>その他イタリア車

予想してたのと違う!デ・トマソの新型車「P72」発表。価格1億円、72台限定、そして究極のゴージャスさ

投稿日:

| デザインは1964年のレーシングカー「P70」へのオマージュ |

予告どおり「デ・トマソ」がグッドウッドにて新型車を公開。
デ・トマソは現在経営権(商標使用権)が香港の会社”ITV=Ideal Team Ventures”に移っていますが、この会社は「アポロ・アウトモビリ」の経営元と同じ企業。

そして新しくなったデ・トマソが、ブランド60周年となる今年に今回紹介する「P72」を発表した、ということになります。

なお、以前にデ・トマソは「パンテーラっぽい」クルマの発表を匂わせていたものの、今回発表されたのはまったく「別のクルマ」。
もしかすると、このP72以降に「パンテーラっぽい」クルマが発表されることになるのかもしれません。

デ・トマソP72は「モダンデイ・クラシック」

今回発表された「P72」は、スーパーカーというよりはハイパーカー。
基本骨格はあの「アポロ・インテンサ・エモツィオーネ(IE)」と同じで、デザインイメージは1960年代のレーシングカーだとアナウンスされています。
そしてデ・トマソいわく、今回のP72は”モダンデイ・クラシック”だそう。

06b5d692-de-tomaso-p72-04

その手法としては、かつて1970年にパンテーラが登場したときと同じだとデ・トマソは解説しており、意図するところとしては”自分自身であたらしいベンチマークを作る”。

3ada2830-de-tomaso-p72-13

最新かつ最高のテクノロジーを用いながらも、その過去への敬意を忘れないという方法を採用し、デ・トマソP72がとくに意識したのは過去のレーシングカー「P70」。

54aaf1ea-de-tomaso-p72-02

こちらがその「P70」ですが、これは1964年にアレハンドロ・デ・トマソとキャロル・シェルビーとの手によって制作されたもの。
たしかにこうやって見ると、そのシルエット、ディティール、カラーリングなどはP72へと「新しく解釈」されて反映されているようです。

de_tomaso_prova_p70_010

広いグラスエリア、優雅なフェンダーアーチ、レッド、ゴールド部分は現代風に手直しされて引き継がれていることがわかりますね。

997d997b-de-tomaso-p72-19

ただしレッドはより深く、ゴールドはよりゴージャスに。
もっとも大きな相違は、P70はレースのために生まれたクルマではあるものの、P72は(レーシングカー並みのポテンシャルを持ちながらも)ロードカーとして生を受けている、ということ。

8612619a-de-tomaso-p72-05

現在のところ詳細は公開されていませんが、アポロI.E.はそのエンジンにラ・フェラーリと同じ6.3リッターV12を搭載しており、となるとアポロIEと同じメンバーで運営され、同様の骨格を持つデ・トマソP72にも「フェラーリV12」が搭載されていると考えるのが妥当かも。

a92e604a-de-tomaso-p72-15

ただ、デ・トマソP72は見たところ「究極の豪華さ」を追求したという意味ではアポロIEとも対極にあり、よって同じフェラーリ製であっても「V8ツインターボ」を選ぶことで差別化されている可能性もありそうです。

もしくは、P70や、パンテーラのように「アメリカンV8」を搭載しているということも考えられますね。

bb88c9d5-de-tomaso-p72-14

そして各部に用いられるゴールドは「ピンクゴールド」のように思われ、おそらくは本物の「金」を使用しているんじゃないか(ここで妥協はしないはず)と思います。

c1baf88a-de-tomaso-p72-07

デ・トマソP72のインテリアはこうなっている

こちらはデ・トマソP72のインテリア。
ピンク(ローズ)ゴールドにタンレザー、ダイヤモンドステッチが使用され、目もくらまんばかりの豪華さを持っていますね。

324c7935-de-tomaso-p72-08

メーターもこのゴージャスさ。
ダイヤルの発光方式、インデックスにローマ字を用いるあたりがレトロかつ独特です(視認性を重視する自動車のメーターでは、ローマ字インデックスを使用した例は他にないかも。しかしデ・トマソは”あえて”それを使用したということに)。

7dd0d152-de-tomaso-p72-09

シフトレバーも優雅極まりない仕様に。
パガーニとスパイカーをミックスし、さらにゴージャスに仕上げたといったイメージです。

443c8406-de-tomaso-p72-10

シートはフルバケット形状ながらも優雅かつ豪華な仕上がりに。

b6056f0e-de-tomaso-p72-11

デ・トマソP72のシャシーはレーシングカー同様

そしてこちらはデ・トマソP72に採用されるカーボンモノコックシャシー。
キャビン部分はもちろん、前後のサブフレームまでがカーボンで構成されるという仕様です。

f80611a9-de-tomaso-p72-23

フロントから見るとこう。
サスペンションはインボード式のダブルウィッシュボーン、そしてブレーキは(おそらく)カーボンセラミック、ホイールはセンターロック。

3ae121ca-de-tomaso-p72-27

マフラーエンドは「ラッパ」形状にて、車体上に。
アポロIEのマフラーエンドは、それ単体で「700万円以上」のコストが掛かっているそうですが、このデ・トマソP72のマフラーエンドも同じくらい(かそれ以上)のコストがかかっていそうですね。

bf9d1ad3-de-tomaso-p72-28

なお、デ・トマソP72は72台のみが限定生産され、価格は約1億円ほど。
アポロIEの価格は3億円、限定台数は10台であり、この「価格差」を考えると、やはりパワートレインに差があると考えてもよく、「フェラーリ製V12」ではなく「アメリカンV8」の可能性があるのかもしれません。

こちらは実際にデ・トマソP72がグッドウッドを走る動画。
エンジン音からはなんともパワートレインを判断できないものの、「いい音」なのは間違いないということがわかります。

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->その他イタリア車
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5