>ポルシェ・パナメーラ関連 ■ニュース

新型ポルシェ・パナメーラ発表!運動性能、デザイン、装備、質感、豪華さすべてが比類なきレベルに到達

更新日:

| パナメーラ・ターボSの性能はスーパーカー顔負け。誰がセダンがここまでのパフォーマンスを発揮すると想像しただろうか |

さて、デビューよりも一足先に「ニュルブルクリンクにおけるラグジュアリーカー最速タイムを記録した」と発表された新型パナメーラ。

今回はついにその姿そして詳細が発表され、力強く生まれ変わったその姿、そしてスペック等詳細が公開されています。

大きな変更としては、先代の「パナメーラ・ターボ」が「パナメーラ・ターボS」へと置き換えられると発表されたことで、エンジンはこれまで同様の4リッターツインターボながらも70PSも出力がアップして620PSへ。※パナメーラのラインアップはスリム化されるようだ

新型パナメーラは全域に渡り商品力が向上

そして驚くべきはパナメーラ・ターボSの0-60マイル加速(0-100km/h加速、正確には0-96km/h加速)が2.9秒にまで短縮されたことで、これは従来型パナメーラ・ターボの0-100km/h加速3.8秒に比較すると「飛躍的な向上」。

porsche-panamera-turbo-s-2021-klassische-dreiviertelansicht-von-schrag-vorne

これはランボルギーニ・ウラカンEVOやフェラーリF8トリブート、マクラーレン720Sと同じもしくは近いタイムであり、まさにその加速能力は「スーパーカー並み」。

おまけに最高速は315km/hにも達し、こちらもスーパーカーと比肩しうるスペックを備えます。

porsche-panamera-turbo-s-2021-heck

このパワーアップ達成には新設計のコンロッド、クランクシャフト、タイミングチェーンドライブにトーショナルバイブレーションダンパー、フューエルインジェクションシステム、さらに圧縮比引き下げが大きく貢献した、とアナウンスされています(もちろん過給圧も上がっているものと思われる)。

porsche-panamera-turbo-s-2021-die-seitenansicht

外観について、すべてのパナメーラにおいて「スポーツデザインパッケージ(先代ではオプション)が装着されてアグレッシブなルックスに。※オプションでカーボンファイバーアクセントも選べる

ただしデザインは今回のフェイスリフトに際して調整を受け、フロントはよりシャープ(直線的なイメージが強くなった)に、リアではスポーツディフューザーが装着されています。

全体的に攻撃的な外観が与えられたように見え、これはメルセデスAMG GT 4ドアに対するポルシェの一つの回答なのかもしれませんね。

porsche-panamera-turbo-s-2021-ruckleuchten-und-auspuffrohre-detail

ライティングが大きく変わったことも特徴で、992世代の911のように、ボディの全幅をカバーする「LEDライトバー」が装着され、その発光グラフィックもよりダイナミックに。

porsche-panamera-turbo-s-2021-vorderer-stossfanger-detail

こちらはカーボンセラミックディスクブレーキ(パナメーラ・ターボSに標準装備)。

ポルシェ属するフォルクスワーゲングループは、ランボルギーニ・ウルス、ベントレー・ベンテイガ(オプション)にて、世界最大級のブレーキシステムを採用していますが、このブレーキシステムも「そう」なのかもしれません。

なお、ホイールサイズは20-21インチの間で設定されています。

porsche-panamera-turbo-s-2021-vorderrad-mit-bremssattel-detail

ボディカラーとしてはチェリーレッドメタリック、トリュフブラウンメタリックが追加されており、これは先般アップデートを受けたタイカン同様、ピンク系、ブラウン系が増えたということを意味し、一つのトレンドだと捉えることができそうです。

新型パナメーラGTSはこう変わった

こちらは新型パナメーラGTS(こちらはワゴンボディのスポーツツーリスモ。

こちらの出力は+20HPの473HPとなり、スロットルの調整によって「より自然吸気エンジンに近い」フィーリングを達成しているようですね。

porsche-panamera-gts-2021-in-rot-seitenansicht

これまでのGTSモデル同様にブラックのアクセントが活用され、サイドギルの一部もブラックへ。

ホイールは専用にのサテンブラック仕上げ20インチ”パナメーラデザイン”。

テールランプも専用の「ダーク仕上げ」です。

porsche-panamera-gts-2021-in-rot-fahraufnahme-von-schrag-hinten

やはりイメージはアグレッシブかつシャープに。

そのほか、モデルルネームのブラック化、スポーツエキゾーストシステム装着等が専用装備として挙げられています。

porsche-panamera-gts-2021-in-rot-front-fahraufnahme-auf-der-rennstrecke

パナメーラ4S Eハイブリッドはこう変わった

こちらはパナメーラ4S Eハイブリッド。

エンジンは(先代の3リッターから変更されて)2.9リッターV6ツインターボ、これにエレクトリックモーター一つをあわせて出力はトータル552HP。

0-60マイル加速は3.5秒で、先代パナメーラ・ターボと比肩しうる加速性能です。

エレクトリックモデルの常としてボディカラーはキャララホワイトメタリック、そしてブレーキキャリパーはアシッドグリーン。

なお、バッテリーサイズはEハイブリッドモデルすべてにおいて27%増大(14.1kWhから17.9kWh)している、とのこと。

porsche-panamera-s-e-hybrid-2021-in-weiss-seitenansicht-fahraufnahme

新型パナメーラのインテリアはこう変わった

そしてこちらが新型パナメーラのインテリア。

ステアリングホイールが新型マルチファンクション・スポーツステアリングとなり、パナメーラ・ターボSには「GTスポーツステアリング」が標準装備。

パナメーラGTSについては、これまでの伝統通り、内装の多くがレーステックス(race-Tex)素材にて覆われる、とのこと。

porsche-panamera-2021-in-weiss-cockpit-mit-rotem-leder

一方でパナメーラ4S Eハイブリッドについては8ウェイ電動調整式コンフォートシートとドライバー・メモリーパッケージが標準装備されるなど「豪華仕様」に。

センターコンソールに鎮座するのは12.3インチサイズのタッチスクリーンで、オンラインナビゲーションを表示可能です。

パナメーラ・ターボSにはボーズ製14スピーカーオーディオ(710ワット)が標準装着され、オプションでは1455ワットのブルメスター製ハイエンドサラウンドシステムも用意されているそうです。

porsche-panamera-s-e-hybrid-2021-in-blau-cockpit-mit-brauner-lederausstattung

標準装備なのかオプション装備なのかは言及されていませんが、「ポルシェデザイン」とのコラボレーションによるスポーツクロノ。

ぼくの記憶では、車両側にポルシェデザインとのコラボ時計が搭載されるのは「初」ではないかと認識しています。

porsche-panamera-turbo-s-2021-uhr-auf-dem-armaturenbrett-detail

マットも毛足が長いものが用意され、今回の新型パナメーラについては、走行性能だけではなく、その外観、装備、そして質感や高級感を大きく高めてきたようですね。

現時点では価格についての発表はなく、「追って」アナウンスがある、とのこと。

porsche-panamera-s-e-hybrid-2021-cockpit-mit-beiger-lederausstattung-detail

参照:Porsche(Yuoutube), Porsche

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->ポルシェ・パナメーラ関連, ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5