■新型車情報/スパイフォト/噂など >その他の国の車

1977年の登場以来モデルチェンジをしていない「走る化石」ラーダ・ニーヴァ。しかし今回、ついにフルモデルチェンジされることになったようだ

投稿日:

モデルチェンジ版、ラーダ・ニーヴァ

| おそらくラーダ・ニーヴァは自動車業界における最長寿モデル |

あの「生きた化石」「走る化石」と言われるラーダ・ニーヴァ(LADA NIVA)。

1977年に発売された後、一度もモデルチェンジすることなく今まで販売されているという、おそらくは「世界で最も長寿なクルマ(メルセデス・ベンツGクラスは1979年登場)。

構造が簡素なので壊れにくく、また修理しやすいという特徴があり、そのため僻地においては今だに多くの愛用者がいる、とも言われます。

そのラーダ・ニーヴァですが、ついにモデルチェンジを迎えることとなったようで、これは一大事と言えるかもしれません。

ラーダ・ニーヴァはこんな車

なお、「ラーダ・ニーヴァ」の「ラーダ」はブランド名、「ニーヴァ」が車名。

ラーダ自体はロシアのアフトヴァース(AVTOVAZ)が製造していますが、このアフトヴァース(ロシア最大の自動車メーカーで、現地では20%のシェアを持つ)は現在ルノーが経営権を取得しています(よって、ルノーや日産のクルマも製造している)。

上述の通り、1977年以降モデルチェンジを行っておらず、しかしこれまでには何度かモデルチェンジを行っているものの、基本的なルックスは「昔のまま」。

あの「走る化石」ラーダ・ニーヴァに2020年モデル登場!内外装はほぼ一緒、しかし「フェイスリフト」扱い、そして名称は「4×4」に変更

この記事のもくじ1 | 価格が安ければちょっと欲しいクルマのひとつ |1.1 新型ニーヴァ、改4X4はこう変わった1.2 ラーダ・ニーヴァとは? | 価格が安ければちょっと欲しいクルマのひとつ | 1 ...

続きを見る

ルノーの新方針に従いラーダ・ニーヴァは新世代へ

そんなラーダ・ニーヴァですが、いきなり時計の針が動くこととなったのはルノーの掲げた新しい経営計画、「Renaulution」によるもの。※「ルノー」に「リノベーション」「レボリューション」「ルサレクション(復活)」をかけている

ルノー5プロトタイプ
ルノーが「5(サンク)」をEVとして復活させると発表しプロトタイプを公開!過去の資産をリバイバルし革命を起こす「Renaulution」計画も公表

この記事のもくじ1 | この新しい「ルノー5(サンク)」はちょっと欲しい |2 ルノー5プロトタイプはこんな外観を持っている2.1 ルノーは新戦略「Renaulution」を発表2.2 ルノーの「今後 ...

続きを見る

これは主にグループ間におけるプラットフォームやパワートレーンを削減して経営を効率化しようという計画ですが、これに従い新型ラーダ・ニーヴァはCMF-Bプラットフォームを採用することになり、つまりダチア・ビッグスター、ルノー・キャプチャー/クリオ、そして日産ジューク/ノートとプラットフォームを共有するということになりますね。

なお、このルノーの計画に先立ってルノー=日産・三菱アライアンスは再建計画を発表しており、それぞれが抱えるブランドにおいても共通化を行なうことも発表済み(インフィニティの本社が香港から横浜へ移されたのも同じ理由だと思われる)。

日産がウワサどおり「新再建プラン」発表!ルノー/三菱との取り組みを強化し、これまで以上に共有化推進。開発には車種・分野ごとにリーダーを決めて「競争しない」

この記事のもくじ1 | 実際にどこまで「貫けるか」は各社の覚悟と本気度にかかっている |1.1 ルノー・日産自動車・三菱自動車の”今後の取り組み”はこうなっている1.2 概念は「リーダー」と「フォロワ ...

続きを見る

新型ラーダ・ニーヴァは現行ニーヴァの雰囲気を色濃く反映

なお、一番上の画像はルノーが「公式」として発表したイメージスケッチ。

これを見ると、現行ラーダ・ニーヴァ(下の画像)のイメージを色濃く残しており、ボクシーなスタイル、グリルと一体化したヘッドライト、その上の「眉毛」、そしてCピラー上の「3本の」スリットもしっかり再現。

ただし新型ラーダ・ニーヴァは「4ドア」構造を採用するようで(スケッチには後部ドアハンドルはなく、しかし明確なパネルの継ぎ目があるので後部ドアそのものは存在する)、ここは現行ラーダ・ニーヴァと異なるところでもありますね。

新型ラーダ・ニーヴァはおそらく日本で発売されることはないと思われ、しかし「欲しい」と考えるのはぼくだけではないかもしれません。

obnovlennaya-lada-4x4 (1)

あわせて読みたい、ラーダ関連投稿

こんなにカッコいいオフローダーは見たことない!メルセデスGクラスと”走る化石”ラーダニーヴァが合体したらこうなった

この記事のもくじ1 | 単なるキワモノではないその姿を見てみよう |1.1 ラーダ・ニーヴァは43年も変わってない1.2 新型ニーヴァ「G-Niva」はこうなっている1.3 G-Nivaのインテリアは ...

続きを見る

40年間変わらないスタイルで生産された「ラーダ・ニーヴァ」にアニバーサリーモデル登場

| 今まで生き残っているのはまさに奇跡 | ロシアの自動車メーカー、ラーダが製造する「ニーヴァ」が40週年に。1977年に発売されたということになりますが、40年間変わらないルックスには意外とファンが ...

続きを見る

【動画】やっぱりロシアは発想が違う。ラーダに「38インチホイール」を装着したり、6輪化するカスタムが相次いで登場

ちょっと前にはヘリコプターのエンジンをクルマに装着してた ロシアの自動車「ラーダ」になんと38インチホイールを装着し、雪上を楽しく走り回る動画が公開に。ラーダはロシアの自動車メーカーですが、1977年 ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f