■自動車各社業績/ランキング等 >ベントレー(Bentley)

ベントレーが「8万台目の」コンチネンタルGTを生産したと発表!初代発売から18年、3代目での偉業達成

投稿日:2021/01/29 更新日:

ベントレーが8万台目のコンチネンタルGTを生産

| この価格帯での「8万台」はなかなか達成できない |

ベントレーがコンチネンタルGTの販売が8万台に達した、と発表。

コンチネンタルGTは現行モデルで「3代目」となり、初代から通じて18年間製造されています。

ベントレーは1919年に創業され、その後1931年にロールスロイスが併合するも、1971年にロールスロイスが倒産とともに国有化されることになり、その後ヴィッカースがこれらを買い取ることに。

1998年にヴィッカースはロールスロイスとベントレーをフォルクスワーゲングループに売却するものの、ちょっとしたトラブルがあったようで、ロールスロイスは2003年にBMWの手に渡り、ベントレーはそのままフォルクスワーゲングループへと残ることに。

コンチネンタルGTのデビューは衝撃的だった

そしてコンチネンタルGTは2003年にデビューすることになりますが、その美しいスタイリング、比較的抑えられた価格によって大ヒット(2ドアスタイルのベントレーとしては、1952年のコンチネンタルRまで遡ることができる)。

その後コンチネンタルGTC(コンバーチブル)、ハイパフォーマンス版のコンチネンタルGTスピード/GTCスピード、コンチネンタルGT V8/V8コンバーチブル等のバリエーションが追加され現在に至りますが、基本的なデザインは初代から変わっておらず、いかに初代コンチネンタルGTのデザインが優れていたかがわかりますね。

現行モデルについてはパフォーマンスが大きく向上し、「氷上における世界最速記録(331km/h)」を保有していることでも知られ、第一級の動力性能を持つことも魅力のひとつだと言えそうです。

8万台目のコンチネンタルGTは「オレンジ・フレーム」

そして今回、ベントレーが8万台目のコンチネンタルGTとして公開したのは右ハンドル、そしてボディカラーはー「オレンジフレーム」。

オプションにて”ブラックライン”が装着された、コントラストの鮮やかな一台ですね。

Bentley-Continental-GT-80000th-15

現行モデルのコンチネンタルGTだと、価格は「コンチネンタルGT V8」の25,476,000円から、「コンチネンタルGTマリナー・コンバーチブル」の37,796,000円まで。

ベントレーはフォルクスワーゲングループの重要会議にて「アウディが直接管理を行う」ことが決定していますが、アウディとともにエレクトリック化に向かって進むことになるものと思われ、今後の方向性についても期待が持たれます。

Bentley-Continental-GT-80000th-13

ベントレー・コンチネンタルGT
21年3月からアウディの管理下に置かれるベントレー。「ポルシェの下でなくて良かった・・・」。なお、今後は少量生産の超高額車生産ブランドに?

この記事のもくじ1 | 「バカラル」「ブロワー」等のプロジェクトを見ると、ベントレーは今後方向転換を行いそうだ |1.1 ベントレーはエレクトリックブランドへと脱却1.2 ベントレーが目指すのは「究極 ...

続きを見る

加えて、パーソナリゼーション部門「マリナー」も存在感を増しており、今後バカラルのような特別モデルの開発・発売が活発化する可能性も。

さらには1920年代の「ブロワー」復刻など、歴史を生かした、ほかの自動車メーカーにはできないような活動も特筆すべき点であり、常に何らかの期待を抱かせる自動車メーカーだと言えそうです。

ベントレー・バカラル
ベントレーが「ほぼ100年ぶりの」2シーターとなる”バカラル”を発表!出力659馬力、1台2.2億円の超高級GT

この記事のもくじ1 | そして限定台数の12台はすべて買い手がついている |1.1 ベントレー・バカラルはこんなクルマ1.2 ベントレー・バカラルのインテリアはこうなっている1.2.0.1 関連記事 ...

続きを見る

合わせて読みたい、ベントレー関連投稿

復刻されたベントレー・ブロワー
いったいいくらするのコレ・・・。ベントレーが1920年代の「ブロワー」を忠実に復刻し12台を販売するための試作車、「カー・ゼロ」が公開される

この記事のもくじ1 | カー・ゼロ製作にあたっては1920年台のブロワーを分解し、パーツをひとつひとつ3Dスキャン |1.1 「コンティニュエーション・プログラム」はひとつの流行だったが1.2 今回生 ...

続きを見る

ベントレー・ベンテイガ
ベントレーが「コロナ禍」「ブリグジット」という二重苦の中でも2020年に成長を見せる!最も伸びたのは中国、最も売れたのはベンテイガ

この記事のもくじ1 | ベントレーは困難な状況も見事に乗り越えたようだ |1.1 ベントレーはロックダウンも乗り越える2 2020年のベントレー販売状況はこうなっている2.1 合わせて読みたい、ベント ...

続きを見る

ベントレー・バカラル
ベントレーのデザイン責任者が交代!前任者の辞任に際し、アウディからアンドレアス・ミントが昇格

さて、ベントレーのチフデザイナーが交代する、との報道。新しいデザイナーはアンドレアス・ミント(Andreas Mindt)氏で、同氏はベントレーの属するフォルクスワーゲングループにて25年以上のキャリ ...

続きを見る

参照:Bentley

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5