>ポルシェ911関連 >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

【動画】画面越しにでも恐怖を感じるほどの速さ!ポルシェ911GT3 RS、メルセデスAMG GT Rがニュルでバトル。他の車が止まって見える別次元の速さを見せる

| さすがにニュルブルクリンクの上位ランカーは走りが違う | メルセデスAMG GT Rとポルシェ911GT3 RSとがニュルブルクリンクにてバトルを繰り広げる動画が公開に。これはポルシェ911GT3 RSのドライバーが自車に装着したオンボードカメラの映像をYoutube上にアップしたもの。なお、この動画を見るとメルセデスAMG GT R、ポルシェ911GT3 Rの「異常な速さ」が際立ちますが、動画越しにでもその速さが伝わる例はなかなかない、と思います。

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■服や小物、時計、雑貨など

フェラーリ×ウブロのコラボ腕時計新作、「フェラーリGT」発売。モンツァSP1/SP2のデザインチームによる、美しく優雅な新シリーズ

| フェラーリはそのクルマだけではなく、腕時計にも過去の優雅さを求めるように | ウブロは2011年以降、フェラーリとのパートナシップを締結しており、毎年精力的に(フェラーリとのコラボレーションによる)新作を発表しています。今年もまた新しい「フェラーリモデル」が登場していますが、今までにはない「異変」も。その異変とは、フェラーリ本体のデザインチームが開発に関わったモデルが発売されたこと。

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

新型BMW 1シリーズ発表!M135iは302馬力、0-100キロ加速はポルシェ718ケイマン並み。FFベースとなるもそのパフォーマンス、利便性は大きく向上

| もちろんデザインも大幅に変更され、内外装ともBMW”最新”のデザイン言語が採用 | BMWが待望の新型1シリーズを発表。BMW 1シリーズは2004年登場のE87から数え、今回の新型にて3世代目に突入しています。そして今回のモデルチェンジにてもっとも大きな変化は、駆動方式がこれまでの「FRベース」から「FFベース」へとスイッチしたこと。この理由については色々とあるようですが、「コストの削減」が主な理由だと言われます。ただ、ぼくとしては「駆動システムの進化(2WDであっても)によって、駆動輪が前後どちら ...

ReadMore

●ポルシェ718ケイマン(982) ■近況について ■ニュース

今日のポルシェ718ケイマン。リコール(ボディ強度不足)の案内が届き、7−8月に対応してもらうことに

| この不具合は事故を起こした場合のみに影響 | さて、ぼくのポルシェ718ケイマンがリコール対象に。これは先日国土交通省へとポルシェジャパンが届け出たもので、「ボディ強度不足」。その内容としては「車体製作時の溶接行程において、公差の設定が不適切なため、車体前部の強度が担保できていないものがあります。そのため、前面衝突時に衝撃が吸収できず、燃料が漏れるおそれがあります。」というものです。 ポルシェ718ケイマン/ボクスター(ボディ強度不足)、マクラーレン650/675/540/570にリコール。マクラーレ ...

ReadMore

>マツダ(MAZDA) ■近況について ■ニュース

新型「マツダ3」を見てきた!内外装は一気にプレミアム感が増して「ちょっとした高級車」。デザイン面でも現在「世界の最先端」を走っている

| マツダのデザインにかける意気込みは凄まじい | さて、マツダ3ファストバックを見にマツダ・ブランドスペース大阪へ。ディーラーにクルマを見に行っても良かったのですが、発売されたばかりのニューモデルということで来場者も多く、ゆっくりクルマを見るのが難しそうだということもあってブランドスペース大阪を選ぶことに。加えてブランドスペースのスタッフは異常にマツダのクルマに詳しく、ちょっと話を聞いてみよう、と考えたこともブランドスペース大阪を選んだ理由のひとつです。

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

さよならメルセデスAMG SL63。SL65に続いて今月で生産が終了し、AMGモデルのSLが消滅することに

| 残るSLは「SL400」と「SL500」の2モデル。環境規制によって多くのスポーツカーが死の淵に | Mercedes-AMG SL, R 231, 2015 メルセデス・ベンツは次々そのV12モデルを生産終了とし、すでにV12エンジン搭載のSL65の生産を終わらせていますが、なんと今月でV8エンジンを積む「メルセデスAMG SL63」もその生産が打ち切られることに。これは正式にメルセデス・ベンツが認めているため、どうやら「間違いない」ということになりそうです。なお、生産終了の理由は「売れない」という ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

