>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

フロントバンパーを正面から見るとほとんどの面積がグリル!トヨタは北米にて究極のオラ顔セダン、「アバロンTRD」を販売していた!

投稿日:

トヨタは北米にて究極のオラ顔セダン、「アバロンTRD」を販売していた

| ただしその大部分が閉じているよう(ダミー)に見えなくもない |

さて、トヨタの主力セダンのひとつ、「アバロン」。

その主戦場は北米であり、残念ながら日本では販売されていないものの、現地での評価は高く、日本でも販売を待ち望む声が多いようです。

そんなアバロンですが、2021年モデルが発表され、その中で「TRD」バージョンがあまりにもカッコいいと話題に。

アバロンは「トヨタの最大セダン」

アバロンは現在のトヨタのラインアップでは「最大」のボディサイズを誇るセダン。

ただし全長4,975ミリ、全幅1,849ミリ、全高1,435ミリなので、ポルシェ・パナメーラやメルセデス・ベンツSクラス、BMW 7シリーズよりはやや小さいということになりますね。

トヨタが新型セダン「アバロン」発表。なぜトヨタは人気が低迷するセダンにこだわるのか?

| アヴァロンはトヨタブランドのフラッグシップセダン | トヨタがデトロイト・モーターショーにて5世代目となる「アバロン」を公開。 アバロンは一時期日本でも販売されていたものの、現在日本では導入がない ...

続きを見る

ただ、基本レイアウトがFFなので後部座席はかなり広いのかもしれません。

ちなみに搭載されるエンジンは3.5リッターV6で、トランスミッションは8速AT、駆動方式はFFのほか4WDも選択できます。※2021年モデルからは2.5リッター直4も追加

参考までに、アメリカでは「用途や役職、そしてそれに対応するクルマ」におおよその決まりがあるようで、その理由の一つが「ローンを組む際、収入だけではなく役職も勘案される」こと。

つまり役職が高くないと高額ローンが組めないそうで、よって「分不相応なクルマを購入できない」環境ができあがっているようですね。

その意味において、「出世したら買いに行くクルマ」筆頭がレクサスESだと言われますが、このアバロンについては「ちょっと上位のセールスマンやマネージャークラスが会社から支給される」類のクルマだといい、管理職一歩手前、もしくは管理職が乗るクルマなのかもしれません。

レクサスESは日本では売れない?「米では”車がステータスシンボル”だが日本では違う」

| レクサスESは日本では売れない? | 東洋経済にて、”レクサス「ES」日本初導入の小さくない課題”という記事が掲載に。 記事中では日本にも導入が決まったレクサスESについて「アメリカとは事情が異な ...

続きを見る

アバロンTRDはこんなクルマ

上述の通りアバロンは「ビジネスマン向け」のクルマであり、ともすると退屈な印象を与えてしまう可能性があるものの、トヨタは「TRD」バージョンを設けることでその印象を拭い去ろうとしているようにも見えます。

なお、北米におけるTRD(Toyota Racing Development)は現在の日本におけるTRD(組織改正によって、ヤンキーっぽいドレスアップパーツブランドになってしまった)とは全く異なる性質を持っていて、レースと深い関わりを持ち続け、よってモータースポーツファンからの支持も熱いブランド。

toyota-avalon (4)

米TRDよりレーシーなウイングを装着した「カムリTRD」公開。一方、日本のカムリ用TRDパーツはなぜマイルドヤンキー系?

| トヨタはやっぱりセダン好き | トヨタが先日ティーザー画像を公開した「カムリTRD」「アヴァロンTRD」を公開。 実車はロサンゼルス・モーターショーにて展示されるとのことですが、ひとまずはオンライ ...

続きを見る

日本だとGazoo Racingのポジションに相当するとも考えていますが、北米では86にも「TRDスペシャルエディション」が設定済み。

想像でしかありませんが、トヨタは「(TRDを追いやって)Gazoo Racing」を世界統一にてトヨタのモータースポーツ部門という位置づけにしたいと考えているものの、北米ではTRDの歴史と実績、そしてファンがそれを許さないのかもしれません。

toyota-avalon (5)

トヨタ86に北米専用、「86 TRD スペシャルエディション」追加。ブレンボ、ザックスにTRDエアロ装着

| トヨタUSAが北米市場限定にて、渋い86限定モデルを追加 | トヨタが北米市場向け、「86 TRD スペシャルエディション」を発表。 「究極のパフォーマンス」を標榜した限定モデルで、ブレンボ製ブレ ...

続きを見る

なお、北米のTRDは上述の通りモータースポーツと密接に関係しており、そのために提供されるエアロパーツ、「TRD」グレードもドレスアップというよりは機能性を感じさせるもの。

ちなみにイメージカラーはGRと同じく「ブラックとレッド」を使用している模様。

toyota-avalon (2)

そしてフロントバンパーの大部分が「グリル」。

というかフロントバンパーそのものが「枠しかない」といった感じですね。

toyota-avalon (3)

合わせて読みたい、トヨタとTRD関連投稿

GRヤリス
北米ではGRではなく「TRDこそがハイパフォーマンスブランド」。なお日本のTRDはGRにその座を追われてドレスアップパーツブランドに

この記事のもくじ1 | 今後も北米ではGRとTRDとが共存するようだ |1.1 トヨタのレース用車両といえば「TRD」だった1.2 北米でのTRDはちょっと違う1.3 こんな記事も読まれています |  ...

続きを見る

トヨタが世界最速のFFセダン、「アヴァロンTRD Pro」公開。サーキットのタイムはなんとアウディR8、ポルシェ911をも凌駕しG35 GT-Rと同等

| たしかに見た目は速そうだが | SEMAにてGRスープラのカスタムモデル5つを公開したトヨタですが、それだけにとどまらず「アヴァロンTRD Proコンセプト(AVALON TRD Pro Conc ...

続きを見る

トヨタ公認、GRスープラのカスタムカーが登場。「TRD GRスープラ3000GTコンセプト」、750馬力の「GRスープラ・ハイパーブーストエディション 750HP」

| トヨタはとことんGRスープラのカスタムを布教する気だ | トヨタがロサンゼルスにて開催されるチューニングカーの祭典、SEMAにて「5つの」異なるカスタムが施されたトヨタGRスープラを展示。その内容 ...

続きを見る

参照:TOYOTA

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5