感じ新車のタタがショールームから ...

続きを見る

NIO ET5はこんなクルマ

NIO(ニオ/ニーオ)は中国のEV専門自動車メーカーですが、1360馬力を発生する「EP9」なるハイパーカーを発表して一躍その名を知られることに。

ただ、NIOそのものはハイパーカーメーカーとして成功したかったわけではなく、このハイパーカーにて(新興ブランドである)NIOの知名度を向上させ、実際にはその後に発売するファミリーカーにて利益を取ってゆこうというビジネススタイルを採用しており、実際に「ハイパーカーは一台も納車されておらず」、かわりにいくつかのファミリーカーのみを発売しているという状態です。

中国NIOが第二のエレクトリックハイパーカー、1360馬力のEP9スピードスターを企画中?
中国NIOが第二のエレクトリックハイパーカー、1360馬力のEP9スピードスターを企画中?なお第一弾のEP9クーペは未だ納車されていないようだ

| これまでに数々のエレクトリックハイパーEVの計画が報じられて生きたが、実現したものはほとんどない |この記事のもくじ| これまでに数々のエレクトリックハイパーEVの計画が報じられて生きたが、実現し ...

続きを見る

そしてこのET5はテスラ・モデル3に真っ向からぶつけたクルマであり、ボディ形状は「4ドアクーペ」。

ボディサイズはテスラ・モデル3やBMW i4に近く、全長4,790mm、全幅1,960mm、全高1,499mm、ホイールベース2,888mmという数値を持っており、フロントには150kW、リアに210kWの2つのエレクトリックモーターを搭載して最高出力360kW(483ps)、最大トルク700Nm(516lb-ft)を発生しますが、最大の特徴はその「一回の満充電あたり航続可能距離」にあると考えてよく、150kWhウルトラロングレンジバッテリーを搭載した場合、なんと1,000kmにまで延長可能です。

ちなみに現地での価格は600万円以下からのスタートなので、「かなり競争力がある」と言って良さそうですね。

テスラ・モデル3最大のライバル?中国NIOより、最大で航続可能距離1,000kmの「ET5」登場。価格は590万円〜、ARや自動運転も
テスラ・モデル3最大のライバル?中国NIOより、最大で航続可能距離1,000kmの「ET5」登場。価格は590万円〜、ARや自動運転も

| 数年内に、中国のEVは「あなどれない」レベルにまで進化しそうだ |この記事のもくじ| 数年内に、中国のEVは「あなどれない」レベルにまで進化しそうだ |とくにNIOは最大の成長株だと考えて良さそう ...

続きを見る

合わせて読みたい、NIO関連投稿

まさかの急展開!上海MSでテスラの上に乗り「米大企業と一人で戦った女性」が実はテスラのライバル会社、NIO関係者だった説
まさかの急展開!上海MSでテスラの上に乗り「米大企業と一人で戦った女性」が実はテスラのライバル会社、NIO関係者だった説。証拠が次々出てきて形勢逆転?

| しかも、かつてテスラに講義をしたほかの人々もNIOのブースで働いているようだ |この記事のもくじ| しかも、かつてテスラに講義をしたほかの人々もNIOのブースで働いているようだ |ただし事態は思わ ...

続きを見る

自動車でトライアスロン?1台のクルマを「サーキット」「オフロード」「スピードボート」へと変身させ3つのステージ競う「NIOトライアスロンコンセプト」が公開
自動車でトライアスロン?1台のクルマを「サーキット」「オフロード」「スピードボート」へと変身させ3つのステージ競う「NIOトライアスロンコンセプト」が公開

| ここまで面白そうなコンセプトカーは今までに見たことがない |この記事のもくじ| ここまで面白そうなコンセプトカーは今までに見たことがない |実現しそうにないものの、ぜひ実現してほしいコンセプトカー ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

-■中国/香港/台湾の自動車メーカー
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5