>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

CG職人がいい仕事をした。新型スープラがオープンになるとこうなる、というレンダリング

トヨタは間違いなく新型スープラにオープンモデルを設定したいと考えているはずだが 新型車が発表されると必ず出てくる、「もしも」系レンダリング。今回もおなじみのX-TOMI DESIGNが「スープラ・コンバーチブル(カブリオレ)」のCG発表一番乗りとなっていますが、なかなかに完成度の高い作品となっており、オフィシャルフォトといっても通用しそう。そしてこの後も続々と同様のレンダリングが登場し、中には「タルガ(エアロトップ)」「ワゴン」「トラック」「オフローダー」といったレンダリングが登場するのは想像に難くないと ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

【動画】”世界最速の女性”が教える、メルセデス・ベンツGクラスで「水の中を渡るにはこうする」3つのポイント

この3つを理解しておけば無事に水中を走行可能 様々なメディアに登場し、極限下でのドライブテクニックを披露することで知られる、”4輪を走らせると世界最速の女性”ジェシー・コムズさんがメルセデス・ベンツGクラスにて「簡単に水の中を走る3つの方法」を公開。使用するのは新型メルセデス・ベンツGクラスで、実際にこれでザブザブと水中を走ってみようということですね。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を行える、日産GT-R向けの全面ディスプレイ採用「スマートキー・コンセプト」登場ありそ ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >韓国の自動車メーカー ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

BMWとノースフェイスとのコラボ、キャンパーコンセプトが公開。世界で最も進んだ”布”を使った、「テントとクルマの融合」

ただし誰がどういったシーンで使用するのかは謎 BMWがアウトドアブランド、ノースフェース(ザ・ノース・フェイス/THE NORTH FACE)とコラボした「キャンパーコンセプト」を発表。これはラスベガスで開催中の家電見本市「CES」で発表されたもので、なぜ家電のショーで発表されたかというと「素材に”物質”と”デジタル”」とを融合したから(説明を見てもよくわからない)。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を行える、日産GT-R向けの全面ディスプレイ採用「スマートキー・コンセ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

とても純正とは思えない!チューンドカー並の派手なエアロを持つレクサスRC F”パフォーマンスパッケージ”発表

トヨタはときどきこういった派手なクルマを出す会社でもあった すっかり話題はスープラ一色となってしまったデトロイト・モーターショーですが、その影でトヨタは新型レクサスRC Fを公開。もちろんこれはフェイスリフト後の新型RCをベースにしたハイパフォーマンス版ですが、標準モデルのRC Fに加え、カーボン製パーツやセラミックブレーキ、チタンマフラー等を装備する「パフォーマンス・パッケージ(Performance Package)」もあわせて発表しています。 左がRC F パフォーマンスパッケージ、右が通常のRC ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

あの人気ユーチューバーも早速注文!新型トヨタGRスープラのレビュー続々登場。リアハッチ開口部はボディ剛性確保のためかなり狭いつくりに

やはり細かいところは動画でないと伝わりにくい さて、発表されたばかりの新型トヨタ・スープラですが、国内外から動画レビューが続々登場。このタイミングでの公開ということは、事前に各メディア向けには発表が行われ、1/14の「解禁」にあわせて一斉にアップが始まった、ということになりそうです。 こちらもオススメ、関連投稿新型トヨタ・スープラの試乗レポート初登場!「室内に流れるエンジンサウンドはフェイク」「ブレーキには改善余地がある」【動画】レクサスUXの試乗レビュー到着!「レクサスUXは売れる要素を備え、ライバルよ ...

ReadMore

>スバル(SUBARU) ■ニュース

スバルが北米限定「S209」発表。WRX STIベースでSTI史上最高の341馬力、オーバーフェンダーで殴り込み

北米市場専用なのが残念。日本での発売も期待 スバルが予告していたとおり、デトロイトモーターショーにて「SUBARU WRX STI S209」を発表。これまでの「S207」「S208」同様、スバル・テクニカ・インターナショナルがエンジンやシャシーをチューンしたもので、ドライブトレーン、そして内外装含めた特別仕様となっています(スバルの北米法人による”なんちゃって”ではなく、ちゃんとSTIが手を入れたクルマだと思われる)。 こちらもオススメ、関連投稿スバルが東京モーターショー詳細を公開。「S208/BRZ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・ウラカン関連

【動画】一般人が偶然ランボルギーニ・ウラカンEVOスパイダーに遭遇し、初めて走行状態を捉える。そのリヤの迫力は想像以上

今までのどんなスパイフォト/動画よりも鮮明 ランボルギーニはつい先日ウラカンのフェイスリフトモデル、「ウラカンEVO」を発表していますが、今回早くも「ウラカンEVOスパイダー」のプロトタイプが目撃に。過去にも一度スパイフォトが公開されているものの、「動画」としての走行状態が捕らえられたのは今回が初めてです。なお、動画を撮影したのはプロのスパイフォトグラファーではなく、偶然これを目撃した「一般の人」。 新型ランボルギーニ「ウラカンEVO」発表!640馬力、加速はフェラーリ488GTB以上、価格は2984万円 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

