>ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ルノーが「5(サンク)」をEVとして復活させると発表しプロトタイプを公開!過去の資産をリバイバルし革命を起こす「Renaulution」計画も公表

投稿日:

ルノー5プロトタイプ

| この新しい「ルノー5(サンク)」はちょっと欲しい |

さて、つい先日「ルノーは”5”をEVとして復活させる計画がある」と報じられたばかりですが、イキナリその「ルノー5プロトタイプ」の画像そして実車が公開に。

ただし今回は姿がお披露目されるにとどまり、スペックや内装については不明ではあるものの、”新型”ルノー5はモダンで魅力的なシティEVとして生まれ変わることになりそうですね。

ルノー5ターボ
ルノーが過去の人気モデル名「4」「5」を復活?ヒット作のリバイバルは「有名な原作を映画化」と同じでリスクが少ないことに着目か

| エレクトリック”5ターボ”に期待したい | さて、ルノーが「4(キャトル)」や「5(サンク)」といったビッグネームを蘇らせるのでは?という報道。ただし「EVにて」という条件がつくようですが、ルノー ...

続きを見る

ルノー5プロトタイプはこんな外観を持っている

そこでこの新生ルノー5について、伝説的ハッチバックを強く意識した外観を持っており、しかしその印象はレトロよりも「フューチャー」。

全体的にフラッシュサーフェス化され、フロントのルノーエンブレム、「RENAULT」ロゴはボディパネルとツライチに。

Renault-5-Prototype (5)

リアも同様にテールランプそしてRENAULロゴがフラッシュ化されています。

そしてこのRENAULTロゴは発光するように見え、しかしロールスロイスの「光るスピリット・オブ・エクスタシー」のように、実際には光害認定されてしまい、市販車では禁止される可能性もありそう。

Renault-5-Prototype (3)

CO2、騒音に続いて「光」までもが規制対象に!EUにてロールスロイスの「光るマスコット」が禁止。「光るグリル」はOKらしい

| そこまで規制しなくてもいいのでは | さて、ますます締め付けが厳しくなる自動車業界。CO2排出量、音量に続いて今回は「光」が規制対象となっており、EUにて新たに設定されたlight polluti ...

続きを見る

そのほか注目のディティールとしては、サイドウインカーが「5」の形に発光すること、充電ポートがボンネット上にあること、ドアハンドルがフラッシュマウントとなっていることなど。

Renault-5-Prototype (2)

インテリアについては不明ではあるものの、メーターが透過式のパネルであること、シートにはブロック状のステッチが施されていることもわかりますね。

Renault-5-Prototype (4)

ドアミラーは小ぶりではありますが現実的な「鏡面」を持っており、そういった部分を見るに、このルノー5プロトタイプは「かなり市販バージョンに近い」とも考えられます。

Renault-5-Prototype (7)

ルノーは新戦略「Renaulution」を発表

なお、ルノーは今回Renaulutionなる計画を発表しており、これに含まれるのが2025年までに7つのEVを発売するというもの。※「ルノー」に「リノベーション」「レボリューション」「ルサレクション(復活)」をかけている

そのひとつがこの「新型ルノー5」ということになりそうですが、これは今まで発表されたEVではもっとも心動かされるモデルでもあり、このまま発売されれば実際に買ってしまうかもしれません(はじめてのフランス車)。

このルノー5プロトタイプのデザインにおけるインスピレーションについて、デザイナーのジル・ヴィダル氏は「かつてのR5」だと述べており、それを現代に「アーバン、エレクトリック、アトラクティブ」という要素をもって蘇らせたと語っています。

そして今回、ルノーが「5」を蘇らせた意味は大きく、こうなると「4(キャトル)」もEVとして復活する可能性も否定はできなさそう(ヘリテージを活用し、販売を有利に進めようとするのであればなおのこと)。

ルノーは2025年までに、販売の30%をEVにしたいという意向を持つようですが、今後の展開に期待したいところですね。

Renault-5-Prototype (6)

ルノーの「今後」はこうなる

そこでこの「Renaulution(ルノルーション)」計画についてですが、これは上述の通りルノーの「リノベーション」「レボリューション」「ルサレクション(復活)」を意味しており、ルノーCEO、ルカ・デ・メオ氏によると以下のような変革を目指しているようです。

ルノーの描く未来

  • 2025年までに25車種を発売
  • その半数はコンパクトとミッドサイズ
  • プラットフォームは現行の6種から3種に半減
  • プラットフォームの80%は(日産・三菱との)アライアンス関係に基づくもの
  • パワートレーンは現在の8つから4つへ
  • 自動車メーカーからテクノロジー企業への脱皮
  • 2030年には利益の20%をテクノロジー経由にて

renault

ルノーグループが「未来」を示す動画はこちら

参照:Groupe Renault

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5