>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) ■近況について ■ニュース

【試乗:新型メルセデス・ベンツGLA】さすがはメルセデス!装備充実、4WDを生かした鋭く軽快な走りが持ち味のSUV。ボクはGLBよりこっちを選ぶ

投稿日:

| ただしリセールを考えるとGLBのほうが良さそうだ |

さて、先日のメルセデス・ベンツGLBに続いてGLAにも試乗。

GLAとGLBとはプラットフォームやパワートレーンをともにしますが、GLBではFFメイン、GLAでは4WD(4MATIC)のみ、そしてGLBは3列シート、GLAは2列シートというパッケージング上の差異があります。※GLBにも「GLB250 4MATIC」というグレードがあるが、これは初回入荷分で終了と言われている

デザイン的なものだとGLBのほうが「長く、背が高く」スクエアでボクシー、GLAはなめらかなデザインを持ちスタイリッシュという印象。

つまりGLBはアウトドアテイスト、GLAはシティ派ということになりますが、なぜメルセデス・ベンツ日本はGLBのディーゼルモデルに4WDを設定しなかったのか、そしてGLAを4WDモデルだけとしたのかは「謎」。※逆であれば納得だった

【試乗:メルセデス・ベンツGLB】最新のベンツは最良のベンツ!GLSにも劣らぬ快適性を持ち、その価格は512万円。トヨタ・ハリアーとの競合が多いそうだ

この記事のもくじ1 | 先代GLAとの比較だと「完全に別次元に」まで進化している |1.1 GLBはもともと「ベイビーGクラス」と言われていたが1.2 新型メルセデス・ベンツGLBはこんなクルマ1.3 ...

続きを見る

メルセデス・ベンツGLAはこんなクルマ

今回試乗した新型メルセデス・ベンツGLAは2台目へと進化したフルモデルチェンジ版(グレードはGLA200d 4MATIC)。

初代GLAは「ワゴン」という印象が強いシルエットを持っていたものの、新型GLAはワゴンというよりはちょっと背の高い「SUV」という印象へとスイッチしており、GLCやGLEと共通した印象も。

なお、グリルやヘッドライトについてもメルセデス・ベンツのほかラインアップと共通する印象を持ち、ボディパネルも全体的に「段差やエッジを抑えた」、メルセデス・ベンツの採用する最新のデザイン言語”官能的な純粋さ”が貫かれています。

L1240489

新型メルセデス・ベンツGLAを見てきた!2代目は使い勝手が良いスタイリッシュなアーバンSUVへ

この記事のもくじ1 | メルセデス・ベンツはコンパクトクラスにも上位モデルと同等の装備を与えている |1.1 新型メルセデス・ベンツGLAはこんな外観を持っている1.2 新型メルセデス・ベンツGLAは ...

続きを見る

現在展開されているのはGLA200d 4MATICのシングルグレードで、搭載されるエンジンは2リッター直4ディーゼル(150馬力)のみ、トランスミッションは新開発の8速DCT、駆動方式は4WD(4MATIC)、価格は502万円から。※4WDなのに、同じエンジンを積むGLBのFFモデルより10万円安い

L1240478

新型メルセデス・ベンツGLAは全長4415ミリ、全幅1835ミリ、全高1620ミリというボディサイズを持ち、これは先代GLAと比較して全長で-15ミリ、全幅+30ミリ、全高+115mmという数字ですが、最小回転半径は先代と同じ5.3メートルにとどまっています。

ちなみにフロントグリルの「バー」はGLAが1本、GLBは2本。

L1230750

メルセデス・ベンツGLAに乗ってみよう

まずは室内に乗った印象から。

やはり目を引くのはメルセデス・ベンツ自慢のインフォテイメントシステム「MBUX」、そして液晶メーター。

金属調の加飾やジェット戦闘機のアフターバーナーを模したというエアコン吹き出し口の質感も高く、高級感と先進性とがうまくバランスしているという印象です。

L1240483

ちなみにインテリアは基本的にGLBと共通ですが、ドアインナーパネルやセンターコンソールに設けられたバー状の加飾が「GLAでは円柱状」、「GLBでは中央に窪みのある円柱状」。

その他ダッシュボード(助手席側)にもバー状の加飾が(GLAでは)なかったり、と「ちょっとした」違いも見られます。

L1230766

ちなみにGLBだとこんな感じ(円柱状の金属状加飾の中央に窪みがある)。

L1230697

なお、座面の高さは公開されていないものの、相対的にGLBよりも高く感じられ、それはおそらくGLAのほうがベルトラインが低く設定されているからだと思われます。

加えてGLAのほうがフロントガラスが「寝て」いるためにフロントグラス先端(下側)が前に出ていて、そのために室内の開放感がより感じられるという印象。

L1230774

Aピラーも寝ているためか、かなり太い割には死角が少ないように思われます。

L1230762

メルセデス・ベンツGLAを運転してみよう

そこでさっそくGLAを運転してみることになりますが、GLB200dとGLA200dに積まれるエンジンは同じ2リッターディーゼルターボ(150PS)。

トランスミッションも同一で、サスペンション形式(フロント:マクファーソンストラット、リア:4リンク)、アダプティブダンパーを採用するところも両者で共通となっています。

