>ミッションE/タイカン関連 ■ニュース

ポルシェが「タイカン4S/ ターボ /ターボS」3モデルを一挙発表!日本仕様はOP満載で1448万円〜、充電設備は全国に独自ネットワークを構築予定

投稿日:

| 当然ながらチャデモ対応、イオンや空港、コンビニでも充電できる |

L1180422

ポルシェ・ジャパンがついに国内向け「タイカン4S」「タイカン・ターボ」「タイカン・ターボS」を発表。

タイカンはポルシェ初となるEVですが、4Sはともかく「ガソリンエンジンが搭載されていないのに”ターボ?”」と物議を醸したネーミングがちょっと話題に。

これは「ポルシェにとってのハイパフォーマンスモデルは伝統的に”ターボ”というネーミングを持つ」という理論に基づいたもので、少し違和感があるものの、現行992世代の911も(GT3系意外)すべてターボエンジン搭載にもかかわらず、”ターボ”を名乗れるのは”911ターボ(と911ターボS)”のみ。

そう考えると「ターボ」は機能ではなく一つの象徴となり、これ(タイカン・ターボ)はこれでいいのだろう、とも思います。

むしろ、いつの日か、ポルシェの全てのラインアップがEVになったとしても”ターボ”の名は残しておいて欲しいところでもありますね。

タイカン=体感

なお、タイカンと聞くと、日本人の場合はは「体感」を連想する場合も多いと思いますが、実際にタイカンには「体感」の意味もある、と公表されています。

まずは600にものぼるネーミング候補から弁護士によるリーガルチェックを行い(これだけで1年半もかかる)、その後は23カ国語のネイティブスピーカー2名づつを集めてその名称が持つ意味を精査し、そこで最終的に決められたのが「タイカン」。

そして日本語の「体感」の意味ももちろん想定されているわけですね。

taycan

ポルシェ「タイカン」は「体感」の意味もあった!ポルシェがその名称決定プロセス、その名に込められた意図を公開

| ポルシェはどうやって新型EVの名を「タイカン」に決定したのか | ポルシェは「ミッションE」市販モデルの名を「タイカン(Taycan)」とすると発表していますが、そのイメージは「生気あふれる若馬」 ...

続きを見る

タイカンシリーズのスペック、価格はこうなっている

そして今回発表された体感シリーズですが、いずれも前後にひとつづつのエレクトリックモーターを持ち(後輪には2速トランスミッションを装備)、世界最速クラスの800Vという高電圧充電システムを装備していることが特徴。

出力0-100km/h加速航続距離価格
タイカン4S435馬力(最大530馬力)4.0秒407km14,481,000円
タイカンターボ625馬力(最大680馬力)3.2秒450km20,231,000円
タイカンターボS625馬力(最大761馬力)2.8秒412km24,541,000円

なお、日本向けのタイカンには、他の国ではオプション扱いとなるレーンチェンジアシスト、アダプティブクルーズコントロール、サラウンドビュー付パークアシスト等のオプションが付属する、とのこと。

L1180425

タイカンの内外装については以下の投稿、動画でも公開中。

ポルシェ・タイカンの内覧会に行ってきた(1)!どこからどう見ても”ポルシェそのもの”、しかし細部はすべて新しい。未来のポルシェはこうなってゆく

この記事のもくじ1 | 見れば見るほどよくできたクルマだ。このクルマの前ではすべてのポルシェが「過去」になる |1.1 ポルシェ・タイカン・スニーク・プレビューの会場はこんな感じ1.2 ポルシェ・タイ ...

続きを見る

ポルシェは7月よりタイカンを全国行脚にて順次お披露目すると述べており、近いうちにお目にかかれそうですね。

ポルシェ・タイカンの内覧会に行ってきた(2)!そのインテリアはあまりにSF的、スター・ウォーズとのコラボもうなずける

この記事のもくじ1 | ポルシェは凄いクルマを作ってきた。欧州メーカー製EVで”一人勝ち”なのもよくわかる |1.1 ポルシェ・タイカンの収納スペースは「EVにしてはまずまず」1.2 ポルシェ・タイカ ...

続きを見る

タイカンの充電ネットワークはこうなっている

そして重要なのがタイカンの充電ネットワーク。

ポルシェ・ジャパンはタイカンの発表にあわせ、「ポルシェの電気自動車オーナー向けに、急速充電器を始めとする独自の充電ネットワークを日本全国にて展開する」とアナウンス。

充電器は2種類あり、まずは「国内最速最大150kW級出力のCHAdeMO規格、急速充電器の「ポルシェ ターボチャージャー」、そして「自宅での利用を目的とした8kW出力の普通充電器、ポルシェ モバイル チャージャー(こちらは車両に付属してくる)」。

L1180443

前者については既報の通り、わずか24分でバッテリー容量の80%まで充電できることが特徴であり、後者は9時間で80%まで充電可能。

もちろんCHAdeMO(チャデモ)規格対応なので、高速道路のSA/PA、イオンなどの商業施設、空港などに設置されている充電器も利用が可能です。

なお、東京・名古屋・大阪にポルシェ ターボチャージング ステーションを設置するほか、ホテルやゴルフ場に「ポルシェ デスティネーション チャージング ステーション」、さらに順次全国のポルシェセンターにポルシェ ターボチャージャーが設置されるようですね(詳細はこちら)。

L1180450

VIA:Porsche

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->ミッションE/タイカン関連, ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5