ad-728





>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

メルセデスAMG GT 4ドアクーペに「エディション1」登場。アグレッシブなエアロで武装

2018/05/10

| メルセデスAMG GT 4ドアクーペに”エディション1”登場 |

メルセデスAMGは専売となる4ドアクーペモデル「メルセデスAMG GT4ドアクーペ」を発表しましたが、今回はその「エディション1」を公開。
「エディション1」はいずれのAMGモデルでも発売後12ヶ月の間に期間限定にて受注を受けるもので、内外装にその希少性を高めるためのアップグレードが施される特別バージョン(価格もアップ)。
AMG GT 4ドアクーペにおいてエディション1が設定されるのは、そのトップレンジ、GT 63 Sに対してのみの設定となっています。

ダウンフォース強化、サーキット走行タイムも向上?

AMG GT 63S エディション1についてはより大きなフロントスプリッターそしてリアディフューザーが装着され、角度調整式のリアスポイラーも与えられ、ドラッグが軽減されるとともにダウンフォースが増強されることに。

Mercedes-AMG GT 4-Türer Coupé (X 290), 2018

ボディカラーはマット仕上げの「グレー・マグノ」が採用され、ボディサイド、フロントフード/ルーフ/デッキリッドにはマットグレーにてAMGストライプが入り、ホイールは21インチサイズの鍛造(マットブラックにCNC加工)が装着されています。

Mercedes-AMG GT 4-Türer Coupé (X 290), 2018

インテリアではマグマグレーとブラックとのコンビ(ナッパレザー)となり、イエローのコントラストステッチ、シートベルトが採用されることに。
AMGマルチコンツアー・シートも同様で、ステアリングホイールはAMGダイナミカ(マイクロファイバー)貼り+イエローのセンターマーク、そして”Edition 1”のバッジ付き。

Mercedes-AMG GT 4-Türer Coupé (X 290), 2018

ナッパレザーが使用されるのはアームレスト、メーターフード、ドアインナーパネルにもおよび、カーボンファイバー製パネルも使用されることでインテリアはレーシーな仕上がりに。

エンジンはそのまま変わらず630馬力を発生する4リッターV8、トランスミッションは9速AT、駆動方式は4WD(4Matic)、0-100キロ加速は3.1秒(BMW M5”コンペティション”と同じ数字)。

Mercedes-AMG GT 4-Türer Coupé (X 290), 2018

実際の車両を公開するのはADACチューリッヒ24時間(ニュルブルクリンクで開催)において、とのこと。
現時点で日本への導入や価格についての発表はないものの、北米には2019年初めからデリバリーされると報道されています。

あわせて読みたい、メルセデスAMG GT4ドアクーペ関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)
-, , , ,