>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等

1台売って900万円の利益?ランボルギーニは大きく成長し、会社の評価額は今や2015年のフェラーリと同じ。上場すれば1兆2000億円の株式総額となり、上場検討中と報じられる

投稿日:2019/08/25 更新日:

| ちょっと前までアウディから「売り飛ばすぞ」と言われていたのがウソのようだ |

ランボルギーニはウルス発売以降、その販売台数を異常なまでに伸ばしていますが、ブルームバーグによると、そのおかげで企業の評価額が1兆2000億円相当にまで上昇した、とのこと。

加えて今後ハイブリッドカー等の新型車が追加されれば、その利益率は30%程度まで改善され、フェラーリに並ぶ超高収益体制になる、とも指摘されています。

ちなみにランボルギーニはちょっと前まで、フォルクスワーゲングループにとって「売却対象」のブランドであったと言われますが、今では「株式公開筆頭ブランド」。

ランボルギーニ・ウルスの爆発力はどれほど凄いのか?

そして気になるのがランボルギーニ・ウルスがどれほどランボルギーニに貢献したのかということですが、下のグラフがわかりやすいかも。
これは年ごとの販売台数を、各モデルごとの「上積み」であらわしたもので、右端が2019年。

ただ、2019年は「前半」つまり6月までしかこのグラフに反映されておらず、つまり最終的に2019年通年では単純計算で「この倍」まで伸びる、ということになりますね。

そして水色がウルスなので、2018年の成長はウルスによってもたらされ、2019年の販売の60%がウルス、ということもわかります。

l12

なお、株式公開(IPO)についてどれくらいまで話が進んでいるのかはわかりませんが、フォルクスワーゲンにとってはおそらく「何としても上場させたい」のだと思われます。

というのも、フォルクスワーゲンはディーゼル不正事件に絡んで相当額の損失を計上しており、このぶんをなんとしても補填したいわけですね(ランボルギーニやドゥカティ売却が報じられたのもこの理由)。

ですが、株式を上場させれば「それだけで」巨額の利益が得られることになり、一気に財務状態が改善することになります。

なぜ株式を上場させると儲かる?

これは以前に「フィアット(FCA)がフェラーリを上場させた」ときと同じ状況で、FCAは2015年のフェラーリの上場によって巨額の資金を得ており、これで「借金がチャラに」なったと言われるほど。※フェラーリ上場時の時価総額は1兆3000億円

そこでなぜ株式上場が儲かるのか?ということですが、簡単に説明してみましょう。
たとえば、株式の額面50円で、資本金が1000万円だとすると、発行済株式は1000万円割る50円で「200,000株」。

この20万株を誰がどう持つのかは会社によって異なりますが、たとえば社長が10万株持っていたとしますよね。
そして、上場したときに株価が1000円になると、1000円×10万株で1億円が入ってくる、という計算になります。
なお、この場合、資本金のうち半分(10万株分)を社長が出資したということになるので、500万円の出資で1億円が入ったということですね。

ランボルギーニの場合は一株あたりの金額がどれほどがわからないものの、その株式はアウディが保有しているので、ランボルギーニが上場した場合の1兆2000億円はアウディの手に入る、ということになります(上場時には、銀行や証券会社、役員などにも株が分配されるので、すべてアウディに入るわけではない)。

そんなわけで多くの会社や経営者が「上場を夢見る」ことになりますが、自動車メーカーの場合はフェラーリが一つのきっかけになり、その後はアストンマーティンが上場、そしてマクラーレンも上場を示唆し、今回はランボルギーニ。

それにしてもランボルギーニの評価額が上場時のフェラーリに並んだというのは驚きではありますが、利益率もそれに並ぶ、というのはちょっと驚き。
なお、ランボルギーニは現在株式非公開なので営業利益率はわかりませんが(売上高は公開されているが、利益は公開されていない。平均販売単価は3070万円)、おおよそ計算できる範囲で2018年における自動車メーカー各社の利益率を計算してみると下記の通り。

なお、公開されている範囲でわかる「1台あたりの平均販売単価」3070万円に、ブルームバーグの言う「将来的な利益率30%」をかけると、ランボルギーニ1台あたりの利益は900万円ということになる

・フェラーリ・・・1060万円(販売平均単価は4600万円)
・アストンマーティン・・・246万円
・ポルシェ・・・208万円
・メルセデス・ベンツ・・・55万円
・トヨタ・・・21万円
・フォルクスワーゲン・・・6万円


こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.