>アウディ(Audi) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >その他ポルシェ関連/ニュース

次期アウディR8はこうなる?ただし実際にはR8の寿命が尽き、後継モデルはナシとの報道。アウディはどこへ向かうのか

| グループ内にて振り分けられた”プレミアムEV”に特化するしか道は残されていないのか | レンダリング・アーティスト、Rain Prisk氏が「もしアウディR8の新型が登場したら」というCGを公開。「もし」というのは、現在アウディはエレクトリックブランドにシフトしようとしており、その中でアウディR8を「現行モデル限りで販売終了」にするという話が出ているため。そして「次期アウディR8はない」という説が有力だとされています。 こちらもオススメ、関連投稿VWがゴルフGTI最強モデル「TCR」の詳細画像を公開。 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >テスラ(TESLA) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等

米調査会社が各メーカーのインフォテイメントシステム満足度ランキング公開。他調査ではいつも上位の日本勢が揃って下位、しかもレクサスはなんと最下位に

| 日本の会社はもともとインターフェースには強くない | 米国コンシューマーレポートが6万台の車両とそのオーナーとを対象に「どの車のインフォテイメントシステムが最も使い勝手がいいか」という調査を行い、その結果を公表。これによるとテスラのインフォテイメントシステムの満足度が86%という最も高い数字を示しており、平均値の「56%」を大きく上回ってレクサス(リモートタッチパッド)の「46%」を大きく引き離す結果に。 こちらもオススメ、関連投稿米国品質アンケートに異変。上位常連だったレクサスが下位に沈み韓国勢が1 ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

なんとパープル!今度はアフリカにて新型BMW M8コンペティションの画像がリーク。BMWは追加でティーザー動画も公開し、「発表間近」?

| ただしスペックは未だ謎。驚きの次元に達していそうだ | BMWは「新型M8コンペティション」を発表する直前といったところですが、展示発表会に向けて用意された車体の画像がまたしてもリークされることに。これまでにリークされたのは「ブルー」「レッド」も個体であったものの、なんと今回は「パープル」。リークされた地域はそれぞれ別ではあるものの、ひとつのニューモデルに対して(イメージカラーで統一せず)これだけ多くのボディカラーを用意するというのは珍しい例であるようにも思います。

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ブガッティ「そろそろ第二のモデルを手がける時期に来たようだ。それはフルエレクトリック、そして日常性を持ち、価格は1億円を超える」

| ブガッティは本当に”エレクトリック化”を目指したいのか? | かねてよりウワサされている「ブガッティの新モデル」。つまりはシロンに加えての「第二のラインナップ」ということになりますが、これについてはブガッティ内でも多くの議論がなされていることがかねてより報じられ、しかしやっとその方向性についてまとまったようですね。そして今回、ブガッティCEO、ステファン・ヴィンケルマン氏が語ったところでは「我々にも”第二のラインアップ”を登場させるべき時が来た。我々の歴史を鑑みるに、それは非常に速いクルマであり、しか ...

ReadMore

>ジャガー(Jaguar) ■近況について ■ニュース

シビれるジャガー!ブランド初のEV、「I-PACE」を見てきた。ジャガーの伝統と未来、そしてSUVの利便性とスポーツカーの走りを併せ持つ新しい乗り物だった

| 正直、これは期待以上だ | ジャガー初のフルエレクトリックモデル、「I-PACE(I-ペイス)」。さっそく展示試乗会へと行ってきましたが、まずはその内外装のインプレッションからお届けしたいと思います(のちに試乗編をアップ)。初見にて感じるのは「SUVよりもスポーツカーに近い」というもの。車高は意外に低く、フロントウインドウの傾斜が緩い(寝ている)ためにそう感じるのでしょうね。 こちらもオススメ、関連投稿ジャガー初のEV、「I-PACE」発表!ほかメーカーの「守り」に対して「攻め」の姿勢を貫く電気自動車 ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren) ■ニュース

【動画】これが「スーパーカー」と「ハイパーカー」との差だ!マクラーレン・セナと600LTとの加速競争を見てみよう

| 正直、ここまで差があるとは思わなかった | マクラーレン600LTは「(超限定モデルを覗くと)マクラーレン史上もっともスパルタン」とも言える市販車ですが、その600LTがセナと加速競争を行う動画が公開に。単純に1000メートルの加速を競うだけの動画ですが、その差は意外と大きく、「これがスーパーカーとハイパーカーとの差なのか・・・」と驚かされます。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】下克上ならず!マクラーレン600LTでもやはり720Sには加速性能で敵わなかった絶対に公称値より性能が遥かに上。マクラーレ ...

