>ウラカンの仕様/インプレッション/近況

関西だとどこに入る?スーパーカー/スポーツカーを駐車可能なパーキング(神戸編)

更新日:

DSC01098

ランボルギーニ・ウラカンを乗るうえでもっとも困るのが駐車場。
段差、スロープという物理的な障壁に加えて「安心して置くことができるか」というところが重要な基準。
同じように感じる人も多いようで、駐車場についてはよく尋ねられ、記録もかねて下記にざっとぼくの利用する駐車場を記載してみます(都度都度更新します。できれば画像、動画も追加したいと思います)。

ぼくは電車に乗ることはまずなく、ほとんどの移動を車で行い、そのため方々の駐車場を利用しますが、ここでは「まずオススメしない」駐車場は当然ながら省いています。

●神戸地区

神戸オリエンタルホテル(地下)
地下駐車場に入るスロープを下ると係の人が案内してくれる親切な駐車場。
大きな車の入るトレー式立体駐車場もありますが、そこが埋まっていても幅が広い/長い車を駐車できる区画があり、そこを案内してくれます(そこは案内がないと停めることができず、ファミリーカーやミニバンが停めることはない)。
その区画は係の人が目を光らせてくれているのでセキュリティ上も安心度の高い駐車場。
並ぶこともほとんどなく、神戸に行くときはまずこの駐車場を利用します(三宮近辺、居留地でも大丸契約駐車場は周囲の道路含めて非常に混雑する)。
1~3Fはバーニーズニューヨークになっており、バーニーズへの直通エレベーターもあります。
従業員(うら若い乙女のことが多い。ホテルと共通か?)の対応が非常によく、気持ちよく置ける駐車場ですね。

パーキングメーター(居留地、SMBC周辺)
意外かも知れませんが、ぼくはパーキングメーターもよく利用します。
繁華街であれば何があるのか怖くて利用できませんが、神戸のように治安が良いところで、歩道が広く、放置自転車がないところでは比較的安全なのですね。
かつ居留地のパーキングメーターは空いていることが多く、わずらわしい車庫入れをしなくてもサクっと車を停められることが多いので非常に便利。
ショップがあるので人目もありイタズラも防げますし、カップルが多く何かにちょっかいを出そうという人種も少なく、歩道も広く広がって人が歩いても車に触れたり、自転車が倒れることもまず無いといえます。
ただし「60分以内」という駐車制限があるので、その時間内に用事を済ますことができる場合、もしくは用事(訪問先)が近距離で60分経過前に戻ってきてまた停めなおしができる場合に利用、という但し書きが付きます。
幸か不幸か最近の若者は車に対して興味を持たず、それはいい意味でも悪い意味でも同じで、高価な車を見てもやっかむこともなく、イタズラをしようというほどの興味も持たないようで、こういったところではスルーされることも多いですね。

関連記事

関西だとどこに入る?ランボルギーニ・ウラカンが駐車可能なパーキング(なんば/心斎橋編)
関西だとどこに入る?ランボルギーニ・ウラカンが駐車可能なパーキング(梅田編)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->ウラカンの仕様/インプレッション/近況
-, ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5