>スウェーデンの自動車メーカー ■ニュース

これはちょっと欲しいぞ!ボルボが60年代の「P1800」を現代の技術で蘇らせ限定販売。車体重量わずか990kg、419馬力

投稿日:

| ただしその価格は安くない |

さて、先日プロトタイプが目撃されたのち、ボルボ自身からも「9月2日に発表する」とアナウンスのあった”Volvo P1800”。

今回そのボルボP1800が予告通り発表されているものの、正式名称はボルボP1800シアン(Cyan)。

なお、このモデルは驚くべきことにワンオフではなく、限定ながらも量産される、とアナウンスされています。

この「シアン」は、ボルボそしてロータスの親会社である中国の吉利汽車が所有するレーシングチームで、もともとは1996年にスウェーデンGTチームとして結成されるも、その後ボルボに吸収され、そしてボルボとともに吉利汽車の手に渡った、ということに。

そして吉利汽車はこのシアン・レーシングを積極活用する意向を見せており、自社のブランド「Lynk & Co」の車両をシアンレーシング経由にてWTCRに参戦させているほか、今回このP1800にもその名を冠してきたところを見るに、メルセデス・ベンツ「AMG」、BMW「M」、アウディ「RS」のように自社のハイパフォーマンスカーを「市販」する部門として機能させる目算を持っているのかもしれません。

Volvo-P1800-Cyan-04

元ネタのボルボP1800はこんなクルマ

P1800は当時ボルボが販売していた「アマゾン」のボディを、イタリアンデザインのオシャレなクーペへと架装したクルマ。

1690年~1973年に累計47,492台が生産された人気シリーズで、アメリカのオーナーが乗っていたP1800は「世界で最も長い距離を走ったクルマ」としてギネス記録にも認定済みです(その走行距離はなんと547万キロ)。

そして今回のボルボP1800シアンを見るに、驚くべきレベルで「オリジナルのP1800」が再現されているということもわかります。

1

ボルボP1800シアンはこんなクルマ

そしてこのボルボP1800シアンですが、最大の特徴は「重量990kg」という軽さ。

搭載されるエンジンは2リッター4気筒ターボで、しかしその出力は419PSなのでかなりハイチューンということになり、パワーウエイトレシオは驚愕の「2.36」。

なお、エンジンはボルボS60 TC1(レーシングカー)に積まれるものと同じだと紹介されています。※ただし過給器が追加されている

Volvo-P1800-Cyan-05

このボルボP1800シアンが発表されてみて、当初ウワサされていた「EV」でなかったのには驚きですが、これについてシアンレーシングの代表であるクリスチャン・ダール氏によれば「我々の技術を持ってすれば、P1800をEVとしてリバイバルすることは容易い。ただ、それは我々がやりたかったことではない」。

加えて同氏は「純粋なドライビングエクスペリエンスを提供したかった」とも述べており、つまり純粋なドライビングエクスペリエンスはEVでは提供できないということなのかもしれません。

Volvo-P1800-Cyan-11

そのスタイルはまさに当時のP1800を再現したものです、シアンレーシングの求める走りを実現するために全幅が広げられ、キャビンの位置も変更されるなど、多少の調整が行われている模様。

見る限りは2シーター、そしてレーシングハーネス装着済み。

Volvo-P1800-Cyan-06

ボディパネルはカーボンファイバー、そしてシャシーは超高張力鋼をカーボンファイバーで補強したものだとアナウンスされています。

今回内装の画像は公開されていないものの、室内後部にはぶっといロールケージも見えますね。

Volvo-P1800-Cyan-07

サスペンションは前後ともダブルウィッシュボーン、そしてフルアジャスタブル。

シートポジションはほぼ「リヤタイヤのすぐ前」。

Volvo-P1800-Cyan-12

ホイールはセンターロックで、スポーク部などに肉抜きが施されるなど、いかにも軽そうです。

ブレーキシステムはAPレーシング製(おそらくレーススペック)。

Volvo-P1800-Cyan-19

なお、トランスミッションはホリンジャー製の5速マニュアル(専用開発)。

デフはトルクベクタリングが可能な電子式を採用しています。

Volvo-P1800-Cyan-18

一方でディティールはクラシック

まさにレーシングカーといったスペックと構造を持つボルボP1800シアンですが、その一方で細部は「クラシック」。

ヘッドライト(のレンズカット)やウインカーも当時風。

グリルもやはりレトロな印象を与えます。

Volvo-P1800-Cyan-08

前後バンパーもやっぱりレトロ。

フロントフェンダーほかには「CYAN」のロゴが入ります。

Volvo-P1800-Cyan-10

給油口も昔っぽいデザイン。

Volvo-P1800-Cyan-21

ウインドウモールやワイパーも昔風、そしてドアミラーも超レトロ。

しかしながらステー部分にはウイング形状が採用されるなど、現代風の考え方も導入されているようですね。

Volvo-P1800-Cyan-20

現時点でこのボルボP1800シアンの限定台数は明かされておらず、しかし生産は秋から開始される、とのこと。

価格については残念ながら安くはなく、およそ500,000ドル(邦貨換算にて5300万円くらい)から、とアナウンスされています。

参照:CYAN RACING

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->スウェーデンの自動車メーカー, ■ニュース
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5