>プジョー(PEUGEOT) ■その他

プジョー史上最強の市販車!ハイブリッド4WD「508PSE」発表。なおPSEは「プジョー・スポーツ・エンジニアード」

更新日:

| プジョーはちょうどル・マン参戦用のハイパーカーのティーザー画像も公開したところ |

プジョーが「その歴史上、もっともパワフルな」市販車、508PSEプラグインハイブリッドを発表。

今回発表された5ドアリフトバックのほか「ワゴン」も用意されるといい、パワートレインは1.6リッターターボ+8速AT、さらにエレクトリックモーター2つを組み合わせて4輪を駆動します。

これによって360馬力を発生することになりますが、0-100km/h加速は5.2秒、最高速度250km/h(リミッター介入)というスペックを誇ります。

プジョーは今後ハイパフォーマンスカーを強化?

なお、このPSEとは「プジョー・スポーツ・エンジニアード」の頭文字で、メルセデス・ベンツ「AMG」、BMW「M」、レクサス「F」のようなポジションだと思われ、つまりはハイパフォーマンスカーをリリースする部門ということになりそうです。

ただしプジョーの場合は環境性能も重視しており、エレクトリックモードのみで42キロの距離を走行できるのが大きな特徴。

2021-peugeot-sport-engineered-508-16

さらには「コンフォートモード」を備え、これを選ぶと足回りが柔らかくなり、よりリラックスした走りができるようになる、とのこと(出力特性もマイルドになるようだ)。

逆に「スポーツモード」を選ぶとステアリングレスポンス、スロットル、サスペンションがよりハードに移行し、「フェイクサウンド」も強化されるようですね。

2021-peugeot-sport-engineered-508-14

搭載されるバッテリーは11.5kWhで、この搭載によって室内空間や荷室を犠牲にはしていないとされ、充電にかかるのは家庭用コンセントからで7時間、7kWh充電器経由だと2時間のみ。

ボディカラーはセレニウムグレー、パールホワイト、ネラブラックの3色で、それぞれにグリーンのアクセントが入るそうですが、オフィシャルフォトのような派手なグラフィックは(市販モデルには)採用されないものと思われます。※ただしプジョーは「GTI」シリーズでは前後でカラーの異なるツートンを採用したくらいなので、実際にこのカラーが用意されないとは限らない

2021-peugeot-sport-engineered-508-4-1

専用パーツとしてフロントウイングレット、リアディフューザー、20インチホイール(ミシュラン・パイロットスポーツ4S装着。超ツライチ!)が与えられ、なんともアグレッシブなルックスへと変身していますね。

ちなみにプジョーは、ル・マン24時間レースに新設される「ハイパーカークラス(LMH)」への参戦を表明しており、パートナーのトタルとともに開発中のレーシングカーのティーザーイメージを公開しており、今後「パフォーマンス寄り」に移行する可能性を示唆しています。

インテリアも「PSE」仕様

このプジョー508PSEプラグインハイブリッドのインテリアもやはり「専用」の仕様を多く持ち、ナッパレザーとアルカンターラをベースにグレーとグリーンのステッチが採用に。

もちろんプジョー得意の「iコクピット」が採用され、さらにはデジタル式のヘッドアップディスプレイも装着済み。

なお、ステアリングホイールのトップがフラットなのは、デジタル式メーターの視界を妨げないように、との配慮です。

2021-peugeot-508-pse-interior

そのほか、10インチサイズのタッチ式インフォテイメントディスプレイ、フォーカル製オーディオシステム、ドライバーズシートにはヒーターそしてマッサージ機能も備わることに。

加えてオートマチック・エマージェンシーブレーキ、ナイトビジョン、レーンデパーチャーワーニング、アダプティブクルーズコントロール等の運転支援機能も満載され、このあたりはさすがプジョー、といったところですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->プジョー(PEUGEOT), ■その他
-, , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5