>アウディ(Audi) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ジャガー(Jaguar) >ベントレー(Bentley) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >ミニ(MINI) >ランボルギーニ・ウラカン関連 >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) >ロールスロイス(Rolls-Royce)

ジャガーがXE/XF/F-PACEに「ブラック・エディション」投入。ほかメーカーの「ブラック」仕様にはどんなものが?

投稿日:2017/12/02 更新日:

欧州自動車メーカーを中心に「ブラック」は大流行

ジャガーが「XE」「XF/XFスポーツブレーク」「F-PACE」に「ブラックエディション」を追加。
これはもうネーミングの通り真っ黒な特別モデルで、通常オプションの「ブラックパック」に加えてバックカメラやプライバシーガラスを装着したモデル。
ボディカラーはブラックの他にコリス・グレー、フィレンツェ・レッド、ユーロン・ホワイトも選択可能。

受注を受けるのは2018年のみ

なおジャガー・ランドローバーはかなり早い段階で「ブラック」をオプションに取り入れたメーカーで、レンジローバーにはエンブレムやホイールをブラックに変更できるオプションを他メーカーに先駆けて導入しています。

その後はフォルクスワーゲン・アウディグループがこれに続き、上位モデルに「グロスブラック」を採用したり、ポルシェでも各パーツがブラックへと変更できるオプションを設定したり、911、カイエン、ケイマン、ボクスターなどに「ブラック・エディション」を設定したり。

ほかの自動車メーカーもやっぱり「ブラック」重視傾向

そのほかロールスロイスにも「ブラックバッジ」、BMWもXシリーズに「ブラックファイア」、ミニに「カーボン・エディション」を追加するなどBMWグループもブラックを積極的に採り入れ、やはりVWアウディグループに属するベントレーも「ブラックエディション」、そしてメルセデス・ベンツも「ナイトパッケージ」を投入するなど、現在各メーカーとももっとも注力しているのが「ブラック」と言えそうですね。

スーパーカーにおいてはランボルギーニがウラカンにてスプリッターやマフラーエンドなど各部がブラックとなる「スタイルパッケージ」を採り入れていますが、フェラーリやマクラーレンではそういったパッケージはなく、アストンマーティンではパーツ単体で「ブラック」を選ぶことが出来る場合もあるようです(マットブラック中心でグロスブラックは少ない)。※スーパーカーにおいてはメタリックグレーのアクセントのほうが好まれる傾向もある

あわせて読みたい各メーカーのブラック仕様車関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->アウディ(Audi), >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), >ジャガー(Jaguar), >ベントレー(Bentley), >BMW(ビー・エム・ダブリュー), >ミニ(MINI), >ランボルギーニ・ウラカン関連, >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover), >ロールスロイス(Rolls-Royce)
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.