ReadMore

>シトロエン/DS(CITROEN/DS) >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE)

またまたルノーのケッタイなコンセプトカー「EZ-Tournee」が発表。とにかくフランスのコンセプトカーは未来派が多い?

オフィシャルではないものの、サードパーティーもメーカーと同じ傾向を持つようだ CGアーティスト、Artyom Trofimenko氏がルノーのコンセプトカー「EZ-Tournee」のレンダリングを発表。完全に「未来派」のクルマとなっており、スケルトン構造を持つキャビンが特徴です。なお乗員は2名という贅沢なレイアウトを持っていて、このクルマが贅沢なパーソナルカーであることもわかりますね。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を行える、日産GT-R向けの全面ディスプレイ採用「ス ...

ReadMore

>レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) ■近況について ■ニュース

新型レンジローバー・イヴォークを見てきた!とにかく内外装が自動車史上もっとも「ツルツル」、自動車というよりは芸術作品のようだ

| 新型レンジローバー・イヴォークは思っていたよりもずっとイケてた | さて、日本でも発売され、国内に導入されたばかりの新型レンジローバー・イヴォークをさっそくチェック。まだナンバーも付いていないという状態で、つまりディーラーに「入庫したて」の車両です。パっと見た第一印象は「超なめらか」。レンジローバーは「ヴェラール」以降フラッシュサーフェス化を進めていますが、イヴォークはさすがに最新モデルだけあって、さらに「なめらか化」が進んでいるように思います。 こちらもオススメ、関連投稿中国のパクリメーカーが「レン ...

ReadMore

>ウラカンのトラブル・メンテナンス・維持費 ■近況について ■ニュース

今日のランボルギーニ・ウラカン。フロントバンパーの飛び石キズを自家調合タッチアップで補修してみた

| なるべく飛び石を受けないように走っていたつもりだったが | さて、先日コーティングをメンテナンスしていただいた際に発見した飛び石キズ。その場所はフロントバンパー中央で、傷はさほど深くなく、その幅1.5ミリくらい。放っておいてもいいかというほどの微細なものですが、今回はあえてその傷を補修してみようと思います。補修に使用するのはタッチアップペイントで、上の画像は周囲にペイントがつかないよう、傷のまわりにマスキングテープを貼ったところ。 こちらもオススメ、関連投稿アウディTT純正タッチペン「ベガスイエロー」 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

【動画】ユーチューバー、フェラーリ本社のあるマラネロへ。街中はフェラーリだらけ、謎のF8トリブートも走行中

| F8トリブートは最後の排ガステスト中?もしかするとハードコアモデルも | 我らがユーチューバー、Shmee150氏が自身のフェラーリGTC4ルッソにてイタリアはマラネロへ。Shmee150氏は以前にもフェラーリFFに乗っていたことがあると記憶していますが、フェラーリに対してはスポーツ性よりも日常性を求めているように思われます(そのかわり、スポーツ性はマクラーレンに求めているようだ)。そしてマラネロといえばフェラーリ本社のある地ですが、そこで見かけた数々のフェラーリを紹介、というのが今回の内容となってい ...

ReadMore



>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

日産GT-R 2020年モデル発表!FUJITSUBO製チタンマフラー、細部のブラッシュアップにて各グレードとも40万円前後の価格アップ

投稿日:

内容を見ると、値上げの範囲は十分に納得できるどころか「お買い得」

日産がGT-Rの2020年モデルを発表。
同時に「GT-R NISMO 2020年モデル」「GT-R 50thアニバーサリー」を発表しており、50周年を迎えるにあたって大きな盛り上がりを見せています。※2020年のGT-R諸元表はこちら

なお、現行R35 GT-Rは2007年に登場していますが、12年目に突入した今でも、その輝きがまったく色あせていないと思います。

2020年モデルのGT-Rはこう変わった

簡単に2020年モデルのGT-Rについてスペックを記載しておくと、エンジンはこれまでと変わらずVR38DETT(3.8リッターV6ツインターボ)、出力も2017-2018年モデルと変わらず570馬力(登場初期は480馬力だったので、90馬力も出力が向上したことになる)。

トランスミッションも同じく6速デュアルクラッチ、駆動方式も伝統の4WDを採用しています。

画像に含まれている可能性があるもの:車

なお車体重量は1760キロ、全長は4710ミリ、全幅1895ミリ、全高1370ミリと「けっこう大きく、重い」クルマ。
それでも加速や運動性能は常に世界の第一級にあり、パッケージング等の不利を「テクノロジーによって、常識とともにひっくり返してしまった」日本らしいクルマだとも思います。

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)

