■新型車情報/スパイフォト/噂など >ミニ(MINI)

ミニに新情報。「現行クロスオーバーの上に高級SUV追加」「”トラベラー”復活」「小型エレクトリックSUV発売」「ロケットマン市販」、そして2年以内にハッチバックはハイブリッド化

投稿日:2020/07/19 更新日:

| ミニはまだまだ右往左往 |

現在、その方向性が右往左往しているミニ。

BMWは2001年にミニを買収していますが、その後にミニを「フルラインアップ化する」とし、セダン含む多角化を計画しています。

ただ、結局セダンは発売されず、その後には「コンパクト」に集中すべく、ミニ・ロードスターやミニ・クーペを発売するも不発となり、ペースマンも今一つ当たらず、これらは結局一世代で終了することに。

ミニはなかなか方向性が安定しない

そんな中で生き残ったラインアップが「クロスオーバー」「クラブマン」ですが、このほかにあらたなる人気モデルとなったのが「ハッチバックの5ドアモデル」。

つまりはドア枚数が多くないと売れないということが立証されたわけですね。

なお、この時点でもなかなか方向性は定まらず、「市街地特化型のシティコミューター」、とくにEV化することで生き残るという方向性を打ち出しています。

ミニ役員「ミニが生き残るにはエレクトリック化しかない」。北米でのコンパクトカー不人気を受けEVブランドに?

アメリカではコンパクトカーが売れなくなってきている ミニがアメリカにおいて「エレクトリックブランド」に転じる事を考えており、そのための(EV技術に関する)パートナーを現在模索中、との報道。 この話はも ...

続きを見る

加えて「2シーターミドシップ」も何度か出てきては消滅しているウワサのひとつ。

大丈夫かミニ!今度は「ミドシップ2シータースポーツを発売」と報じられる。しかも近いうちに開発へのGOサインが出るようだ

| 2014年の”ミニ・スーパーレッジェーラ”の再来か いまひとつ方向性が定まらないという印象のあるミニですが、今度は「ミドシップスポーツを発売」というウワサ。BMWグループはは2019年に「販売台数 ...

続きを見る

ミニは当面クロスオーバーに集中?

そうこうしているうちにどんどん売り上げが下がっているのが現在の状況となりますが、最新のウワサは「売れている5ドアを拡充する」ことにしたと見え、「SUVを2モデル投入する」というもの。

そのひとつは現行クロスオーバーの上に位置するモデルで、BMW X3に使用されているCLARプラットフォームを使用してミニ最大、そしてもっとも高価なモデルになると言われています。

そしてこのクロスオーバーは2024年登場、そして「トラベラー」の名がリバイバルされるとみられている模様。

ただし「大型」といえど、プレミアムコンパクトSUVセグメント中ではもっとも小さいボディを持つことにより、かろうじて「ミニとしての矜恃」を保つとされています。

ちなみにこのCLARプラットフォームはX3のほか3シリーズや5シリーズ、7シリーズにも使用されており、つまりは「プレミアムクラス」に用いられるもの。

よって、実際にこの「ミニ史上最大の」クロスオーバーが実現したとして、かなり高価なクルマとなりそうです。

小型SUVはロケットマン、次期 BMW i3とプラットフォームを共有

そしてもうひとつの「エレクトリックSUV」ですが、こちらはX1と同程度のサイズを持ち、中国にて長城汽車とのジョイントにて製造されると言われ、その製造工場は現在建設中。

工場自体は2022年に完成し、年間生産キャパシティは16万台、そして製造された車は中国国内はもちろん、世界中に向けて販売される、と報じられています。

なお、この新型SUVは長城汽車と共同開発された新型プラットフォームを使用し、このプラットフォームは「ロケットマン」の市販モデルにも使用され、こちらも同じく中国で生産となって世界中に輸出されるほか、次期i3のベースとしても使用されることになるという見方もあるようです(i3ではなくi1と報じられたことも)。

ミニ・ロケットマン発売か?中国企業との合弁がミニの背中を押した模様。2022年にピュアEVで登場とのウワサ

| もともとは2011年発表のコンセプトカー。何度か市販化の話が出ながらも実現せず | ミニが2011年に公開したコンセプトカー「ロケットマン」を発売するというウワサ。この「ロケットマン」は、現在のミ ...

続きを見る

ハッチバックは2年以内に新型が登場?

ハッチバック系については2年以内にニューモデルが登場し、こちらはマイルドハイブリッド化されると言われるものの、現行モデルのフェイスリフトに止まるのか、ブランニューモデルとなるのかは謎。

ただ、今から「2年」だとブランニューモデルを開発している時間はなく、いくつかの報道を見るに、現行モデルの「延長」なのかもしれません。

そして、この「ニューモデル」についてもJCWが存在する、と報じられています。

ミニは英国のEU離脱と資金節約のため「現行モデルを延命」することに決定。現行ミニはあと数年生きながらえることに

この記事のもくじ1 | さらに「エレクトリックかそうでないか」方向性を決めかねていると思われる |1.1 現行ミニは登場からすでに7年1.2 ミニの今後はまさに不透明 | さらに「エレクトリックかそう ...

続きを見る

なお、この「ハイブリッド化」について、BMWはほぼ全車を対象に、今年夏には行うとしており、ミニも「ハイブリッド化」されたとしてもおかしくはなさそうですね。

BMWが今年の夏に「ほぼ全モデルにマイルドHV標準化」。加えてインフォテイメントシステムの大幅アップデートを実施

この記事のもくじ1 | BMWはフェイスリフトを待たずにこれらの改良を実施する気だ |1.1 BMWはずいぶん思い切った策に出た1.2 BMWはコネクティビティとエレクトリックを強化 | BMWはフェ ...

続きを見る

参照:Autocar

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■新型車情報/スパイフォト/噂など, >ミニ(MINI)
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5