■新型車情報/スパイフォト/噂など >中国/香港/台湾の自動車メーカー >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

エレクトリック、自動運転、コピー、ニッチなど。上海モーターショーにはこんなクルマが出展されている

更新日:

中国の自動車市場は独自の方向性に向けて動き出しているようだ

現在中国では「上海モーターショー」が開幕していますが、そこでは他の国とは異なる様相が見られる模様。
中国はEVの製造、消費者にとってはEV登録時に優遇措置が受けられるということもあり、現在「EVバブル」。

よって多数のEVが上海モーターショーに登場しているようですが、ここで上海モーターショーに出展されるクルマを(EVに限らず)紹介してみたいと思います。

Aiways U7 Ionコンセプト

まずはアイウェイズ U7 イオン・コンセプト。
ピュアEVとなりますが、広い室内を持ち、かつ自己学習型のAIを搭載し、忙しい人々を「サポートする」機能が満載。
この「AI」についても、現在中国で重要視される要素の一つ。

ドアは「観音開き」で、これは「フラットフロア」が実現できるEVコンセプトに好んで採用される構造ではあるものの、実際の市販時には多くが「通常のドア」となる傾向があります(ポルシェ・タイカンも同様)

Landwind Xiaoyao

こちらは先日ランドローバーとの「コピー」訴訟で敗れたことで話題になったパクリメーカー、ランドウインドのニューモデル。
おそらく国内専用モデルのようですが、メルセデス・ベンツGLAにそっくりだと話題に。

画像に含まれている可能性があるもの:車

Geely Preface

ボルボとロータスの親会社、そしてそのCEOがメルセデス・ベンツの最大株主となったことで知られる吉利汽車。
その吉利汽車が発表した「ハイエンド・スポーティーセダン」がこのプリフェイス・コンセプト。

画像に含まれている可能性があるもの:車

ボルボ、ロータスの買収にて着実に力をつけ、かつその技術を取り入れることで品質も向上させているメーカーでもあり、このプリフェイス・コンセプトについてはボルボXC40とプラットフォームを共有している、とのこと。

写真の説明はありません。

Han Teng Red01

中国の自動車メーカー「ハンテン」が出展したコンセプトカー、”Red01”。
2リッターガソリンエンジンとハイブリッドシステムとを組み合わせたクルマで、コンセプトカーながら市販にかなり近い形状をと仕様を持つ、と言われます。

画像に含まれている可能性があるもの:車

全体的には「どこかで見たことがある」パーツを組み合わせているものの、雰囲気としては「オリジナル」っぽさを出しているようですね。

画像に含まれている可能性があるもの:車

Zedriv GT3

2ドア形状を持つスポーツEVコンプト。
ポルシェ911とケイマンとを合体させたギュッと縮めたようなデザインを持っていますね(日産フェアレディっぽさも感じられる)。

写真の説明はありません。

全長は4メートル、幅1.65メートル、前高1.28メートルとかなりコンパクトなクルマで、重量は1150キロ、出力は131馬力。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

Xpeng P7

こちらもEVメーカーとなるエクスパン・モータースが発表する「P7」。
”インテリジェント・エレクトリック・クーペ”と銘打たれ、前後にモーターを配置して0-100キロ加速を4秒でこなる俊足スポーツ。

画像に含まれている可能性があるもの:車

なお一回の充電あたり走行可能距離は600キロだとされ、レベル3の自動運転機能を持つ、とも。
中国では全般的に、自動運転に対して明るい未来を見出しているようです。

Buick Encole Encore GX / GL8 Avenir Concept

ビュイックはもともとアメリカのブランドではありますが、今や中国が主力という印象も(ブランド自体はGMが保有)。
そんなビュイックですが中国ではセダン、SUVともに人気があり、今回上海モーターショーで発表されたのは「アンコール」とそのロングホイールベース版「アンコールGX」、ミニバンの「アヴェニール」。

写真の説明はありません。

そして「アヴェニール・コンセプト」については、すでに発売済みのアヴェニールに対しいくつかの変更を加えたもので、市販モデルの先行公開という位置づけのようですね。

NIO ET Preview

そして「EP9」にてニュルブルクリンク最速を記録し、その後SUVの「ES8」を発売したNIO。
知名度を世界的に上げるにはニュル攻略しかないとの判断しての挑戦だったと思われますが、実際にそのインパクトは大きく、数ある中国のEVメーカーの中では飛び抜けた認知度を誇ります。

画像に含まれている可能性があるもの:車

この「ETプレビュー」についてはもちろんフルエレクトリックで、2021年にデビューすると言われます(テスラ・モデル3の競合とされている)。

Gyon Matcless Concept

やはり中国発のEVメーカー、Gyonから「マッチレス・コンセプト」。
580-600キロ走行可能なEVだとされますが、スポーティーなルックスを持つワゴンという感じ。

かなり豪華な内装を持つとされ、シティコミューターでもスポーツでもない「ニッチ」を狙ったクルマのようですね。

写真の説明はありません。

Hongqi H5 Sports

先日、ロールスロイスのデザイナーが突如移籍した先の「Hongqi(紅旗)。
中国官僚向けのハイエンドリムジンを製造することでも知られますが、ミッドサイズセダンのHonqi H5をスポーティーに仕立て上げたもの。

マツダ・アテンザをベースにしているといい、マツダとなんらかの提携関係にあるのでしょうね。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、車

VW SMV Concept

中国市場を最重要視するフォルクスワーゲンからは「SMVコンセプト」。
大型SUVだと思われますが(全長5100ミリにも達するアトラスよりも大きいと言われる) 、まさに中国市場を強く意識したモデルだと言えそう。

画像に含まれている可能性があるもの:車、テキスト

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

-■新型車情報/スパイフォト/噂など, >中国/香港/台湾の自動車メーカー, >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5