>フェラーリ(Ferrari)

アメリカの税関が「車台番号改ざん」の疑いがあるF50を押収。フェラーリの協力のもと調査した結果「2名のオーナー」が重複していることがわかり所有権を裁判で争うことに

投稿日:

フェラーリF50

| 負けたほうはとんでもない金額を失うことになりそうだ |

さて、「所有者と名乗る人物が2名いる」フェラーリF50が話題に。

いったんどういうことなのかというと、このフェラーリF50は2019年12月14日にカナダからアメリカへと輸入されようとしていたところ、ピース・ブリッジ・ポート・オブ・エントリーにて車台番号(VIN)改ざんの疑いにて、税関(国境警備局)により押収されたというのが物語の起点です。

フェラーリも捜査に協力することに

そしてフェラーリ本社の協力もあって、税関はこのF50が「2003年にイタリアで盗難された車両」であることを究明。

なお、盗難される前の持ち主はパオロ・プロベンジ氏という人物であり、購入してからわずか1ヶ月しか経たないうちにホテルの駐車場から盗まれてしまい、その直後に盗難届を出しています。

そして話をややこしくしているのが、もうひとりこのフェラーリF50の所有権を主張する人がいること。

この人は(Shmee150氏も紹介したことがある)アイコニック・コレクションのオーナーとして知られるムハンマド・アルサルージ氏で、同氏は2019年9月に、自身のコレクションへと加えるためにF50を1,435,000ドル(1億5700万円くらい)にて購入しているわけですね。

フェラーリ、ポルシェ、ランボルギーニ等スーパーカーコレクション
【動画】その数100台以上!フェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェ。マクラーレン等のレアカーが揃うプライベートガレージがマイアミにあった

| ガレージ内にはアート作品も | さて、コロナ禍にもかかわらず中東そしてアメリカへと飛んで様々な動画レポートを届けてくれる英国のユーチューバー、Shmee150氏。今回はマイアミより「アイコニック・ ...

続きを見る

状況を整理するとこう?

そこで状況を整理すると、まず2003年にイタリアにて、当時のオーナーであるパオロ・プロベンジ氏がこのフェラーリF50を盗まれる。

その後、どういったわけかカナダへとこのF50は流れ着き(何度か転売されているとは思う)、マイアミのムハンマド・アルサルージ氏が(おそらくはカナダの業者から)このフェラーリF50を購入。

そしてそのフェラーリF50をカナダからアメリカへと輸入する段階にて、アメリカの税関が押収した、ということになりそうですね。

正当な所有者は法定にて決することに

そして現在の状況としては、米国連邦検事局が「貴重なフェラーリF50を没収するのは適切な行為とは言えない」との判断にて適正な所有車を決めることとし、この膠着状態を打開するために裁判を開く模様。

いったいどうなるんだろうなという感じではありますが、盗まれたパオロ・プロベンジ氏が保険に入っていて保険金を受け取っているのであればもう所有権はなく、その権利は保険会社へと移っているのかもしれません。

そして一方、ハンマド・アルサルージ氏がお金を払っているのだとすれば、カナダの業者に返金を依頼することもできると思われ、しかしこの業者ももしかすると「車台番号改ざん車」を掴まされた被害者なのかもしれません。

ただ、この業者がトンズラしていて、もし裁判所が「パオロ・プロベンジ氏のもとへとF50を返すべし」という判決が出たとなると、ハンマド・アルサルージ氏は購入金額を失うことにもなりかねず(全額前払だとは限らないが)、なりゆきにはちょっと興味を持っています。

フェラーリF50はこんなクルマ

フェラーリF50はフェラーリF40の後継モデルとなり、フェラーリの50周年記念モデルとして発売(ただし実際の発売は実際の50周年の2年前)。

限定台数は349台ですが、最後が「9」と半端な数字なのは、「顧客が求めるよりも1台少なく作る」というエンツォ・フェラーリのモットーを引き継いだため。

先代に当たるF40に比べて外観が丸くなったにもかかわらず中身は超ハードに進化し、エンツォ・フェラーリの息子、そしてルカ・ディ・モンテゼーモロ、ピニンファリーナ、ニキ・ラウダ等が関った結果、フェラーリのスペチアーレの中においてもかなりスパルタンなモデルとなっています。

Ferrari-F50-Auction-5

F50は「公道を走るF1」という理念のもとに開発されていますが(F40は”公道を走るレーシングカー”)、カーボンモノコックにブッシュ類を介せずにそのままダイレクトにエンジンをマウントするという強烈極まりない構造を持つことが特徴(サスペンションもF1風のプッシュロッド)。

エンジンもF1由来の4.7リッター(F1用の3.5Lを拡大)V12、最高出力は513馬力、最高速度は時速325キロ。

振動やノイズがF40に比べても大きく、登場後は一部で(あまりのハードさに)非難を浴びたことでも有名ですね。

合わせて読みたい、フェラーリF50関連投稿

「史上最も価値のある」フェラーリF50、”ベルリネッタ・プロトティーポ”が競売へ!なにがそんなに特別なのか?

| これほどまでにフェラーリと密接に関わり、貢献したF50はほかにない | オークションハウス「ワールドワイド・オークショニア」が、アリゾナにて開催するオークションにて「1995年製の、1台のみしか存 ...

続きを見る

いつの間にそんな高くなったのフェラーリF50!モーターショーに展示された個体が競売に登場予定、予想落札価格は最高で3億円

| 他の個体にはない経歴を持ち、フェラーリによる証明つき | フランクフルト・モーターショーに展示された個体そのもの、というフェラーリF50が競売に登場予定。これは5月28日にRMサザビーズが開催する ...

続きを見る

一番最初に製造され、最後の「5桁」シリアルを持つフェラーリF50が中古市場に。ショーや雑誌で露出された有名な個体

| かのジャッキー・スチュワートのコレクションに加わったことも | 「一番最初に製造された」フェラーリF50が中古市場に登場。 加えてこの個体は1995年のジュネーブ・モーターショーに展示された個体そ ...

続きを見る

参照:Motor1,  U.S. Attorney's Office Western District of New YorkBuffalo News, Shmee150

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->フェラーリ(Ferrari)
-, , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5