>シボレー(CHEVROLET) >その他アメリカ車 >フォード(FORD) ■映画や音楽、本、ゲームについて ■自動車各社業績/ランキング等

なぜこうなったのか・・・。2020年のアメリカンマッスル市場ではやはりカマロが一人負け。ボクはカマロに「感情移入できるドラマが少ない」からだと考えている

投稿日:

| クルマはやはり機能や性能だけによって判断されるべきではない |

さて、コロナ禍においては同業種内においても明確に勝敗が分かれているというのが現状です。

たとえば、一律に飲食業界すべての店舗が落ち込んでいるかというとそうではなく、中には「伸ばした」飲食店も存在するわけですね。

これは自動車業界においても言えることで、一律に販売が落ちているわけではなく、上がったところもあればそうでない場合もあり、そして下がったとしても、その下げ幅に大きな差異があるようです。

アメリカのスポーツカーの場合はこうなっている

そこですでに発表済みの数値を見てみたいと思いますが、まずはアメリカのスポーツカー。

つまりシボレー・カマロ、ダッジ・チャレンジャー、フォード・マスタングといった面々ですね。

これらについては以前から勝敗が明白になっていますが、コロナ禍によってさらにその差が顕在化した模様。

まずは2020年通年の販売だとこうなっています。

2020年通年のアメリカンマッスルの販売状況

  • シボレー・カマロ・・・29,775台(前年比マイナス38.3%)
  • ダッジ・チャレンジャー・・・52,955台(前年比マイナス13%)
  • フォード・マスタング・・・61,090台(前年比マイナス15.7%)

2020年 第4四半期のアメリカンマッスル

  • シボレー・カマロ・・・前年比34%マイナス
  • ダッジ・チャレンジャー・・・前年比2%プラス
  • フォード・マスタング・・・前年比21.4%マイナス

どうしてここまでアメリカンマッスルの販売に差がついたのか?

そこでやはり気になるのが「なぜそんなに差がついたのか」。

なお、ダッジ・チャレンジャーは登場から12年、カマロは4年。

つまりチャレンジャーはけっこうな年齢ということになりますが、そもそも古さを感じさせないタイムレスなデザインが受けたのかもしれません。

一方でカマロは前衛的でアグレッシブ、そしてテクノロジーを感じさせるデザインを持っていて、ここが受けなかったのではないか、とも考えられます。

なお、カマロが大きな話題を呼び、人気化した例といえば2009年に映画「トランスフォーマー」とともに登場した5代目であり、しかしその後はチャレンジャー、マスタングに対して競争力を発揮できないことに。

これはやはり「レトロ」から離れてしまったことが理由なのだと考えています。

ちなみにダッジ・チャレンジャーの平均顧客年齢は51歳以上だと言われ、しかしこれはカマロ、マスタングよりも「若い」と言われ、そういった年齢層の人々が、現行カマロの先進的なデザインに「ついて行けなかった」のかもしれません。

驚愕!ダッジ・チャレンジャー購入者の平均年齢は51歳!それでも「カマロ、マスタングよりは若い」。ちなみに日本の新車購入平均年齢は35.8歳

| 日本における「若者のクルマ離れ」なんぞまだまだヌルい | ダッジのブランドマネージャーによると、チャレンジャー購入者の平均年齢はなんと51歳、とのこと。チャレンジャーというと典型的なアメリカンマッ ...

続きを見る

カマロは戦える武器に乏しい

そしてもうひとつの理由が「カマロには武器が乏しい」ということ(ドラッグレーサーのCOPOくらい?)。

たとえばマスタングだと「ブリット」はじめ多くの映画にて活躍した歴史、そしてそれを支えるファンも。

チャレンジャーにおいては「デーモン」はじめアメリカンマッスルを体現するような”パワー”と言ったわかりやすさが存在します。

ダッジ・チャレンジャー/チャージャーの2021年モデル発表!アメリカでは普通に800馬力のセダンやクーペが販売されているという事実

| チャレンジャー/チャージャーは登場から12年が経過するもいまだ人気 | ダッジが「チャレンジャー」に新たなバリエーションを追加。ラインアップが増えすぎて、すでにもうぼくは把握しきれなくなってきてい ...

続きを見る

ただ、カマロの場合はそういった例も思い浮かばず、そこが求心力を失った理由のひとつなのかも。

参考までに、デロリアンのように映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」への登場によって一気にその価値を上げたクルマもあり、意外と「映画で活躍した」というのは重要なファクターなのかもしれません(アストンマーティンも”ボンドカー”に採用されていなければ、現在はもっと苦しかったに違いない)。

そう考えると、クルマの人気というのはその性能や機能のみによらず、なんらかの感情移入できる「ドラマ」が必要なのだとも考えられます。

こういった事情を考慮するに、カマロの事情はここから改善するとは思えず、おそらくは、ウワサされるように「販売終了」となってしまうのかもしれませんね(当初は2023年終了と言われたが、最新のウワサだと2026年まで延命されるようだ)。

シボレー・カマロ
シボレー・カマロが2023年に販売終了という報道。マスタング、チャレンジャーに比べ「売れない」理由を考える

| なぜならカマロはもう「レトロ」じゃなくなったから | シボレー・カマロが2023年をもって販売終了になる、というウワサ。これについていくつかのメディアがGMに確認を取ったそうですが、GMはこれにつ ...

続きを見る

そして現在、GMはあの手この手でカマロの販売を押し上げようとしていますが、これらが徒労に終わる可能性もありそうです(それでも、手をこまねいているわけにはゆかない)。

シボレー・カマロ
シボレー・カマロはやはり売れず。マスタングからの乗り換え支度金を27万円から33万円にアップし、これは車両価格の14%値引きに相当

| カマロのデザインはアメリカ人にはかなり嫌われたらしい | 止まらぬカマロの販売減少にGMが喝!なんと「マスタングから買い換えるなら27万円値引きする」というプロモーションを大々的に展開 先日、シボ ...

続きを見る

あわせて読みたい、アメリカンマッスル関連投稿

ダッジ・チャレンジャーは登場から11年経つのに新型カマロより売れている!そのワケを考えてみた

もしかするとチャージャーはマスタングを抜いてスポーツカーNo.1になるかも Detroit Free Pressによると、ダッジ・チャレンジャーは2019年最初の3ヶ月(第1四半期)において、シボレー ...

続きを見る

発売11年経過のダッジ・チャレンジャー。発売3年経過のカマロ、マスタングを抜いてついに「マッスルNo.1」に。なぜ古くても人気を維持できるのか

| 多くの人が新しさよりも自分らしさを求めるようになったから | 北米における第三四半期の自動車販売において、ダッジ・チャレンジャーがアメリカンマッスル市場にてナンバーワンを獲得。これは驚くべき結果で ...

続きを見る

米にてダッジ・チャレンジャー一人勝ち。マッスルカー市場のシェア42%を占め、登場12年なるも「一番売れたアメリカンマッスル」に

| たしかにアメリカンマッスルの中では一番魅力的かも | ダッジ・チャレンジャーが売れまくり、2020年第三四半期には「最も売れたマッスルカー」に君臨し、マッスルカー市場において42%ものシェアを獲得 ...

続きを見る

参照:Motor1

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->シボレー(CHEVROLET), >その他アメリカ車, >フォード(FORD), ■映画や音楽、本、ゲームについて, ■自動車各社業績/ランキング等
-, , , , , , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5