>フェラーリ(Ferrari) ■バイク(自転車/自動二輪) ■近況について

ホンダCBR250RRのカスタム、その「3」。キーのヘッドをフェラーリ純正に、そしてステッカー剥がしなど

投稿日:

| ラジエターガードも追加してみた |

さて、ホンダCBR250RRのカスタム「第三弾」。
今回はキートップの変更、ラジエターガードの追加、そしてステッカー剥がし。
これまでは下記の通りカスタムを紹介しています。

ホンダCBR250RRのカスタム第一弾。まずはETC車載器など実用品を装着してみた

アクラポヴィッチの炸裂音はハンパない!マフラーほかホンダCBR250RRのカスタム(2)

キートップの変更

CBR250RRのキートップ(ヘッド)は樹脂製のカバーのようなものがついていますが、ちょっと味気ないのでそれをフェラーリ純正キートップへと変更。
458イタリアの純正パーツですが、これを分解してCBR250RRのキーを挿入してあります。

L1120382

なお、CBR250RRにはイモビライザーが内蔵されていないので可能となるワザですが、なかなかにいい感じ。

L1120383

実際の加工はけっこう面倒で、まずフェラーリの純正キートップからブランクキーを抜く必要があり、キートップをバラし、埋め込まれているブランクキー周辺を削って抜き取る必要があります。

その上で純正キートップとキーを分離させる必要があるのですが、純正キーとキートップは融着されているのでホットナイフでキートップを溶かし、キーだけを取り外すことに。
そこからキーを金ノコでフェラーリのキートップ内に入るように純正キーをカットした後にフェラーリのキートップへとキーを差し込み、エポキシ系接着剤にて接着してようやく「完成」。

ラジエターガード

これはプロト製のラジエターガード。
外から見てわかるわけではなく、特に機能が向上するわけでもありませんが、「念のため」。

L1120363

ステッカー剥がし

ぼくはステッカーの類があまり好きではなく、購入したクルマやバイクにおいて、ステッカー類を剥がしたり、エンブレムを外したりしますが、どうしても外せないエンブレムはボディカラー同色にペイントする場合も。

しかしホンダCBR250RRの場合、幸いにして車体のグラフィックはほとんどステッカーのようなので、これをいくつか剥がしています。

まずはヘッドライト下。

L1120379

剥がす前はこんな「隈取り」のような赤いラインが入っています。

L1120299

そしてフロントカウルに貼ってある「CBR250RR」のステッカーも取り外し。

L1120375

タンク上の赤いラインも取り外し。

L1120373

リアフェンダーの赤いラインも剥がしています。

L1120376

剥がす前はこう。

L1120370

こちらはシート後ろ。

L1120377

剥がす前はやはり赤いライン入り。
このラインが入っていると、どうしても視覚的な重心が上の方に行ってしまうと考えていて、そのため「上の方だけを剥がして」下の方のステッカーを残しています(そのほうが視覚的な安定感が出る)。

L1120358

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->フェラーリ(Ferrari), ■バイク(自転車/自動二輪), ■近況について
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5