【動画】ホンダNSXとはいったい何だったのか?メルセデスAMG E63、BMW M5との勝負にどうしようもなく負けてしまう

| やはりホンダNSXは「軽さ」を追求すべきであった | トップギアがホンダNSX、BMW M5コンペティション、メルセデスAMG E63 Sとをゼロヨンにて競争させた動画を公開。一瞬「え?なんでこの組み合わせ?」と思うものの、スペックを見ると納得で、というのもこの3台は馬力や重量、公称加速タイムが近く、駆動方式も「4WD」。でもスーパースポーツたるNSXのほうが圧倒的に有利なんじゃないの?と考えてしまいますが、実際はそうではなかったという動画を見てみましょう。

ReadMore

>アウディ(Audi) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >その他ポルシェ関連/ニュース

次期アウディR8はこうなる?ただし実際にはR8の寿命が尽き、後継モデルはナシとの報道。アウディはどこへ向かうのか

| グループ内にて振り分けられた”プレミアムEV”に特化するしか道は残されていないのか | レンダリング・アーティスト、Rain Prisk氏が「もしアウディR8の新型が登場したら」というCGを公開。「もし」というのは、現在アウディはエレクトリックブランドにシフトしようとしており、その中でアウディR8を「現行モデル限りで販売終了」にするという話が出ているため。そして「次期アウディR8はない」という説が有力だとされています。

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >テスラ(TESLA) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等

米調査会社が各メーカーのインフォテイメントシステム満足度ランキング公開。他調査ではいつも上位の日本勢が揃って下位、しかもレクサスはなんと最下位に

| 日本の会社はもともとインターフェースには強くない | 米国コンシューマーレポートが6万台の車両とそのオーナーとを対象に「どの車のインフォテイメントシステムが最も使い勝手がいいか」という調査を行い、その結果を公表。これによるとテスラのインフォテイメントシステムの満足度が86%という最も高い数字を示しており、平均値の「56%」を大きく上回ってレクサス(リモートタッチパッド)の「46%」を大きく引き離す結果に。

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

なんとパープル!今度はアフリカにて新型BMW M8コンペティションの画像がリーク。BMWは追加でティーザー動画も公開し、「発表間近」?

| ただしスペックは未だ謎。驚きの次元に達していそうだ | BMWは「新型M8コンペティション」を発表する直前といったところですが、展示発表会に向けて用意された車体の画像がまたしてもリークされることに。これまでにリークされたのは「ブルー」「レッド」も個体であったものの、なんと今回は「パープル」。リークされた地域はそれぞれ別ではあるものの、ひとつのニューモデルに対して(イメージカラーで統一せず)これだけ多くのボディカラーを用意するというのは珍しい例であるようにも思います。

ReadMore

SV

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 ■ニュース

【動画】あのロシア美女がアヴェンタドールに乗り換えた!スワロフスキーをボディいっぱい、200万個を貼り付けてロンドンに降臨

所有するクルマはすべてスワロフスキー加工、かかったのは700時間 ロンドンにて、ロシアの起業家であるダリア・ラディオノヴァさん所有、かつカスタムされたランボルギーニ・アヴェンタドールSVが降臨。そして ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

ランボルギーニが1972年製の「ミウラSV」をフルレストア。47年の時を経て新車状態に戻され、FIA会長へと納車

ボディカラーはロッソ・コルサ、アクセントはゴールド ランボルギーニは自社のレストア部門として「ポロストリコ」を運営していますが、今回はそのポロストリコにてレストアを完了したミウラSVをパリで開催された ...

>レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)

レンジローバー・ヴェラールSVオートバイオグラフフィー・ダイナミック・エディション登場。その加速はポルシェ・ケイマンS以上の俊足SUV

ハンドリングの向上に費やしたのは63,900時間 レンジローバーが「ヴェラール」のラインアップへ、最強モデルとして「SVオートバイオグラフフィー・ダイナミック・エディション」を追加。これは現時点では最 ...

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

ウイングレスのリバティーウォーク製エアロ装着アヴェンタドール、ウイングレスのムルシエラゴLP670-4SVが目撃される

| ウイングレスのリバティーウォークもなかなかいいぞ | アメリカはアトランタにて、リバティーウォークのフルエアロを装着したランボルギーニ・アヴェンタドールが目撃に。 鮮やかなイエローのボディにブラッ ...

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

ゴールドのボディにゴールドのホイール。アヴェンタドール以外にこれが似合う車は見当たらない

| ゴールドが似合うクルマはそうそうない | カナダのエキゾチックカーディーラー、エンパイア・オートがゴールドのアヴェンタドールSVロードスターを公開。 ボディカラーはマットゴールド(ラッピングではな ...

