ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

その他の国の自動車メーカー

ブラバムがその新型ロードカー「BT62」のティーザー画像とスペックを公開。巨大ウイング装備、720馬力

投稿日:2018/04/20 更新日:

| 価格は1億6000万円、70台限定 |

ブラバム・オートモーティブが発売するスーパーカー「ブラバムBT62/Brabham BT62」についてその情報が少しづつ公開に。
これまでもティーザー動画が公開されているものの情報は少なく、しかし今回はリアの様子、そしてスペックがちょっとだけ紹介されています。
今回Twitterで公開された画像を見ると巨大なリアウイングに特徴的なテールランプを確認することができ、これはけっこうデザイン性が高いのでは、と思わせるところ。

なお、ブラバムは伝説的F1ドライバーそしてF1コンストラクターとしても知られ、ジャック・ブラバム氏は「自分の作ったチームで、自分のマシンを自分でドライブして」チャンピオンを獲得したただ一人のF1ドライバー。

関連投稿
あの「トンデモF1マシン」で有名なブラバムが市販車発売?「ブラバム・オートモーティブ」設立へ
ブラバムがフォース・インディアを買収しF1参戦?加えてスーパーカーも発売との噂

ダウンフォースはAMGプロジェクト・ワン、マクラーレン・セナ以上

これまでもF1関係だと「フィッティパルディ」、レース関係では「ダラーラ」からもロードカーが発表されていますが、両方とも(当然ですが)パフォーマンス寄りとなっており、「スーパーカーとしてのスタイリング」は”ちょっと”であったのも事実。

↓こちらは「ダラーラ・ストラダーレ」

ですが今回のブラバムBT62のティーザー画像を見るにデザイン性も十分に考慮されているようで、ほかのF1ドライバー由来、そしてレーシングカーメーカーの発売するクルマとはちょっと異なる路線だと言えそう。



なお、この理由としては今回のブラバムBT62について、ジャック・ブラバム氏本人がこのプロジェクトを主導しているのではなく(2014年に死去)、その息子がビジネスとしてロードカー発売を進めてきたという背景があるからだろう、と考えています。
つまりは(レーシングカー製造という、本業で成り立つダラーラとは異なり)このロードカーをビジネスで成功させねばブラバム・オートモーティブは成り立たないわけで、となると「性能だけ」を追求するわけにはゆかない(偏ったクルマになり、テーゲットが狭くなる)ということに。

それはさておき、今回のブラバムBT62ですが、エンジンは5.4リッターV8、当然「自然吸気」。
出力は720馬力、重量は972キロなのでパワーウエイトレシオは1.35という驚異的な数値に。
ダウンフォースは1200キロにも達し、これはメルセデスAMGプロジェクト・ワンの700kg、マクラーレン・セナの800kgを上回る数字ですね(アストンマーティン・ヴァルキリーは1800kg)。ブレーキシステムはF1同様、価格は1億6000万円から、そして限定台数は70台とされています。

ブラバムはF1においても数々の画期的なデバイスを考案し実装してきましたが、おそらく今回のロードカー「BT62」ではそういった「トンデモメカ」はなさそうで、それはちょっと残念な部分ではありますね(レギュレーションや常識を無視したクルマが出てくると面白い)。

これまでのプロモーション動画はこんな感じ

これまでにもプロモーション動画が2編公開されていますが、その姿はほぼ見えず。
こちらはそのエンジン音だけを聴かせる動画となっています。

こちらはサーキットを走行するブラバムBT62。
ただし「速すぎて」何が何だか分からない、という動画。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

-その他の国の自動車メーカー
-, , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5