ただし車体重量についてはGLB200dは1640kg、GLA 200d 4MATICは1710kgと相違があり、GLA200d 4MATICのほうがコンパクトであるにかかわらず4WD化によって車体重量が50kgプラスされることに。

L1240480

よってGLAの試乗における直接の比較対象はGLBということになりますが、GLAで走り出しての第一印象は「(GLBに比較して)軽く鋭い」というもの。

車体重量が50kgも重いのになんで?と疑問に感じられ、これはやはり「4WD化によって、メインの前輪が車体を引っ張るのに加えて後輪が車体を前に押し出すから」だと考えられます。

メルセデス・ベンツの採用する4MATICは非常に優秀であり、GLAの場合は前後トルクを100:0〜50:50にまでフレキシブルに変化させることになりますが、実際に運転した印象だと、停止状態からの発進といった「トルクが要求される場面」では後輪への駆動力がやや多めに分配されるようです。

そして走り出すと燃費を稼ぐためにフロント寄りに、そしてカーブを曲がる際にはリアの外側にもトルクが振り分けられるようで(車体をカーブ内側に入れようとする)、GLBに比較するとかなり「鋭く」コンパクトに曲がるといった印象。

L1240481

GLBの全長は4634ミリ、ホイールベースは2829ミリ、対するGLAの全長は4415ミリ、ホイールベースは2730ミリ(GLBよりも短い)という差はあるものの、この「切り込むような」鋭さはやはりトルクスプリット4WDのなせるワザなのかもしれません。

その意味でも「運転していて楽しい」のはやはりGLAのほうで、同じ車体にエンジン、足回りを持つのにかなり違う性格を持つ模様。

それを考えると、よりコンパクトでホイールベースの短いGLAを4WDのみとしたのは、悪路走破性というよりも「楽しさ」を強調し、そしてGLBをFFメインに設定したのは「運転する楽しさ」よりも「家族で移動する楽しさ」という別の楽しさを強調したかったからなのかもしれないな、と思った次第です。

そして、この楽しさをから推測するに、じき日本でも導入されることになるであろうAMGバージョンについては相当に刺激的なクルマなんだろう、と今から楽しみに思うほど。

L1230751

なお、GLAに搭載されるディーゼルエンジン(タイプ654)は非常に優秀なパワーユニットで、騒音や振動が非常に小さく、フィーリングもガソリンエンジンに非常に近いもの。

車内からはほぼエンジンノイズを感じることはなく、しかし車外に出てもそれは同じなので、つまり「エンジンそのものの発するノイズが小さい」ということに(アイドリングストップからの復帰時にはちょっとした振動がある)。

坂道などのトルクを擁するシーン、加速するような場面においてもディーゼルエンジンにありがちな「カタカタ」という音がほぼ聞こえず、ガソリンエンジンのように非常にスムーズです。

反面、ちょっと気になったのは「足回り」。

ぼくは先代GLAを購入しようと考えていた時期があり、しかし足回りの固さからそれを断念した(ちょうど椎間板ヘルニアで苦しんでいた時期だったので)ことがあるのですが、しかし先日GLBを試乗した際には「しなやかな足回り」に驚かされ、よって同じ車体を持つGLAについても期待が持てると考えていたものの、実際にGLAに試乗してみると「ちょっと硬いな」と感じることに。

GLAとGLBとは共通の足回りを持っているはずですが、もしかするとGLAのほうが若干締め上げられているのかもしれません。

L1230756

ただし、そのほかに気になるところはまったくなく、SUVにありがちな車線変更時の横揺れそして揺り戻し、横をトラックが通過した時に受けた風による「揺れ」もほとんど感じられず、かなり快適で安定しているクルマだと断言できます。

MBUXの機能も申し分なく、そのほかリアクロストラフィックアラート、アクティブレーンキーピングアシスト、アクティブブラインドスポットアシスト、360度カメラなどの運転支援装備・安全装備も申し分なく、「この価格でここまでの装備を誇るとは・・・」と唸ってしまう一台でもありますね。

今後購入検討を行う候補のうちの一台になりそうですが、懸念としては「ボディカラーがイマイチ地味」ということ、「すぐに新古車が出るだろう」ということ。

よって購入するのであれば新車ではなく(割安な)新古車を選ぶ可能性が大きく、もうちょっと様子を見てみようと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記), ■近況について, ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5