■新型車情報/スパイフォト/噂など >その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェ「F1用エンジンを新型ハイパーカーに積むかもしれん」「え?」「実は今までF1用V6ハイブリッドターボを開発していたのだ」

投稿日:2019/11/28 更新日:

| ポルシェだけに、本当に市販車へF1用エンジンを積んできそうだ |

英国Autocarによると、ポルシェは新型ハイパーカーに「F1用のエンジンを搭載」する可能性がある、とのこと。
ただ、これは現在まだ決定したわけではなく、ポルシェは1)ピュアエレクトリック、2)F1のエンジン搭載という2つの方向性を検討していると報じられます。

そこでまず「ピュアエレクトリック」ですが、これは今までに報じられてきた路線。
ポルシェ、そして親会社のフォルクスワーゲンは「エレクトリック」に注力しており、ポルシェはカイエンやパナメーラにおけるトップレンジを「ハイブリッド」に置き換え、初の市販エレクトリックカー「タイカン」を発表し、かつフォーミュラEにも参戦しています。

ポルシェは最後に大きな花火を上げるのか

この流れであれば、ポルシェ918スパイダーの後継モデルとなるハイパーカーは、ポルシェそしてフォルクスワーゲングループの未来を表した「ピュアエレクトリック」となるのが順当なところで、実際にポルシェはクロアチアのエレクトリックカーカンパニー、リマックの株式を15.5%取得済み。
リマックは「1,900馬力、0-100km/h加速1.85秒」のC_Twoを発表しており、この技術をピニンファリーナ”バッティスタ”にも供給していますが、ポルシェはリマックの技術を使用して次期ハイパーカーを開発予定だとも報じられています。

ポルシェCEO「918スパイダー後継?ピュアエレクトリックだ」。リマックの技術を使用し新次元のパフォーマンスを実現か

さらに、ポルシェは918スパイダー後継モデルについて、「ソリッドバッテリー実用化を待つ必要があり、そのため発売は2025年以降になる」とも述べており、これもまた「ピュアエレクトリック」前提の話だと言えそうですね。

ポルシェ「918スパイダー後継は2025年までは発売できないだろう」。バッテリー技術がポルシェの求めるレベルに達するのに5年はかかる模様

ポルシェはF1に参戦する計画を持っていた

そして今回出てきた「F1のエンジンを使用」という計画。
ポルシェは直近ではF1に参戦しておらず、しかし1980年代にはマクラーレンにエンジンを供給しています。
最近になり、このエンジンをポルシェ911に搭載しようという「911タグ・ターボ」計画が持ち上がっていますが、これは英国のレーシングカーファクトリー、ランザンテが企画したもので、今回出てきた「新型ハイパーカー」とはまた別の話。

ポルシェ911にF1マシンのエンジンをスワップする「ポルシェ・タグ・ターボ」計画の詳細が公表。なんとニキ・ラウダが使用し英国GPで優勝したユニットも使用可能

そこで「新・ポルシェのF1計画」ですが、これはポルシェがル・マン(LMP1)を撤退した後に出てきたプロジェクトだとされ、919ハイブリッド含むLMP1用マシンを製作していたエンジニア40名は「F1計画」に回され、その中でF1用パワーユニット「V6ターボエンジン+ハイブリッド」を開発していた、とのこと。

なお、この計画はLMP1撤退前から進められてたようで、以前よりフォルクスワーゲン名義でF1に参戦するという話があったり、そもそも「スクーデリア・フェラーリ(フェラーリF1チーム)」代表のステファノ・ドメニカリ氏をフェラーリから(フォルクスワーゲンに)引き抜いたこと自体も、”グループあげてのF1参戦計画”の一環だったのかもしれません。

マクラーレン+ポルシェ再び?公式にポルシェがF1参戦検討を認める発言

ただ、ポルシェは2017年にF1参戦を断念してフォーミュラEへとシフトし、しかもエンジニアたちは今に至るまで「V6+ハイブリッド」の開発を続けていて、これをついに活用する案が登場した、というのが今回の経緯のようですね。

ポルシェがル・マン撤退を発表。今後はフォーミュラEに参戦→どうなるル・マンとF1?

F1用エンジンは簡単には市販車に搭載できない

F1のエンジンを市販車に搭載するというと「メルセデスAMG One」を思い浮かべますが、これは2017年に発表されたものの、未だ製造がままならず(度重なる延期のうえ、2021年に製造開始とされる)、その理由としては「F1のエンジンを、ロードカー用に調整するのが難しいから」。
外部のスターターを用いてエンジンを始動させ、その後は高回転のみを使用するということを想定して作られたエンジンを「スターターボタンで始動させ、低回転から高回転までフレキシブルに使用でき、かつストップ&ゴーを多用する環境」に合わせるのは非常に困難、ということですね。

ポルシェのモータースポーツ部門を率いるフリッツ・アインツィンガー氏によると、「我々のV6ハイブリッドターボは、複雑で高価なMGU-H(モータージェネレーターユニット・ヒーター)を使用する必要はなく、排気からのみで電力を発生できる」としており、ル・マン撤退後もずっと開発を続けてきたおかげで、市販車に搭載するだけの信頼性・柔軟性を獲得しており、”スーパーカーにとっては魅力的なパワーユニットに仕上がった”としています。

今回報じられている内容については、ざっとこんな感じではありますが、ぼくとしては「もうガソリンエンジン搭載が許されなくなる時代がそこまで来ている」ことを考えるに、できる(法規が許す)うちにガソリンエンジンを使用したハイパーカーを作って欲しい、とは思うところ。

なお、ポルシェは918スパイダー後継について「レトロ」なデザインを採用する可能性も検討している、と報じられています。

ポルシェ「918スパイダー後継はレトロなデザインを採用するかも」。実際に935、917のリバイバルを行ったところを見るに”ありそう”

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■新型車情報/スパイフォト/噂など, >その他ポルシェ関連/ニュース
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5