>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWがM3史上最強の「M3 CS」発表。454馬力、50キロの軽量化、そして1200台限定

投稿日:2017/11/08 更新日:

標準モデル比+29馬力、重量-50キロ。0-100キロ加速は3.7秒

BMWが「M3 CS」を公式発表。
エンジンは454馬力を発生する3リッター・ツインパワーターボを搭載し、これによって0-100キロ加速は3.7秒、最高速度は時速280キロに。
重量についてはスタンダードモデルのM3に比べると50キロのダイエットに成功。
これは主にフードやその他に使用されるカーボン製パーツが貢献しているとのことですが、「重心とロールセンターを最適化できる」ように車体の端や上部にあるパーツを優先的に軽量化している、とのこと。

軽量化の度合いはM4 CSよりも大きい

出力はM4 CSと同様ではあるものの、M4 CSの軽量化は32キロにとどまっており、つまりM3 CSのほうが「標準モデルに対する戦闘力が高くなっている」とも考えられます。

BMW-M3-CS-2

機能面ではアダプティブMサスペンション、アクティブMディファレンシャル、デュアル・ブランチ・スポーツエキゾースト、カーボンセラミックディスクブレーキの装備がトピック。
このあたりはM4 CSと同じですね。

BMW-M3-CS-4

外観だとリアスポイラー、リディフューザー(M4GTSと同じ)、フロント19/リヤ20インチホイール(タイヤはミシュラン・パイロット・スーパースポーツ)、フロントスプリッター(M3 CSとは形状が異る)、フロントフード、ダークカラー仕上げテールランプがM3との識別点となっています。

BMW-M3-CS-5

生産台数は1200台に限定され、そのうち550台がアメリカ市場向けに販売されることが発表済み(日本での発売、価格、台数は不明)。

BMW-M3-CS-14

エンジンルームにもカーボンパーツ多数。

BMW-M3-CS-10

インテリアも特別仕様。「CS」ロゴがその特別さをアピール

インテリアだと2トーンメリノレザー、ハーマンカードン製オーディオが特別に付与。
ドアシルプレートには「M3 CS」のロゴが。

BMW-M3-CS-15

ステアリングホイールはアルカンターラ巻き(けっこう太く見える)、そしてMカラーのステッチ入り。

BMW-M3-CS-17

ダッシュボードには「CS」のエンボス。

BMW-M3-CS-9

インテリアはアルカンターラを多用。
やはり「CS」の特別さを表現している部分でもあり、今後「CS」を一つのブランドに仕立ててゆこうという意図も感じられますね。

BMW-M3-CS-8

シートバックにはパンチング。
最近ではこういった「パンチングにてグラフィックを表現」する車が多く見られ、チューナーにおいても同様の傾向が見られます。

BMW-M3-CS-19

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5