>その他アメリカ車

またまた登場、新興ハイパーカー!今回は1,929馬力、4モーターのハイパーEV"フリーダム"。0-100km/h加速1.8秒、実現すれば世界で2番目に速いクルマに

投稿日:

新型ハイパーカー、エレーション・フリーダム

| ガソリンバージョンも用意され、そちらはランボルギーニ・ウラカン/アウディR8のコンポーネントを流用するようだ |

さて、またまた新興ハイパーカーメーカーがカリフォルニアより登場。

なお、カリフォルニアからは相当数のスタートアップが誕生しており、(ポルシェのカスタムではないほうの)ジンガー、ルシード、タキオンやその他もろもろ。

なぜカリフォルニアにこういった新興メーカーが集中するのかは定かではありませんが、「人材が豊富」「資金を獲得しやすい(投資家が多い)」という事情があるのだろう、と考えています。

【動画】米国発1500馬力、一人乗りのハイパーEV「タキオン・スピード」!その姿は完全にクルマを超えて戦闘機のようだ

この記事のもくじ1 | 発表から3年、どんどん完成に近づいているようだ |1.1 その姿は完全に自動車を超越している1.2 こんな記事も読まれています | 発表から3年、どんどん完成に近づいているよう ...

続きを見る

設立スタッフはF1ほかモータースポーツ経験者

そして今回登場したのは「エレーション(Elation)」なるハイパーカーメーカーで、中心人物はカルロス・サツロフスキー、そしてマウロ・サラヴィアなる人物。

加えてエレーションのスタッフはF1やル・マン24時間レース、そのほか欧州拠点のレーシングチームにて働いた経験を持つ者ばかりだとアナウンスされています。

Elation-Freedom-4

今回エレーションから発表されたのは同社初の市販車にしてハイパーカー「フリーダム」。

詳細は発表されていないものの、見るからに「ハイパーカー」的なルックスを持っており、雰囲気的にはロータス・エヴァイヤ、(前から見ると)フェラーリSF90ストラダーレに近いという印象も。

Elation-Freedom-6

こちらはリアウイング格納状態。

リアウイングの昇降デバイスはブガッティ・シロンのような構造ですね。

Elation-Freedom-7

このフリーダムはピュアエレクトリックカーだと紹介されており、搭載されるエレクトリックモーターは合計で「3つ」、そして出力はシステムトータルで1,414HP(1,434PS)。

なお、エレーションはさらにパワフルな4モーターバージョン(1,929PS)を用意するビアーマンも述べており、こちらの0-100km/h加速は1.8秒、そして最高速は418km/h。

もちろん現時点ではランニングプロトタイプが存在せず、この数値は理論値となるものの、実現できればテスラ・ロードスター(1.9秒)やリマックC_Two(1.85秒)よりも速く、アスパーク・アウルの1.69秒に続く「世界で2番目に加速が速い」クルマとなりそうです。

エレーション・フリーダムのコクピットは「戦闘機モチーフ」

なお、エレーションによると、このフリーダムのインテリアは戦闘機にインスパイアされた、とのこと。

メインのメーターはフルデジタル、そしてセンターコンソールのスイッチ類も最小限にまとめられた「ミニマリスト」的な印象もありますね。

Elation-Freedom-10

そして最近のハイパーカーらしく内装素材にもこだわっており、プレミアムレザー含む高級素材が用いられています。

Elation-Freedom-12

エレーション・フリーダムの車体構造はこうなっている

そしれこちらがエレーション・フリーダムのシャシー。

カーボンモノコックシャシー(これ単体では82kgしかない)におそらくはアルミ製と思われるサブフレームを組み合わせており、ランボルギーニ・アヴェンタドールやマクラーレン各モデルに近い雰囲気です(もちろんサスペンション含め細部は異なる)。

