>アストンマーティン(Astonmartin) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アストンマーティンが「ヴァルハラ」を商標登録。「ヴァルキリー」に続き神話繋がりの名称を新型ミドシップに付与?

投稿日:2018/10/27 更新日:

| アストンマーティンはミドシップシリーズの名称を「神話」で構成? |

アストンマーティンが新たに商標「ヴァルハラ(Valhalla)」を10月に登録。
現時点ではこの「ヴァルハラ」が何に使用されるのかは不明ですが、先日アストンマーティンが新たに発売すると公表したハイパーカー「プロジェクト003」の名称、もしくはヴァルキリーの下に位置し、フェラーリ488やマクラーレン570S、ランボルギーニ・ウラカンのライバルとなる「ミドシップスポーツカー(プロジェクト名:AM9)」に使用されると思われます。

https://intensive911.com/?p=163988

アストンマーティンは「ミドシップ三兄弟」を構成する意向

なお、アストンマーティンの新型ハイパーカー「プロジェクト003」「AM9」ともに共通のデザイン言語を使用すると言われます。

プロジェクト003のパワーユニットはV6ターボ+ハイブリッド、とのウワサで、その価格は1億円程度となり、ポジション的にはラ・フェラーリ、ポルシェ918スパイダーあたりをイメージしている模様。

https://intensive911.com/?p=125029

AM9はその下に位置し、上述のようにフェラーリ488、マクラーレン570S、ランボルギーニ・ウラカンのライバルになると目され、当然ながら価格も「そのあたり」になるかと思われます。

そしてプロジェクト003、AM9ともにミドシップレイアウトを持つことになり、もちろんその頂点に立つのは「ヴァルキリー」。
アストンマーティンはもともとヴァルキリーをイメージリーダーとしてミドシップスポーツのラインアップを拡充する意向ですが、「ヴァルハラ」がその一味なのは間違いなさそう。

https://intensive911.com/?p=131358

というのも「ヴァルキリー(ワルキューレ)」は北欧神話に登場する半神の名称で、神話の中でヴァルキリーは死者の魂を「ヴァルハラ」へ運ぶ、とされています。
そしてヴァルハラは北欧神話の主神であるオーディンの宮殿ということになり、関連性が見られるため。

なおアストンマーティンは戦争に関するネーミング、「V」で始まるネーミングを好んで選ぶようで、サーキット専用の限定モデル「ヴァルカン」も戦闘機の名称から。
Vつながりだとヴァルキリー(Valkyrie)、ヴァンテージ(Vantage)、ヴィラージュ(Virage)というモデルもあり、最近は他に「ヴァレカイ(Varekai)」も商標登録した、と報じられていますね。

アストンマーティンが「Varekai(ヴァレカイ)」を商標登録。DBX?それともミドシップスポーツの名前??

なお「ヴァレカイ」はロマ語だと言われていますが、これは英語に直すと「Wherever(どこへでも)」の意味。
「どこへでも」は環境を選ばない走破性をイメージさせるため、これは新型SUV(DBXだと言われていたもの)の名称に用いられる、と言われています。

「ヴァルハラ」に話を戻すと、やはり神話つながりで「プロジェクト003」もしくは「AM9」の名称に用いられると思われますが、どちらかに使用されるとなると、残るもう片方の名称は?というのが気になるところ。

「つながり」を考えるとやはり北欧神話に由来したネーミングとなりそうですが、北欧神話で「V」を持つものだと、ほかにヴァーリ(Vali)、ヴァール(Var)、ヴィダール(Vidar)、といったところがあるようですね。

VIA:Autoguide

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->アストンマーティン(Astonmartin), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5