>フェラーリ(Ferrari)

フェラーリのニューモデル「F8 Tributo」発表!488ピスタの心臓、308/F40へのオマージュ的デザインを持つ488GTB後継モデル

投稿日:

488GTB比で+50馬力、重量はマイナス40kg

フェラーリが先日より予告していいたニューモデルをついに発表。
これは「F8トリビュート(F8 Tributo)」と命名され、488GTBの後継という位置づけとなります。※イタリア語風だと”トリブート”?

なおエンジンは3.9リッターV8ツインターボ、そして「ハイブリッドなし」。
フェラーリはしばらく前に「2019年以降に発表するモデルはすべてハイブリッド」と明言しており、つまり「488ピスタ/ポルトフィーノが最後の純粋なガソリンエンジン搭載モデル」と目されていましたが、現時点でまだハイブリッド化は行わない、ということになりますね。

画像に含まれている可能性があるもの:車

フェラーリF8トリビュートの性能は488ピスタと肩を並べる

そしてこのF8トリビュートのエンジンは488ピスタ同様に720馬力(488GTB比+50馬力)を発生し、限定ではない「通常ラインアップ」に採用されるV8としては過去最高の出力を持つことに。

画像に含まれている可能性があるもの:車

これによって0-100キロ加速は488GTBに比較してマイナス0.1秒の2.9秒(488ピスタは2.85秒)、0-200キロ加速は488GTB比-0.5秒の7.8秒、最高速度は488GTB比で+10キロの時速340キロへ(488ピスタと同じ)。

つまりは488ピスタとほぼ変わらないパフォーマンスを持つのがこのF8トリビュートということになりますね。

画像に含まれている可能性があるもの:車

なお、フェラーリF8トリビュートの重量は488GTB比で-40キロとなる1330キロですが、これはさすがに488ピスタの「1280kg」には及ばず、このあたりが0-100キロ加速において「488ピスタに0.05秒及ばない」理由なのかもしれません。

フェラーリF8トリビュートのデザインは過去のモデルを意識

なお、フェラーリは以前に発表した中期計画において、今後のデザインにおいては「過去のアイコン的モデルの要素を取り入れる」と述べていますが、今回のF8トリビュートについては「308」そしてリアのルーバーについて「F40」をイメージ。

画像に含まれている可能性があるもの:車

こちらがフェラーリ308GTB(フェラーリによる紹介はこちら)。

画像に含まれている可能性があるもの:車

そちてこちらがF40(フェラーリによる紹介はこちら)。
F40の祖先もフェラーリによると「308」とのことで、たしかにサイドを走るブラックのラインという共通点がありますね。

画像に含まれている可能性があるもの:車

そしてこちらが「F8 Tributo」。
「F8」の名称の由来は不明ですが、308そしてF40ともに「V8」エンジンを搭載していて、つまりは「フェラーリのV8エンジン搭載モデルへのトリビュート」=「F8」なのかもしれませんね。

画像に含まれている可能性があるもの:車

ちょっと不思議なのは「458イタリア」「488GTB」のイメージをあまりにも色濃く残していること。
ルーフやドアミラーはたぶん「同じ」なんじゃないかと思えるほどですが、モデルチェンジというよりは「フェイスリフト」に近い印象ですね。

近代のフェラーリV8モデルにおいては、登場してから5年後に改良が入り、そのまた5年後にフルモデルチェンジという流れが多く、よって2009年に458イタリアが登場し、2015年に488GTBが登場しているので、2020年に発売となるであろうF8 Tributoについては「全面的に刷新」されるであろうというのが予想であったわけですね。

しかしながら今回は比較的変更内容が小幅に収まっており、これはもしかすると「さらに5年後に、ハイブリッドシステムを持つ新生代ミドシップフェラーリが登場」する計画を持つため、今回のモデルチェンジは「マイナー」な範囲に抑えたんじゃないかと考えることもできます。

インテリアもアップデート

インテリアについてはエアコン吹出口やステアリングホイールのデザインが変更されており、インフォテイメントシステムもアップデートされて7インチサイズのタッチスクリーンを有するようになった、と公表されています。

画像に含まれている可能性があるもの:車

ちなみにこちらは488スパイダーのインテリア。
これと比較するとたしかにエアコン吹出口が変更され、812スーパーファスト同様の形状に。
しかしながら、内装もやはり外装同様、その変更幅は大きくないようですね。

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->フェラーリ(Ferrari)
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.