>その他アメリカ車

ボクが「乗らずに死ねない」と考えるクルマの筆頭「プロウラー」!さらにクラシカル、かつホットロッド風にカスタムしたCG

投稿日:2020/11/30 更新日:

| 一度はプロウラーを購入せねばとは考えているが |

さて、ぼくがずっと欲しいと考えているものの、なかなか購入できないクルマのひとつ、「クライスラー(プリマス)・プロウラー」。

メーカー純正のホットロッドという出で立ちですが、稀代のカーガイといわれるボブ・ラッツ氏が企画したクルマであり、1997年〜2002年の5年間に11,479台が生産されています(キワモノの割に相当数が生産されている)。

このデザインがメーカー純正とは

フロントサスペンションはサスアーム剥き出しのダブルウイッシュボーン、そしてフロントタイヤにはサイクルフェンダー。

フロントウインドウは短くチョップされ簡易的な幌が備わります。

ちなみにリアにトランクらしきものがありますが、これは幌を格納するためだけのもので実際の収納力はないと言われていますね。

それを補うためか、プロウラーの車体後半と同じデザインを持つトレーラーがオプションにて販売されており、こちらもけっこうな人気商品だったと言われます。

エンジンはV6/3.5Lで214馬力(のちに253馬力)のSOHC、4ATのみ。

ボディサイズはサイズは長さ4199ミリ、幅1943ミリ、高さ1293ミリ、車体重量は1300キロ程度と言われています。

そのプロウラーがさらにクラシカルに

そんなプロウラーですが、今回はAbielemec Designがさらにクラシカルに、そしてさらにホットロッド風にバーチャルカスタム。

ただし基本的なデザインや形状は変わらず、ディティールの変更に止まるようですね。

126169067_218899029589656_9018486710892732559_o

前後ホイールはクロームへと変更され、フロントタイヤはさらに細くクラシカルに。

一方でリアタイヤはスリックに近い「ぶっとい」サイズへと変更されています。

ヘッドライトはブラック化されているようですね。

126254709_218899059589653_7671504205590731146_o

エキゾーストパイプは「サイド出し」。

サスアーム類もクローム化され、テールランプはクリアへと変更されています。

126418873_218899139589645_8531791551221094284_o

エンジンはおそらくV6からV8へと換装され、バンク中央にはスーパーチャージャーがドッキング。

一方でインテリアはクラシカルな仕様へと変更されてシートはブラウンレザーへ、そしてステアリングホイールはおそらくウッドへ。

126526451_218899002922992_6472236739400208368_o

クライスラー・プロウラーは絶滅危惧種

なお、現実世界におけるプロウラーは絶滅危惧種。

カーセンサーエッジ上だとわずかに1台が検索に引っかかるのみで、そのほか個別に保有しているショップもあるようですが、遅かれ早かれ日本市場から姿を消してしまうかもしれません(価格は年々上昇している)。

上述のとおり、いつかは手に入れねばと考えているものの、すでに日本から撤退してしまったクライスラーのクルマということや(メンテが心配)極端な日常性のなさ(これはまだ許容できる)から購入を躊躇っているのが実情で、しかし「乗らずに死ぬことはできない」と考えている車の筆頭でもあります。

合わせて読みたい、クライスラー・プロウラー関連投稿

定期的に欲しくなる車、「クライスラー/プリマス・プロウラー」

この記事のもくじ1 | 買えるときに買っとかないと、そのうちタマがなくなりそうだ |1.1 すでに国内在庫はわずか数台1.2 価格は個体によってバラバラ2 関連投稿:これはぜひ発売して欲しい。プロウラ ...

続きを見る

ユーチューバーがプリマス・プロウラーを紹介。今までで一番のハイテンション動画

おなじみのユーチューバーDoug DeMuro氏がぼくの大好きな車、プリマス(クライスラー)・プロウラーを解説。 ご覧の通りホットロッド風のルックスで、とても市販車とは思えない車ですが、プリマス(のち ...

続きを見る

参照:Abielemec Design

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f