>フォード(FORD)

アメリカのパトカーはこう変わった、1950年代から現在までをアニメーションで解説

投稿日:2017/10/07 更新日:

| アメリカのパトカーにはフォードが多い |

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は police.jpg です

フォードは古くからアメリカ国内においてパトカー用に車両を提供していますが、その「変遷」を動画で紹介。
1950年代のフォード・インターセプターに始まり、1980年代のマスタング、その後はよく映画に出てくるクラウン・ヴィクトリアなども登場。
さらにはトーラス、そして現代の警察に採用されるフュージョンへ。

ボディカラーについても現在の「ブラック基調」となるまでには、グレーっぽいものやブルーをメインにしたもの、時にはグリーンなど珍しいカラーも存在していたことがわかります。
さらには「カーチェイス」が日常的にあるせいか、早い段階から400馬力以上のパトカーを導入したり、と日本の警察とは随分異なる様子も。

関連投稿
フォードがF-150を「ポリススペック」にカスタムしてタフなパトカーに。内外装を徹底強化
カリフォルニア警察がワンオフのチューンド・マスタング(730馬力)をパトカーに採用
一般市場だけではなくパトカーにもSUV人気の波。アメリカで警察がSUVの導入を加速
コイツから逃げるのは難しそうだ。カリフォルニア警察がダッジ・チャージャーをパトカーに導入

なお、現在アメリカではパトカーすらも「SUV」がブームだと言いますが、パトカーも時代を反映する一つの鏡かもしれませんね。

関連投稿
ポルシェが各世代ごとの生産台数、デザインの変遷を動画で公開。やっぱり996は売れていた
1957年から現代まで。F1のステアリングホイール変遷を一覧できる動画が公開に
ル・マン優勝車を動画で確認。1923年のブガッティから2014年のアウディR18まで
これはナイス。BMW3シリーズ40年の変遷を図解した動画(ドーナツメディア)
これはわかりやすい。イラストと動画で示すポルシェ911の進化過程

それでは動画を見てみよう

こちらが1950年代から現代に至るまでのパトカーの変遷を紹介した動画、「Ford Police Responder Hybrid: The Evolution of Police Vehicles | Hybrid and Electric Vehicles」。

VIA:Ford Motor Company

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->フォード(FORD)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.