Elation-Freedom-14

バッテリーはシャシー底面にマウントされ、100〜120kWhサイズのT型リチウムイオンバッテリーを想定しているようですね。

なお一回の充電あたり航続可能距離は483〜644kmを想定しています。

Elation-Freedom-15

「ガソリンバージョン」も用意が可能

なお、ちょっと面白いのは「ピュアエレクトリックバージョンのほかに、ガソリンエンジン版”アイコニック”も用意しているということ。

そちらは5.2リッターV10に7速デュアルクラッチ・トランスミッションを組み合わせて4輪を駆動するとされ、つまりはランボルギーニ・ウラカン、アウディR8と同じ構成を持っており、しかしエンジンは専用にチューニングされて760PSを発生する模様(ウラカンEVOは640馬力)。※アウディはKTMやドンカーブート、グンペルトにもコンポーネントを提供している。エレーションはすでにアウディと話をつけているのかも

ちなみにこちら(ガソリン版)の0-100km/h加速は2.5秒、最高速は386km/hとのこと。

価格については当然ながら安くはなく、ピュアエレクトリック版のフリーダムで200万ドル(2億円以上)、そしてガソリン版のフリーダム・アイコニックでは230万ドルという設定です。

ほかにはこんなハイパーカーも

上述の通り、現在は多種多様なハイパーカーが登場していて、ほかにはこういったクルマたちも。

様々な計画が登場しているのは喜ばしい限りですが、これらのうち納車までたどり着くことができるのは「ほんの一握り」であり、注視を要するところですね。

アスパーク・アウル
世界最速の和製ハイパーカー「アウル(OWL)」が3.5億で販売開始!出力なんと2012馬力、0-100km/h加速は1.69秒、最高速は400km/h

この記事のもくじ1 | まさか本当に発売にまでこぎつけるとは |1.1 アスパーク・アウルの凄さは加速だけではない1.2 車体構造は「カーボンモノコック」1.3 その外観は意外にエレガント1.4 アス ...

続きを見る

【動画】ハイパーカーはここまで進化した!AIによる設計、3Dプリンタにて製造される1250馬力のジンガー21Cがスゴかった

この記事のもくじ1 | 一瞬、キワモノかと思ったが |1.1 ただしジンガーは本気だった1.2 設計はAI、製造は3Dプリンター1.3 その外観はもはや宇宙船1.4 合わせて読みたい、関連投稿1.5 ...

続きを見る

またまた新興スーパーカー(ハイパーカー)登場。ハイブリッドにて1150馬力を発生する「Aria FXE」

| 1150馬力、0-100キロ加速は2.7秒 | 欧州(製造拠点はカリフォルニア)からまた新興スーパーカー(ハイパーカー)が登場。 今回ロサンゼルス・モーターショーにて公開されたもので、これは「Ar ...

続きを見る

アメリカから水素を動力源とするハイパーFCV「ハイペリオンXP-1」登場!0-100km/h加速は2.2秒

この記事のもくじ1 | このハイペリオンにはバックグラウンド含め謎が多い |1.1 「何世代か先のブガッティ」?1.2 こんな記事も読まれています | このハイペリオンにはバックグラウンド含め謎が多い ...

続きを見る

"イメージは戦闘機とF1"! 67年前に生産を停止した自動車メーカー「ドラージュ」が突如として世界最速のハイブリッドハイパーカー、D12を発表

この記事のもくじ1 | ただし具体的な走行性能は発表されていない |1.1 ドラージュD12は「ウルトラモダン」なハイパーカー1.2 ドラージュD12の開発にはF1チャンピオンも参加1.3 こんな記事 ...

続きを見る

意外とカッコイイ?950馬力、最高速度380km/hの新型ハイパーカー、「TS900 H アペックス」発表。スロベニアの新興ハイパーカーメーカーより

| 加速性能はフェラーリSF90、最高速はブガッティ・シロンなみ | スロベニアの新興スーパーカーメーカー、Tushek(トゥシェック?)が新型スーパーカー「TS900 H アペックス」を公開。実車の ...

続きを見る

フランスの新興メーカー、プラトが発表したスーパーカー「オラジュ(Orage)」。V8自然吸気エンジンでは世界最高の888馬力を発生

| ベースはシボレー・コルベット。ただし内外装、機関はフルオリジナル | グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにて、フランスより新たなスーパーカー「プラト・オラジュ(Prato Orage)」 ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5