>アウディ(Audi) >ランボルギーニのコンセプトカー等 >フェラーリ(Ferrari) >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

未来のランボルギーニV12はこうなる?デザイナーがアヴェンタドールの進化版を予測

| 技術の進歩で自動車デザインはどんどん変化する? | CGデザイナー、Fabio Puddu氏の発表したレンダリング、「Lamborghini Aventador Terzo Millennio」。 ...

>フェラーリ(Ferrari) ■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

【動画】フェラーリ488ピスタがニュルを激走。合法とは思えない爆音、そしてドリフトも

| あまりの爆音に驚き。これは合法? | フェラーリ488PISTA(ピスタ)がニュルブルクリンクを走行する動画が公開に。 すでに実車が公開されているニューモデルではありますが、まだカモフラージュ用の ...

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

ランボルギーニ・ディアブロSE30をイメージしたアヴェンタドールSVがモントリオールで販売中

| イメージはあの「ディアブロSE30」 | ランボルギーニ・モントリオールにて、非常に珍しい「パープル」のランボルギーニ・アヴェンタドールSVが販売中。 近年のランボルギーニというとレッドやイエロー ...

>レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)

レンジローバーが「SVクーペ」発表。史上もっとも高級なレンジローバー、価格は3700万円

| レンジローバー史上、もっともエクスクルーシブ | レンジローバーが先日よりティーザーキャンペーンを行っていた、「レンジローバーSVクーペ」を発表。 これはレンジローバーの3ドアクーペモデルで、製造 ...

>ランボルギーニ・ウルス関連

ランボルギーニ・ウルスの「もしも系」レンダリングが一気に。「ペルフォルマンテ」「SV」「パトカー」「トラック」

各アーティストが我先にとレンダリングを公開 新型車が発表されるといつも続々と公開される「もしも」系レンダリング。 今回もランボルギーニ・ウルスが格好の標的となっていますが、まずは「ウルス・ペルフォルマ ...

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連 >ロールスロイス(Rolls-Royce)

ランボルギーニ・ウラカン/アヴェンタドール向けの新オプションが登場した模様。「SVロゴ」ほか

★今までになかったような、機能や性能に関連しない「見た目が向上」するオプションも登場★ コーンズさんのブログにて、ランボルギーニ・アヴェンタドール向けのオプション、「SVロゴエンブレム」が発売された、 ...

>レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)

レンジローバー2018年モデルが公開。ハイブリッドが登場し内外装がリフレッシュ

細部をリフレッシュしコネクティビティと後部座席の快適性を強化 ランドローバーが「レンジローバー」のフェイスリフト版を公開。 先にフェイスリフトを発表した「レンジローバースポーツ」に比較すると、外観上の ...

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

ノヴィテックがランボルギーニ・アヴェンタドールSVをチューン。ブラック&グレーの渋い色合い

ノヴィテックがランボルギーニ・アヴェンタドールSVロードスターをチューニングし、画像を公開。 ボディカラーは珍しいグレーとなりますが、ノヴィテックはフェラーリF12のコンプリートカーでも「グレー」を選 ...

>ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

ランボルギーニ・ムルシエラゴLP670-4 SVの中古が5000万円で登場。相場はやや下落

イギリスにて程度良好のランボルギーニ・ムルシエラゴSVが中古にて販売中。 正式名称は「ランボルギーニ・ムルシエラゴLP670-4スーパーヴェローチェ」で、ムルシエラゴの生産が終了する1年前の2009年 ...

>ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

今度はランボルギーニ・ミウラSV。1万票獲得でレゴから商品化

今度はランボルギーニ・ミウラSVがレゴ・アイデアに登場。 例によって1万票集まれば製品化されるというものですが、このミウラSVは1243個ものパーツで構成され、前後フードは開閉可能。

>ランボルギーニの限定車関連 >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

ユーチューバーの友人がアヴェンタドール2台(しかも限定)を一気に購入→納車。その様子を動画にて

英国のYoutuber、Shmee150氏が、友人の購入したランボルギーニ・アヴェンタドール・ミウラ・オマージュを紹介。 なおこの友人はアヴェンタドール・ミウラ・オマージュのみではなくアヴェンタドール ...

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

【まとめ】ランボルギーニ、ロールス、ベントレーほか。ゴールド外装の車たち

やはり中東ナンバー。ゴールドのアヴェンタドールとロールスロイスが目撃される 先日、ゴールドにラッピングされたメルセデスAMG G63とロールスロイスをこちらに紹介しましたが、今回はクロームゴールドのア ...

>ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

ランボルギーニがミウラSVをレストア。45年前のジュネーブで展示された個体

ランボルギーニがそのレストア部門「PoloStorico」にてレストアされたミウラを公開。 これは1971年モデルのSVで、45年前のジュネーブ・モーターショーで公開されたもの。

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.