>ベントレー(Bentley) ■映画や音楽、本について

ベントレーが鷹使い向けのカスタム・ベンテイガ発表。鷹匠/鷹ステーションつき

更新日:

ベントレーのカスタム部門「マリナー」が中東の「鷹使い(鷹匠)」仕様のベンテイガを発表。
Bentayga Falconry by Mullinerと命名され、車体後部にはコルクとレザーを使用した鷹使い専用ツール「マスター・フライト・ステーション」を内蔵。
これにはマスター向けの飲み物を保管するスペース、鷹使い専用道具などが入っているようです。
※鷹使い専用道具とはGPS追跡ユニット、双眼鏡、鷹用のフード/甲冑などを指す、とのこと

ダッシュボードには鷹のインレイ。

移動式鷹スタンド。

こちらが「マスター・フライト・ステーション」。

こちらにも鷹スタンド。

室内にも鷹ホルダー。
専用フードを被っているようですね。

以前にドバイへ行った時に参加したツアーにも「鷹使い」が登場しましたが、中東では鷹は権力の象徴(他の国でも歴史的に同じ)で、鷹専用の病院があったり、鷹そのものも非常に高額で、1億円を超える鷹も珍しくない、とのこと。

鷹と一緒に写真を撮ってくれるサービスもあったのですが、多くの人が並んでいたので諦めたものの、今となると「写真撮っとけば良かったなあ」と考えています。

「中東の鷹使い」というと映画「オーシャン・オブ・ファイヤー(2004,ヴィゴ・モーテンセン主演)」を思い出しますが、これはアラブの砂漠4800キロを馬で走破するレースを描いた映画で(スティール・ボール・ランに近いと話題に)、劇中に登場する鷹使いの漢っぷり(脇役ですが印象的)が素晴らしかった作品でもあります。

なおベントレー・ベンテイガは上流階級を強く意識した車であり、オプションにも2500万円くらいの「トゥールビヨン(タグ・ホイヤー製)」があったり、これまでもフライフィッシング向けの仕様など貴族っぽいカスタムを披露していますね。
同様の理由にて、レンジローバーも(スポーツとしての)狩猟をイメージしたカスタムを発表済み。

関連投稿:これは高そうだ。ベントレーがベンテイガ向けにフライフィッシング仕様のカスタムを用意

bentley-bentayga-fly-fishing-by-mulliner-1

ベントレーがベンテイガ向けにフライフィッシングを行うユーザー向けのカスタム(オプション)を提案。
車両を作成したのはベントレーのカスタム部門である「マリナー」ですが、その出来栄えの美しさを見る限りでは相当に高価であることが想像できます。

レンジローバーはショットガンメーカーとコラボしてハンティング仕様の限定モデルを公開しましたが、ベントレーも同様に貴族っぽいカスタムを公開したことになりますね。
レンジローバーにせよベントレーにせよ、こういったお金持ちっぽいカスタム、そして自然が非常によく似合うと思います。

bentley-bentayga-fly-fishing-by-mulliner-2

bentley-bentayga-fly-fishing-by-mulliner-3

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->ベントレー(Bentley), ■映画や音楽、本について
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5