>その他アメリカ車

大人気のジープ・グラディエーターにレトロワイルドな「ウイリス」追加!さらに「ドアを外したときにドアミラーを移動できる」純正OPも発売

投稿日:

| ジープはどこまでもワイルドだった |

さて、2018年に発表されて大きな話題となったジープ・グラディエーター。

これはジープ・ラングラーのロングホイールベースモデルをベースにピックアップトラック化したクルマで、その全長は5,450ミリにも達します。

北米では既に販売済み、そして欧州では2020年からのデリバリーが開始され、しかし今のところ日本では発売がなされておらず、しかしそのサイズを考慮すると導入は難しいのかもしれません(並行輸入は存在し、正規導入のウワサもゼロではない)。

今回追加されたのはグラディエーター ウイリス

なお、グラディエーターは発売以来高い人気を誇っており、7月には新グレード「アルティチュード」が追加されているものの、今回追加されたのは「ウイリス」。

これはラングラーでは人気のパッケージをグラディエーターにも転用したものだとされ、「昔のオフローダー風」な仕様が特徴となっています。

このウイリスが設定されるのは「スポーツ」そして「スポーツS」グレードで、フロントフェンダーにはこういった「WILLYS」ステッカー。

jeep-gladiator-willys-hood-close

リアには昔っぽい4WDステッカー。

jeep-gladiator-willys-4-wheel-drive

ホイールはグロスブラック仕上げの17インチ、そして32インチサイズのマッドタイヤ。

悪路走破性を高めるためにLSDも装備されているようですね。

jeep-gladiator-willys-wheel-close

ボディカラーはスティンググレー、ハイドロブルー、グラナイトクリスタル、ビレット、ファイヤークラッカーレッド、ホワイト、スナッズベリーが選択できる、とのこと。

価格は35,265ドルからに設定されています。

jeep-gladiator-willys-rear

なお、「ウイリス」はジープの祖先でもありますが同時にハマーの祖先でもありますね(製造元の買収等によって、途中で分化している)。

ジープと「ハマーの製造元」AMゼネラルとのコラボにて”軍用グラディエーター”誕生。現在はコンセプトなるも採用されれば久々に米軍にジープ復活

| ハマーはジープの後継車という位置づけだったが、買収や譲渡によって現在は別の運命を歩むことに | ジープと(軍用車、ハンヴィーを作っている)AMゼネラルとのコラボレーションによる、「ジープ・グラディ ...

続きを見る

ジープはさらにオプションを追加

なお、FCA(フィアット・クライスラー。もうじき名称がステランティスになりますが)は自社の持つブランド向けに「モパー」なるオプション群を展開しており、これは「モアパワー」が語源だと言われる通り「え?こんなものも純正オプションに?」といった内容も含まれます(ハイパワーエンジンすらも)。

さあカスタム開始だ。ダッジが707馬力のエンジン単体を250万円で販売開始、なんとメーカー保証3年付

= ホンダに続き、クライスラーもダッジ・ヘルキャットV8/707馬力エンジンを販売 = 先日、ホンダが「シビック・タイプRのエンジン単体」を販売しましたが、今回はダッジが6.2リッターV8/スーパーチ ...

続きを見る

もちろんグラディエーター発表時にも星の数ほどのオプションが発表されており、FCAはグラディエーターにつき「ジープ史上、最もカスタムされるクルマになる」と意欲を見せていますが、今回はさらに追加でいくつかのオプションが登場しています。

ジープ「グラディエーターはジープ史上もっともオプションが装着される車になるだろう」。メーカー主導でカスタム例を示して購入意欲を掻き立てる戦略へ

| あれも純正、これも純正 | ジープは「グラディエーター」を発売していますが、これはいまのところ日本では未発売。”グラディエーター”はジープ・ラングラーのピックアップトラック版といえるもので、「26 ...

続きを見る

その中の目玉がこの「ドアを外した時にも、ミラーを保持できるステー」。

本気でオフロード走行を行う人の中にはドアを外す人も多く(オプションで”パイプドア”もある)、しかしドアを外すと同時にドアミラーも失うことになってしまうわけですね。

そこで登場するのがこのキットで、フロントフードにアディショナルランプと共に固定するというなんともワイルドなものです、その価格は295ドルとけっこう安価なので、高い人気を誇るオプションとなりそうです。※ただしドアとの同時装着はできないっぽい

c

あわせて読みたい、関連投稿

え?これが純正オプション?ジープが26年ぶりに登場した「グラディエーター」を純正カスタム

| ジープは「カスタム大歓迎」 |  | ジープ・グラディエーターならどこへでも行けそうだ | ジープはその新型車「グラディエーター( Gladiator)」を発表したばかりですが、さっそくその純正カ ...

続きを見る

今アメリカではジープのカスタムがアツい!メーカー純正カスタムから1000馬力チューンのコンプリートカーまでがSEMAに登場予定

| ジープはFCA内では「もっとも成功した」ブランドだと言えそうだ | 今年のSEMAではトヨタGRスープラと同じくらいのカスタムカーが出展されそうなジープ・グラディエーターとラングラー。主にアメリカ ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->その他アメリカ車
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5