>アストンマーティン(Astonmartin) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

まだ発売されてなかった!アストンマーティンが99台限定「ヴァンキッシュ・ザガート・シューティングブレーク(ワゴン)」の画像を公開

投稿日:

| まだ発売されてなかったのか |

アストンマーティンが「アストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガート・シューティングブレーク」の画像を新たに公開。
おそらくはコンフィギュレーターで作成したものだと思われます。

アストンマーティンは2016年にまず「ヴァンキッシュ・ザガート」を発表。
これは文字通りヴァンキッシュをベースに、コーチビルダーであるザガートが内外装の架装を手がけたもので、その特別なデザインにふさわしく5.9リッターV12エンジンも576馬力から600馬力へとパワーアップされています。

限定台数は99台、その価格は8000万円ですが、もちろん一瞬で「完売」済み。
その後にオープンモデルの「ヴァンキッシュ・ザガート・ヴォランテ」を同じく99台限定、8600万円にて発売していますね。

【まとめ】99台限定、8000万円のアストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガート。その画像や情報など

「ヴァンキッシュ・ザガート」シリーズはアストンマーティンの利益増加に貢献

さらにアストンマーティンは「ヴァンキッシュ・ザガート・スピードスター」をラインアップに加え、こちらは28台のみの限定で価格はなんと「1億7000万円」。

そしてこれら「ヴァンキッシュ・ザガート」シリーズはアストンマーティンの利益を劇的に改善したとも報じられており、フェラーリやマクラーレンもそれは同様と見え、各ブランドとも「限定モデル」をこまめに設定しているのがスーパースポーツセグメントの現状でもあります。※同時に転売も多く発生しており、テンバイヤーの利益も増加している

アストンマーティンがヴァンキッシュ・ザガート「スピードスター」発表。なおワゴンボディも追加

その後に追加されたのが「ヴァンキッシュ・ザガート・シューティングブレーク」。
文字通りワゴンボディを持つヴァンキッシュですが、こちらは99台限定と言われており、価格は今のところ不明。

アストンマーティンが「ヴァンキッシュ・ザガート・シューティングブレーク」公開。ルーフはカーボン製

ただし公開された画像のとおり広大なグラスルーフを持つこと(ちゃんとザガートっぽくダブルバブルルーフになってる)、大量にカーボンファイバーを使用していることを考えると、やはり相当な価格(1億円は超えそう)に設定されるのかもしれません。

4725c75f-aston-martin-vanquish-zagato-shooting-brake-3

サイドから見るとこう。
「世界で最も美しいワゴン」と言っても過言ではないほどのデザインを持っているように思います。

79a58ed6-aston-martin-vanquish-zagato-shooting-brake-1

なお「アストンマーティンとワゴン」というと一見繋がりがないようにも見えますが、アストンマーティンは以前に「V8スポーツマン」なるスポーツワゴンをリリースしたことも。

おそらくはぼくらの考える「ワゴン」の用途とは異なり、貴族が自分の領土にて狩りをして、その獲物を積んだりといった用途を想定しているのかもしれません。

その意味では、今回の「ヴァンキッシュ・ザガート・シューティングブレーク」のラゲッジスペースには豪華なハンパーセット(ピクニックキット)やシャンパンボトルホルダー、グラスホルダーが装備されたりするのかもしれませんね。

アストンマーティン自らがワゴンにカスタムした「V8スポーツマン」が競売に。4200万円の予想落札価格

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->アストンマーティン(Astonmartin), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5