以下、日産からのプレスリリース抜粋。

究極のドライビングプレジャーを追求し、常に深化を続ける「NISSAN GT-R」は、いつでも、どこでも、誰でも最高の喜びと経験を提供し、圧倒的な性能を誇るスーパースポーツカーです。今回発表した2020年モデルは、妥協することなく「速さの質」を追求し、加速やハンドリングにこれまでに培ってきたレーステクノロジーを惜しみなく投入することで、さらなる深化を遂げています。

匠により1台1台手組みする「NISSAN GT-R」の3.8リッターV6 24バルブツインターボエンジンは、高い性能を発揮します。2020年モデルでは、「NISSAN GT-R NISMO」に採用してきたレスポンス向上に貢献するターボ高効率化技術「アブレダブルシール」を採用しました。レース用ターボチャージャーに多く使用されているこの技術は、吸入した空気の漏れを最小限にすることで、ドライバーの加速意図に即座に応えるレスポンスを実現しています。

また、街乗りからサーキットまであらゆるシーンにおいて、より最適なギア段を選択し、コーナリング時にエンジンパフォーマンスをより堪能できる変速を実現するため、Rモード専用のアダプティブシフトコントロール(ASC)のシフトスケジュールをよりアグレッシブに設定しました。コーナー進入時のブレーキングでは、積極的に低いギア段を選択し、より鋭いコーナー進入と同時に、再加速時の駆動レスポンスを向上させ、より鋭いコーナー加速を実現します。ドライバーがより安心して意のままに操れるクルマとするため、新たなサスペンションセッティングを行い、速さはもちろん鋭い応答性と乗り心地の質の高さを実現しました。

さらに、ブレーキは従来よりも軽い踏力で制動力が立ち上がるよう、ブースター特性のチューニングにより初期の効き感を向上させ、短いストロークで効きが立ち上がるコントロール性の良いブレーキを実現しました。これによって、市街地からワインディングロードまで、確かなブレーキの効きを感じていただけます。

ボディカラーには、見る角度により表情を変える新色のワンガンブルー(4RPM)を設定しました。ワンガンブルーは、まるで一瞬で駆け抜ける閃光のような鮮やかなブルーが特長です。青色の透明ベースに光干渉顔料を追加することで、お客さまにはベイエリアでの日没の余韻を感じさせるミステリアスな色の変化を愉しんでいただけます。また、職人が一つ一つ手作りで加工した青く輝くチタン製のエキゾーストフィニッシャを採用し、よりスポーティな印象を与えるこのマフラーと、新デザインのホイールが2020年モデルの存在感をより際立たせています

2020年モデルの日産GT-Rの仕様やボディカラーはこうなっている

下は2020年モデルのGT-Rのグレードと価格一覧。
カッコ内は昨年モデルの価格ですが、40万円前後の値上げとなっていることがわかりますね。

GT-R Pure Edition10,631,520円(10,231,000円)
GT-R Black Edition12,539,880円 (12,139,000円)
GT-R Premium edition12,105,720円 (11,705,000円)

そしてこちらはボディカラー。

こちらは新色のワンガンブルー。
R34世代のGT-Rを思わせるカラーですが、4コート2ベイクによって「深い色味」を再現しています。

画像に含まれている可能性があるもの:車

ブリリアントホワイトパール。

画像に含まれている可能性があるもの:車

アルティメイトシャイニーオレンジ。

画像に含まれている可能性があるもの:車

バイブラントレッド。

画像に含まれている可能性があるもの:車

アルティメイトメタルシルバー。

画像に含まれている可能性があるもの:車

ダークメタルグレー。

画像に含まれている可能性があるもの:車

メテオフレークブラックパール。

画像に含まれている可能性があるもの:車

ホイールは画像下、左のホイールがGT-R各グレード(Pure/Black/Premium)共通の標準装備。
真ん中のホイールはGT-Rトラックエディション専用となり、右の”ハイパーチタンカラーコート”ホイールはディーラーオプションとしての設定です(いずれもレイズ製、鍛造)。

写真の説明はありません。

そしてマフラーは「FUJITSUBO」製。
素材はチタン、そして職人が焼き色をひとつひとつつけている、とのこと。
バルブも内蔵しているようですね。

写真の説明はありません。

全体的には小変更にとどまると思われますが、細部に磨きをかけ、かつチタンマフラーを採用したことを考えると「40万円前後の値上げ」は十分に許容できるもの。
これまでまたGT-Rの魅力が向上した、と言えそうですね。

VIA:NISSAN

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、基本的に考えることは同じだと思います。 ただ、経験則上からぼく ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。 6000万円くらいを記録していた時期もありますがそれが4500万円くらい(新車価格と同じくらい)になり、 ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。 たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が5 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。 その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが ...

->日産/インフィニティ(Infinity), ■ニュース
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.