欧州仕様の新型スープラも発表!ベースグレードでも鍛造ホイール、ハイパフォーマンスブレーキ装着。90台のみの「マットカラー」限定モデルも登場

欧州仕様のスープラは走りに一切の妥協はない デトロイト・モーターショーにて発表されたA90世代の新型スープラですが、北米仕様に続き「欧州スペック」が公開に。現時点で北米ではその限定台数に言及していないものの、欧州仕様のスープラは初年度につき「年間900台」に供給が制限される、と公式発表がなされています。加えて、初回限定モデルとして、90台限定の「スープラA90エディション(Supra A90 Edition )」の発売もアナウンスされており、こうなると日本市場向けの価格や詳細についても発表が待たれるところ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

新型トヨタGRスープラの北米仕様は6気筒のみ。初回限定モデル「ローンチエディション」はこんな装備を持っている

トヨタは各国向けに限定モデルを用意する? トヨタは新型GRスープラを発表したばかりですが、その0-100キロ加速は「4.3秒」とトヨタ車史上最速。なお、日本の自動車メーカーが0-100km/h加速を公開することは非常に稀で、それだけトヨタは今回の新型スープラに自信がある、ということなのでしょうね。現在のところ日本での発売時期は「春」とだけ発表され、その詳細や価格は不明ですが、北米では「3.0」「3.0プレミアム」「ローンチエディション(限定)」の3つとなり、日本で導入される「2リッター4気筒」は販売されな ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

マスターテストドライバーは豊田章男社長!新型トヨタ・スープラは「自信を持ってお届けできる」

新型トヨタ・スープラの加速性能はポルシェ718ケイマンSをも上回る トヨタがデトロイト・モーターショーにて、17年ぶりとなるA90新型スープラを発表。今回公開されたスープラはBMW外共同開発となり、「BMW Z4」とシャシーを共有することが一つの特徴ですが、トヨタいわく「直6」「FR」といういずれの世代のスープラにも通じる特徴を軸に、「ホイールベース」「トレッド」「重心高」の3つにこだわり、ピュアスポーツカーにふさわしいハンドリング性能を実現した、とのこと。 さらに新型スープラの開発主任、 多田哲哉氏は ...

ReadMore



●ポルシェ718ケイマン(982) ■ニュース

ポルシェ718ケイマン納車直後の印象。インテリアについて感じたことをまとめてみた

更新日:

| ポルシェ718ケイマンのインテリアについて思うこと |

さて、納車されたポルシェ718ケイマンのインプレッション、「インテリア編」。
やはり外装同様、試乗車に乗るのと、自分のクルマとして乗るのとではまったく見方が異なり、納車されてみると色々なところに気づきます。

運動性能とは裏腹に、これまでポルシェは内装にあまりお金をかけてこず、とくに911やボクスター/ケイマンといったスポーツモデルにおいてそれは顕著(ただし次期911=992では大きく改善されそう)。

よって、ぼくが718ケイマンの内装から受ける印象も、「もうちょっとこうだったら」というものが多くなっています。








ドアの開閉音がちょっと空冷っぽい

これまで981ボクスターに乗っていた際はオープンであったためかそう感じることはなかったものの、718ケイマンではドアの開閉音が空冷ポルシェに近い、と感じます。
つまりは「ガチン」という金属音が聞こえるということですが、正確に言うと996以降の911が持つ「バフン」という音の中に空冷っぽい音が混じっている、ということですね。

L1050200

 

キーは手で回してエンジン始動

これは最新モデルであっても採用されている構造ではありますが、「エンジン始動はキーを捻って行う」。
イマドキのクルマはほとんどが「プッシュ式エンジンスターター」を採用しているものの、ポルシェが頑なに譲らない部分でもありますね。

L1050140

ポルシェはルマン式スタート時に「ちょっとでも速くスタートできるよう」に左ハンドルでもキーシリンダーを左側に配置したり、キーとシリンダーそのものの重量にも妥協しなかったり、とキーとスタート方式には一家言あるメーカー。
そして多くのメーカーが簡単に「ボタンでスタート」方式に移行する中、伝統の方法を採用するのは「エンジンをスタートさせる」という行為をどのメーカーよりも重要視(神聖視ともいえる)しているからだ、とも考えています。

ポルシェはこんなところまで軽量化していた!「超軽量キー/キーシリンダー」

ちょっと気になるのはフルエレクトリックモデルの「タイカン」では始動(起動)方法はどうなるのか、ということ。
順当に考えるとEVなので「ボタン(スイッチ)で起動」となりそうですが、ポルシェが伝統を重視し、またユーザーエクスペリエンスを重視して、あえて「キーを捻ってスタート」とするのかどうか、ということですね。

