>ロールスロイス(Rolls-Royce) ■外国ネタ・旅行など

ロールスロイスが全力で中国に媚びる!中国の「ブタ年」にあわせて特別仕様のカリナンを投入し、まさかの「イヤー・オブ・ザ・ピッグ」エディションを限定発売

投稿日:

さすがにやりすぎ感が否めない

ロールスロイスが中国に媚びる姿勢を見せ、カリナン、ドーン、ゴースト、レイスにおいて「中国の新年を祝う」スペシャルモデルそしてサービスを導入。

今年は2月5日が旧暦での新年となり、そして中国で2019年は「ブタ年」。
日本の2019年は「猪年」ですが、これはちょっと説明を要する部分で、日本と中国では干支が同じではあるものの、日本の「猪」は中国では「ブタ」の意味。
よって、猪肉というとブタ肉を指しますが、ここは日本と中国との大きな違い。

なお、漢字で書くと両方とも「猪年」ではあるものの、その内容が異なるということですね。

よって中国や香港、台湾など中華圏では大変なブタフィーバーとなっていて、例えば香港国際空港はこの通り。

画像に含まれている可能性があるもの:花

とにかく街中にはブタだらけ。

写真の説明はありません。

宝石店もブタ。

写真の説明はありません。

とにかくブタ。

画像に含まれている可能性があるもの:3人、、スマイル

なお、中国では現地のブランドだけではなく、コーチもバーバリーもバレンシアガもクリスチャン・ルブタンもダンヒルもサンローランもフェンディも全力で中国に媚びており(これだけじゃない)、ディスプレイはそれらブランドのヘリテージやデザイン、キャラクターを無視して全部「ブタ」。

ロールスロイスも中国に日和った

とにかくブタが大好きなのが中国ということになりますが、今回ロールスロイスはそんな中国人のブタ好きに敬意を表し、マンダリン・オリエンタル・ホテル・グループにおいて、中国の旧正月に当たる期間中、中国をイメージしたカラーのカリナンが宿泊客の送迎に当たることに。

写真の説明はありません。

なお、これが利用できるのはボストン、マイアミ、ワシントンDCにあるマンダリン・オリエンタル・ホテルで、マイアミとワシントンDCのカリナンに使用されるボディカラーはマグマレッド、インテリアはタン。

画像に含まれている可能性があるもの:車

そしてボストンに配備される個体はスカラー・レッドにブラック/ムジェッロ・レッドのインテリアだそう。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外

ここまでやるか、ロールスロイス

そしてホテル以外にも「中国に媚びる」姿勢が見られ、ロールスロイス・ビバリーヒルズではドーン、ゴースト、レイスに「イヤー・オブ・ザ・ピッグ(Year of the Pig)」が設定し販売。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

これら3台はすべてトリプルカラーを使用した外装を持ち、「ダイヤモンドブラック」をベースにしてルーフはオーラム・ゴールド、コーチラインはムジェッロ・レッド。

写真の説明はありません。

そして中国っぽいマークがフロントフェンダーやヘッドレストにも入り、インテリアはブラックレザーにレッドのアクセント。

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)

そしてスカッフプレートには「イヤー・オブ・ザ・ピッグ」。

写真の説明はありません。

中国は確かにロールスロイスにとって大きな市場であり、しかし数年前には販売が一気に落ち込んで(半分になった)痛い目を見たばかり。

それでもこうやって全力で中国にアピールしているところを見るに、中国の販売が持ち直しているものだと考えられ、販売数量もほか市場を圧倒しているのかもしれませんね。

なお、ロールスロイスのデザイナーは最近中国の自動車メーカーに引き抜かれたばかりですが、中国側も「ロールスロイス大好き(だからこそ引き抜いた)」だと思われ、相思相愛な関係にあるのかもしれません。

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ロールスロイス(Rolls-Royce), ■外国ネタ・旅行など
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5