>スバル(SUBARU) ■そのほか車関連のネタなど ■ニュース

熱狂的ファンの多いスバル!いかにしてスバリスタが形成されたのかを考察する。「パワーに対して価格が安い」「数字などスペック的特徴が多い」

投稿日:

| ただしそれは苦肉の策から生まれた戦略だったのだと考える |

スバルはけっこう(というか”かなり”)ファンが多いメーカーとして知られます。

そして「なぜファンが多いのか」ということはあちこちで語られるものの、ぼくとしては、身も蓋もない言い方ですが、「安いから」だと考えています。

正確にいうならば「パワーやスペックに比較して割安だから」ということになり、ここが人気の理由だとぼくは捉えているわけですね。

いったいどういうことなのか?

これについて簡単に説明すると、スペックにこだわる人が「安価なのにパワーが出ている」からスバルを選ぶのだと考えていて、けしてデザインやユーティリティという側面から選ばれているのではない、と認識しています。

この「安価なのにパワーが出ている」クルマを支持する心理は、たとえば日産GT-Rを神聖視する人の中のさらに一部が「GT-Rはポルシェやフェラーリ、ランボルギーニの何分の1の価格なのに、同じくらいのパワーが出ていて、それらを打ち負かすだけの性能を持っている」というアンチメジャー的な考え方を持っているのと同じで、高額なクルマを敵対視し、それらよりも優れるという心の拠り所として「コストパフォーマンス」を持ち出しているのかもしれません。

実際にスバルは馬力あたり単価が最も低い

ここで実際に例を見てみましょう。

たとえば、レヴォーグは「パワーのある」国産車として知られますが、レヴォーグ2.0GTSは300PSを発生しますが、その価格は3,685,000円に設定されており、これはぼくの知る限り、かなり割安な設定です。

そしてざっと300PS前後のクルマと価格をピックアップしてみるとこんな感じ。

レヴォーグと同じ300万円台は見つからず、一番近いクルマがホンダ・シビック・タイプRの4,584,000円という設定です。

フォルクスワーゲン・ゴルフR(310PS)・・・5,849,000円
BMW M135i xDrive(396PS)・・・6,300,000円
アウディS3スポーツバック(290PS)・・・6,330,000円
ポルシェ718ケイマン(300PS)・・・6,926,000円
トヨタGRスープラ(340PS)・・・7,028,000円
日産フーガ370GT(333PS)・・・5,346,000円
ホンダ・シビック・タイプR(320PS)・・・4,584,000円

これは今に始まったことではない

そしてぼくの記憶しているところだと、スバルのこういった傾向は今に始まったことではなく、「かなり」前から。

日本車は2004年まで「280PS」が自主規制として馬力の上限として定められていましたが、この280馬力へと最初に達したのは1989年の日産フェアレディZ(Z32)、そしてR32 GT-R。

その後はユーノス・コスモやホンダNSXなど280PSを誇るクルマが続々登場しています。

そんな中でスバルも「レガシィ」の出力を280馬力にまで高めていて、「レガシィ 2.0 GT-B(1993年)」の価格は2,898,000円。

10452001_199606b

なお、同時期の280PS車としてはトヨタ・マークII ツアラーV(1995年/3,335,000円)、マツダRX-7タイプR(1991年/3,548,000円)といったものがありますが、やはりレガシィの価格が相当に安いことがわかります。

同じ280PSのユーノス・コスモや日産GT-R、ホンダNSXの価格は(レガシィとは)比較にならないほど高いのは周知の通りですね。

スバルは基本的に投資ができなかった

そしてスバルがクルマを「安く」作れるのは研究開発にお金をかけていないからで、だしこれはケチというわけではなく、スバルの代々社長が銀行から出向して人ばかりということもあり、歴代社長が「自分の任期中に赤字は出せない(赤字を出すと銀行に戻れない?)」ために投資を禁じていた模様。

そのためにEJ型エンジンについては30年、トランスミッションについても30年くらい同じものを(改良しながら)使い続けていて、よって車両製造に関わるコストを償却しきっていたためにクルマを「安く作ることができた」ということになります。

スバルはかつて「新エンジンすら開発できない会社」だった!そんな中、名機EJ20を開発し、名車レガシィを世に送り出したのは一人の”熱血社長”

この記事のもくじ1 | 当時、スバルは興銀の支配下にあり、同じく興銀が融資していた日産への配慮から「なにもさせてもらえなかった」 |2 興銀「スバルは潰れず、無理をせず、ただ金を返してくれればそれでい ...

続きを見る

新しいユニットを開発できなければ「小技で勝負」

ただ、新規技術に注力できないからといって何もしなければクルマは売れず、そこでスバルが考えたのが(おそらく)「客観的に判断できるスペックや、目に見える機能で勝負する」。

とにかくスバルは興味深い自動車メーカーとしかいいようがなく、多くの制約の中でいかに優位性を保つかを考えた結果がシンメトリーAWDだったりパワーという数字だったりアイサイトだったりしたのだと思いますが、そんな中で記憶に残るのが「ビルシュタイン製ショックの採用」。

当時は憧れのパーツだったビルシュタイン製ショックを最初から装着したグレードを設定し、そのバッジを誇らしげにリアに装着することでアピールを欠かさず、さらにはこれも高嶺の花であった「マッキントッシュ製オーディオ」をオプション装備するなど、とにかくクルマ好きのツボを抑えた展開が素晴らしかったと思います。

上述の通り、これらは「新しいエンジンや車体、トランスミッションを開発できないので、見てわかる数字や機能、誰でも知っているブランドのパーツを装着して他社と競争するよりない」という苦肉の策から出てきた戦略だと思われるものの、安さに加え、こういった”客観的に判別できる”特徴を押し出してきたことが結果として「スバルにスペック重視の人たちを呼び込むことに」なったんじゃないかと考えているのですね。

スバルがWRX STI、そして搭載されるエンジンの生産終了を発表し、記念限定モデル「EJ20 Final Edition」発売。内容はすでにスペインで発売された限定モデルに準じる?

| スペインの限定「WRX STI Final Edition」は8台のみ、価格は720万円 | スバルがWRX STIに搭載される2リッター水平対向4気筒エンジン「EJ20」の生産を終了し、加えてW ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->スバル(SUBARU), ■そのほか車関連のネタなど, ■ニュース
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5