>その他アメリカ車

世界初「ソーラー充電EV」、ハンブル・ワン登場!1日あたり97km走行分を充電でき航続距離は800km。ルックスもなかなかで価格は1160万円から

投稿日:

世界初「ソーラー充電EV」、ハンブル・ワン登場

| これだけの価格を出して新興EVメーカーのクルマを買うにはちょっと勇気が要求されそうだ |

さて、現在は拡大するEV市場の恩恵にあずかろうと様々な新興EVメーカーが登場していますが、ここで紹介する「ハンブル・ワン」もそのひとつ。

このハンブル・ワンを発売しようとしているのはカリフォルニア拠点にて活動を行う2020年設立の「ハンブル・モータース」で、他社との差別化を行う手段が「太陽光発電」です。

ハンブル・ワンはこんなクルマ

そこでこのハンブル・ワンについて、ボディ形状は5枚ドアを持つクロスオーバー。

ただしタイヤとタイヤハウスとのクリアランスはかなり小さく、タイヤの扁平率も低いため、そのルックスはある種スポーツカー的でもありますね。

humble-one (6)

なお、一回の満充電あたり走行可能距離は約800kmといいますが、太陽電池経由にて充電できるのは「1日で約97km」分のみ(降雨量が少なく日照時間の長い地域でないとこの数字は出ないのかも)。※ACとDCチャージャーにも対応

ただしそれでも、トヨタ・プリウスにオプション設定されているソーラーバッテリーの「1日充電して、実際に走行できるのは5kmくらい」というスペックに比較すると段違いの性能です。

humble-one (1)

そのほか、ハンブル・ワンの特徴としては「軽量化」「効率的なエアロダイナミクス」が挙げられ、これらによって「800km」という長い航続可能距離を実現しているようですね。

ただし画像を見る限りだと、フロントは「非常に空気抵抗が大きそうな」形状を持っており、しかしこれにもなんらかの「理由」があるのかもしれません。

ただしハンブル・ワンの価格は安くない

なお、このハンブル・ワンの価格は109,000ドル(1160万円くらい)。

つまり相当に高価なクルマということで、テスラ・モデルXやポルシェ・タイカン、アウディe-tron GT等と同じゾーン(ただし出力は2010HPとかなり高い)。

humble-one (8)

米国ではすでに予約受注が開始されており、現時点では20億円を超える額の予約金が集まっているといい、けっこうな人気があると考えても良さそうですね。

なお、納車は2024~2025年からを予定しており、まだまだ先ということになりますが、実際に発売できるかどうかについても注視が必要だとは思います。

humble-one (7)

合わせて読みたい、新興EVメーカー関連投稿

創業1年で上場し「10万台の受注を集めた」ことで株価が高騰したローズタウンの受注がウソだった
米でバブル化しつつある新興EVメーカーの株式公開。創業1年で上場し「10万台の受注を集めた」ことで株価が高騰したローズタウンの受注がウソだった模様。今後こういった例が多数出そうだ

この記事のもくじ1 | 上場直後の値上がりだけを目的に会社を作り、上場させるEV関連企業がいっぱい出てきそう |1.1 ただしこれを悪用し株価操作を行った疑いも1.2 受注台数は「でっちあげ」?1.3 ...

続きを見る

新型ハイパーカー、エレーション・フリーダム
またまた登場、新興ハイパーカー!今回は1,929馬力、4モーターのハイパーEV"フリーダム"。0-100km/h加速1.8秒、実現すれば世界で2番目に速いクルマに

この記事のもくじ1 | ガソリンバージョンも用意され、そちらはランボルギーニ・ウラカン/アウディR8のコンポーネントを流用するようだ |1.1 設立スタッフはF1ほかモータースポーツ経験者2 エレーシ ...

続きを見る

ポルシェ創業者の末裔、BMWやポルシェを追い出された「はみ出し者」たちが展開する新興EVメーカー、ピエヒ。市販モデル「GT2」を発表し、実力が問われる

この記事のもくじ1 | 一時期は中国から資金提供を受けるのではと言われたが |1.1 ピエヒGT2はピュアエレクトリックカー1.2 経営陣は大手自動車メーカー出身者で固められる1.3 あわせて読みたい ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f