>マクラーレン(McLaren) >その他イギリス車 ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

マクラーレンF1設計者の送り出すF1後継”T.50”。3.9L/V12搭載にて700馬力、重量980kg。「いかなるスーパーカーであっても手が届かない」領域に

投稿日:2019/06/06 更新日:

| 発売は2022年、限定100台、価格は2億8000万円 |

昨年に発表された、「マクラーレンF1」後継モデルの発売計画。

これはマクラーレンが公表したものではなく、マクラーレンF1の設計者(デザイナー)であるゴードン・マレー氏が明らかにしたもの。

マクラーレンF1は1993-1998年の間に生産されたスーパーカーで、放熱性を考慮してエンジンフード内張りには「純金」を張り、車載工具には軽量な「チタン製」、そしてロールセンター適正化のために「センターシート」を採用するなど、コストや実用性を抜きにした設計を持っています。

マクラーレンF1は現代の基準に照らし合わせても第一級の性能を誇る

その後マクラーレンF1は非公式では391km/h、公式だと386.7km/hという世界最速記録を樹立しますが、これはその後長らく破られることはなく、いかにマクラーレンF1が優れていたかがわかります。

もちろんマクラーレン自身もこの「F1」を重要資産として位置づけており、ル・マンに出場した「マクラーレンF1 GTRロングテール」を意識した”LT=ロングテール”シリーズも展開中。

そしてマクラーレンF1の時価は近代の自動車としては他に例を見ない「20億円」に迫る勢いとなっており、もはや「神格化」されているといっても過言ではありません。

誰もマクラーレンF1のようなクルマをつくれない

そしてマクラーレンF1の登場から現在まで、「こだわり」「パッケージング」においてこれを超えるクルマが存在しないのもまた事実。

そこでF1の設計者であるゴードン・マレー氏自身が「ほかが出来ないのであれば自分で作る」と名乗りを上げたのが今回のプロジェクトですが、このクルマの発売予定は2022年、そしてコードネームは「T.50」。

設計や製造はゴードン・マレー・オートモーティブにて行われ、ゴードン・マレー氏いわく「ピュアで、軽量で、史上もっともドライバーオリエンテッドなクルマ」。

Gordon-Murray-T-50-1

エンジンはコスワース製V12

搭載されるエンジンは3.9リッターV12だと公表されており、これはコスワースによって製造されるもの。
出力は650HP、許容回転数は12,100rpmだとされていますが、実際にはルーフ上のエアスクープ経由でのラムエア効果によって700馬力近くを発生することになる、とも述べています。

なお、アストンマーティンのハイパーカー「ヴァルキリー」もコスワース製のV12エンジンを採用していますが、こちらは6.5リッター1,013馬力、レブリミットは11,100回転なので、T.50のほうが同じV12ながらも排気量が小さく、より高回転型ということになりますね。

そして使用されるトランスミッションはXtrac製の軽量6速マニュアル、駆動輪は後輪のみ。
ブレーキもまた軽量使用のモノブロック(アルミ製)、そしてディスクはカーボンセラミックを採用予定。

車体そのものにはカーボンモノコックを採用し、ボディパネルはカーボン製。
車体重量はトータルで980キロ程度に収まるとのことですが、これはアルピーヌA110やアルファロメオ4Cよりも軽い数字。※コストの制約がないと思われ、iSreamは使用しない模様

そしてそれらよりも軽い車体に「700馬力のV12エンジンが載っている」と考えると、ちょっと楽しくなってきます。

T.50にはターゲットが存在しない

ゴードン・マレー氏語るには、「”F1”のように、T.50にはラップタイム、加速、最高速の目標となる数値は存在しない。それらがなくとも、T.50が速いことは明白だ。T.50は軽く、小さい。これらによって、どのスーパーカーも手が届かないパフォーマンスとドライビングダイナミクスを実現する」。

つまり、自身の理想を実現すれば「速さは自ずといついてくる」ということだとも考えられ、このあたり「さすがはゴードン・マレー」。

そのほか、T.50ではF1同様の3シーター(センターシート・レイアウト)を採用し、前後重量配分はもちろん50:50。
さらにはGTカーとしての使用にも耐えうるラゲッジスペースを持つ、としています。

T.50には「ファン」が装備される可能性も

面白いのはブラバムBT46B(F1マシン)に採用された、「ファン」を装備する可能性があること。

2001_goodwood_festival_of_speed_brabham_bt46b_fan_car

これは車体下部のエアを吸出し排出することでダウンフォースを増強させるもので、その効果は1978年のスウェーデンGPでも実証済み(デビューウィンを飾り、その威力からほかチームの抗議にあって即刻廃止になったほど)。

もちろんこの「ファン」はゴードン・マレー氏の考案によるものですが、ゴードン・マレー氏の凄さはこういった「着眼点」そして「パッケージング」にあると認識していて、これらは技術でカバーできるものではない(だからこそ、だれもマクラーレンF1のようなクルマをつくれない)とも考えています。

ちなみにこのブラバムBT46B(1978)、1976のティレル6輪”P34”の2車については、ぼくにとって「F1史上もっとも心に残る」マシンたち。

ティレル6輪については「前衛投影面積を増やさずに前輪の接地面積を増やす」という課題に対する抜本的な解決策。
ただこういった発想はなかなか出るものではなく、そして現代のF1では「発想が出ようとも、がんじがらめのレギュレーションによって実現できない」のも残念ではありますね。

ちなみに、 フェラーリ599XXは車体後部に二基のファンを持ちテールから排出する「アクティフロー」 なるデバイスを持ち、アリエルも「Aero-Pコンセプト」にて同様のファンを装備。
Aero-Pコンセプトの場合は「ウイングに比べて3倍のダウンフォースを獲得できる」とも発表しています。

ariel-atom-aero-p

トンデモメカ登場。アリエル・アトムがファンで車体下の空気を吸い出す「ファンカー」を出す模様

なお、このT.50については、生産が100台に限定され、その価格は2億8000万円程度になる見込み。

マクラーレンF1は「とんでもなく維持費のかかる」クルマでしたが、T.50ではどうなんでしょうね。

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->マクラーレン(McLaren), >その他イギリス車, ■その他自動車関連ニュース・ネタなど
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.