>ランボルギーニ(Lamborghini)

マッドマックス風のリフトアップ・ウラカン(ラジコンカー)を作ってみた件

投稿日:2016/11/09 更新日:

dsc00470

何を思ったかマッドマックス風のウラカンを作成。
以前にアマゾンで購入し、猫さんと遊ぶためだけに走らせていたFJクルーザーのシャシーにウラカンのボディをスワップするわけです(要改造)。
※画像は完成した状態。名付けて「ウラカン・ロードウォリアー」。

こちらは改造前。

dsc00455

こちらはそれぞれのボディを分離させた状態。
両方ともボディはネジ止めなので分離は容易ですが、アンテナ線とランプ類のリード線がシャシーとボディとをつないでいます。
必要なのではFJクルーザーのシャシーとウラカンのボディで、今回使用しないFJクルーザーのボディとウラカンのシャシーはとりあえずそのまま保管することに。

dsc00456

ワイヤーを一旦切り離して新しいボディに再接続し、ハンダでワイヤーを接続。

dsc00457

仮でウラカンのボディを載せますが、幾つか問題があり簡単には装着できないようですね。
一つは突起物が邪魔してボディが固定できない、二つ目はフロントのカンガルーバーがボディに接触する、三つ目はそのままウラカンのボディを載せると微妙に見た目がイマイチなこと。

dsc00458

一つ目の突起物は幾つかカットしてなんとかしますが、二番目のカンガルーバーは少々厄介。
一旦カンガルーバーを切り離し、アルミのパイプで延長することにします。

これが延長した状態。
このラジコンカーではバンパーの役目を果たしますので、硬化後もある程度柔軟性を保ち、衝撃を吸収できる接着剤を使用しています(この部分は最終的にマットブラックに塗装)。

dsc00466

オーバーフェンダーはプラ板にて作成。
ひとまずは適当な形に切り、ボディに仮合わせ。
まんま「板」ですが、このくらいの「貼り付けた感」の方が良さそうなので、このままエポキシ系接着剤で固定します。

「適当にカスタムした」感を出すために、余ったアルミパイプでマフラーエンドを作成。
センター4本出しです。
直径は8ミリ、スケールは1/14なので、実車だと112パイという大径サイズ。

dsc00467

いきなりですがボディを固定して完成。
これがそのセンター4本出しマフラー。

dsc00469

テールランプとヘッドライトも点灯可能。

dsc00468

上から見るとこんな感じ。
オーバーフェンダーはマットブラックに塗装してあります。

dsc00473

どうでしょう?
マッドマックス感が出せるかと思ったのですが、ボディを汚したり、スパイクを打たないとマッドな感じが出ないようですね。

dsc00472

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニ(Lamborghini)
-, ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5