L1050205

ウインカーレバーのタッチ

ポルシェは水冷世代へ移行した後、ウインカーレバーのタッチが悪化しています。
気持ちの良いクリック感がないということですが、その後997/987世代でやや改善し、991/981世代でもちょっと良くなったとは思うものの、718世代でも「まだまだ」。

L1050150

997世代のような「パキッ」という何かが折れたような音は出ませんが、アウディやフォルクスワーゲンのような「すっと入る」タッチには程遠いようです(硬いとかそういった話ではなく、単にタッチが悪い)。

なお、今までに試乗含めて乗ったクルマで、ウインカーのタッチがもっとも良かったメーカーはレンジローバー。
レンジローバーというと貴族的というか紳士的なイメージですが、「ウインカーのタッチすら紳士的だ」と驚いたことを覚えています。

シフトレバー(PDKセレクター)の操作感

こちらもウインカーレバー同様、「イマイチ」だと思うところ。
やはりクリック感に乏しく、「そのレンジに入っているのか入っていないのか」が直感的にわからないということで、ここも同じグループに属するアウディやフォルクスワーゲンに劣る部分。

ですが、次世代では物理的にレバーを操作するのではなく「スイッチ」に変更される可能性が大きく、こういった不満を抱くのも718世代限りなのかもしれません。

L1050147

なお、ポルシェはマニュアル・トランスミッションの場合は「ゲートに吸い込まれるように」シフトレバーを気持ちよく操作でき、これはあらゆるマニュアル・トランスミッション装着者の中でも「最も優れる」といっても過言ではないほど。
それだけにPDKセレクターの操作感についてはなおのこと不満を感じるのかもしれません。

意外とモノが積める

ケイマンはミドシップなのでフロントにトランクがありますが、その大きさは特筆モノ。
世代を重ねるごとに徐々に(設計の改善で)その容量が広くなっているように思われ、718ケイマンでは75Lのスーツケースを飲み込み、その上にさらに小さなバッグも載るほど。

ポルシェ純正オプション、718ケイマンのトランクにぴったり収まるリモワのスーツケースを買ってみた

加えてリアにも比較的大きな収納スペースがあり、これは「後ろにエンジンがある」ということを考えると驚くべき広さ。

L1050160

981ボクスターに乗っていた頃も、BMW Z4、メルセデス・ベンツSLC、アウディTTロードスターといった「フロントエンジンレイアウトのオープンカー」よりも広いリアの収納スペースに驚かされましたが、まさに「ポルシェの真髄は(初代911が目指したように)パッケージングにあり」、そしてそれはほかのどのメーカーも真似できない、と考えています。

本当にこれだけのカーゴスペースを確保したというのは驚きでしかありません。

L1050211

ただし座席後部の収納スペースは絶望的

一方でシート後方にモノを置く場所はなく、室内に何かを置こうとすれば助手席か、そこに人が乗っていれば足元か、そして手を伸ばしてリアのカーゴスペースに置くよりほかはなさそう。

L1050141

なお、リアの荷室にはこういったバーがあり、これはアルミ製。
ストラットのカバーもアルミ製で、「スピーカーのような」デザインを持っています。

L1050211

内装照明が暗い

夜間に顕著ですが、ポルシェの内装は従来より「非常に暗い」と認識しており、それは718ケイマンも一緒。
暗い理由としては、メーターに視線を集中するという意図があるのかもしれないと考えますが(サーブはたしかメーター以外の照明を全部オフにする機能があった)、実際の理由は不明です。

とくにこういったセレクター脇の表示などが「光らず」、これはかなり珍しいところでもありますね。

L1050149

ただし最新のカイエンではLEDにて無断階にその発光色を変更できる「アンビエントランプ」を内蔵しており、ここもポルシェにとって「変わりつつある」部分。

暗いほうがスパルタンで雰ヤル気が出るとは思うものの、ぼくとしてはやはり華やかなほうが好みであり、後に照明を追加しようと考えています。

ドリンクホルダーが不便

ポルシェのスポーツモデルにおいて、ドリンクホルダー(カップホルダー)はこんな感じで「展開式」。
通常は格納されているものの、使用時にはドリンクホルダーを展開する必要があり、これはドライバーからの距離や、見栄え的に「改善してほしい」部分ではありますね。

L1050190

ただ、「ポルシェのスポーツモデル」というクルマの性格を考えると、「運転中は呑気に飲み物なんか飲むな」というポルシェの意思表示だとも考えられ、であればここはポルシェの考え方を尊重したいところ。※ランボルギーニの場合は、アヴェンタドール、ウラカンともにそもそもドリンクホルダーが装備されず、オプション扱い

L1050189

ペダルがゴム

イマドキのスポーツカーにしては「ペダルがゴム」。
そしてこれをアルミ製に変更しようと考えると7万円くらいの出費を余儀なくされるのもちょっと困ったところ。

とにかくポルシェは標準装備が質素であり、ちょっと手を加えようと考えると「とんでもなくお金がかかる」クルマであるということがわかります。

L1050203

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



-●ポルシェ718ケイマン(982), ■ニュース
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.