>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

BMWがいまだかつてない限定モデル「M4 KITHエディション」発表!Mロゴがコラボ先のKITH仕様に

投稿日:

| BMWがコラボレーション相手にあわせてロゴを変更したことは(おそらく)これまでにないと思われる |

ちょうど先週、BMWはKITH(=キス。ニューヨークのセレクトショップ)のオーナー、ロニー・フィーグとのコラボレーションモデルを公開したところですが、今回新たに限定150台の「M4 Competition x Kith Limited Edition(M4コンペティション・バイ・リミテッド・エディション)」を発表しています。

ボディカラーはフローズンブラック、フローズンダークシルバー、フローズンブリリアントホワイトの3色が用意され、これらはいずれもマットカラー。

BMWがNYのセレクトショップ「KITH」とコラボ!E30 M3、M4をワンオフのカスタム仕様で製作

この記事のもくじ1 | 今までBMWはこういったことを行う会社ではなかったが |1.1 はじまりはM3のレストアから1.2 まさかBMWがここまでやるとは1.3 合わせて読みたい、関連投稿 | 今まで ...

続きを見る

いまだかつてないほどの特別仕様

そこでこのM4コンペティション・バイ・リミテッド・エディションを見てみたいと思いますが、その仕様はこれまでのBMWの限定モデルと比較しても「かなり特別」。

bmw-m4-competition-kith-design-study-edition-exterior (1)

ボディカラーがマットということも特別ではあるものの、ホイールもブラック、テールパイプもブラック。

bmw-m4-competition-kith-design-study-edition-exterior (2)

フロントのBMWエンブレム外周は「Mカラー」、そしてKITHのロゴ入り。

bmw-m4-competition-kith-design-study-edition-exterior (4)

リアのMエンブレムも「KITHバージョン」に変更されていますが、BMWがこういった変更を行うのは非常に稀だと思います(ぼくの知る限りでは”初”)。

bmw-m4-competition-kith-design-study-edition-exterior (5)

そしてルーフにもMとKITHとのコラボレーションロゴ。

bmw-m4-competition-kith-design-study-edition-exterior (6)

エンジンそのものそしてパフォーマンスに変更はなく、エンジンは3リッター直6ツインターボ、出力は503PS。

0-100km/h加速は3.8秒を誇ります。

bmw-m4-competition-kith-design-study-edition-exterior (3)

M4コンペティション・バイ・リミテッド・エディションのインテリアはこうなっている

そしてこちらがM4コンペティション・バイ・リミテッド・エディションのインテリア。

ブラックレザーをベースにMカラーをイメージしたカラーリングが用いられています。

bmw-m4-competition-kith-design-study-edition-interior (3)

シートベルトもMカラー。

bmw-m4-competition-kith-design-study-edition-interior (2)

シートのセンターにはパンチング、そして「M+KITH」バッジ、さらにヘッッドレストには「KITH」モノグラム。

bmw-m4-competition-kith-design-study-edition-interior (5)

アームレストにもKITHモノグラム、そしてセンターコンソールにはKITHロゴ。

bmw-m4-competition-kith-design-study-edition-interior (4)

このM4コンペティション・バイ・リミテッド・エディションはウィリアムズバーグ(ワシントン州)にあるKITHのショップに展示され、109,250ドルにて販売が開始される、とのこと。

日本への導入についてはコメントされていませんが、なかなかに魅力的な限定モデルだと思います。

参照:BMW, KITH

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5