>ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) ■ニュース

ルノーの大ヒットモデル「5(サンク)」が現代にEVとして蘇ったら!今こそルノーは5をリバイバルすべきだ

投稿日:2020/11/21 更新日:

| 「5」の名がこのまま歴史に埋もれてしまうのはあまりに惜しい |

さて、欧州自動車メーカーにおけるハッチバックの名作と言える「ルノー5(サンク)」。

初代は1972年に登場し、その後1984年に二台目へとスイッチ。

その後は「クリオ(日本ではルーテシア)」と名を変えて販売されることとなっています。

車名を変えた理由としては、「当時のルノーはモデルチェンジに際して車名を変更するのが常であったから」だとされていますが、ビッグネームだけに「5」を継続して欲しかったというのが偽らざる心境です。

ルノー5にはこんなバリエーションがあった

そしてルノー5といえば「ルノー5ターボ」をまっさきに思い出しますが、これはエンジンをフロントからリアミッドへと移し、駆動輪を後輪としたWRC参戦のためのホモロゲーション取得用モデル。

ただでさえ変態なルノー5ターボの上級モデル、「ルノー5ターボ2EVO」が競売に。まさに変態エボリューション

この記事のもくじ1 またまた登場の変態カーが競売に。現在の最高入札額は670万円1.1 1980年台のルノーを象徴する、ルノーR5ターボ2 EVO1.2 こんなにあるよ変態車 またまた登場の変態カーが ...

続きを見る

プジョー205も忘れてはならない

このルノー5ターボはプジョー205 T16の良きライバルとも言えますが、(そういった時代であったといえど)両者ともFFをMRへと変更するという、とんでもない仕様を持っていたということになりますね。

やはりグループB時代はなんでもアリだった?プジョーが作った「ミドシップ」205が販売に

グループBはとにかく特殊なカテゴリであることは以前に述べたとおりですが、プジョーもホモロゲーション獲得のために205をミドシップに改修した車を作っていた模様(ホットハッチのミドシップ化というとルノーだ ...

続きを見る

そしてこの5ターボのインパクトはあまりに強く、時折レンダリングアーティストが題材として取り上げることも。

ルノー5ターボが現代に蘇るとこうなる!クリオ(ルーテシア)をベースにミドシップ化+オーバーフェンダーで武装してみた

この記事のもくじ1 | 残念だが、もはやこういったクルマの登場は望めそうにない |1.1 ルノー5ターボはこんなクルマ1.2 ルノー・クリオを5ターボ風にしたらこうなった | 残念だが、もはやこういっ ...

続きを見る

現代にルノー5が蘇るとこうなる

さらにグラフィックデザイナー、Marco Malteseもルノー5の復活を願う一人。

子供の頃に見かけて多大なる衝撃を受けたというルノー5が現代(というか未来)に蘇ったらこうなるだろう、という作品を公開しています。

Renault-Le-5-concept-6

その名は「Le5」

このレンダリングは「Le5(ル・サンク)」として公開されていますが、これはアメリカでは「Le Car」として販売されていたことに関係があるのかも。

見た限りでは当時のルノー5の印象を継承し、しかしフロントには現代のルノーが持つ「ウイング風」デザインも見られます。

そしてフロントグリルが閉じられていること、リアにはテールパイプが見えないことから「ピュアEV」だと考えてよさそう。

Renault-Le-5-concept-3

現在欧州ではコンパクトEVがある種のメインストリームとなりつつあり、フォルクスワーゲン・ゴルフ、プジョー208にはEV版が追加され、さらにはマツダMX-30、ミニクーパーS E、ホンダeといったニューカマーも登場。

ルノーも「ZOE」を発売しているものの、さらに販売を有利にしようと考えると、かつての大ヒットモデルである「5」の名をリバイバルしない手はない、と考えたりします。

参照:Marco Maltese

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5