■自動車各社業績/ランキング等 >テスラ(TESLA)

テスラが「2021年第1四半期は過去最高だった」と発表。なおモデルSとモデルXは新型へ切り替えのため生産ゼロ、にもかかわらず全世界で18万4000台をデリバリー

投稿日:

テスラ・モデル3

さて、国内外の自動車メーカーが続々直近の生産や販売台数を公表していますが、今回テスラが「デリバリーが過去最高になった」と発表。

モデルY、モデル3、モデルS、モデルXすべてを合計した全世界での販売台数は18万4800台となっており、これは2020年第4四半期に記録した18万570台を超えて過去最高に。

加えて、これまで第1四半期の販売台数が第4四半期を超えることはなく、そしてフォルクスワーゲンがID.3、ポルシェがタイカンのデリバリーを本格化させたり、そしてヒュンダイがアイオニック5、キアがEV6の受注を開始したという逆風の中では「かなりいい数字なんじゃないかと考えています。

なお、テスラは2020年通年で50万台を販売していますが、2021年は3ヶ月で18万4800台を販売したということになり、今後の動向にも注目が集まりますね。

日産フェアレディZ
米2021年第1四半期において、フェアレディZはなんと28台しか売れていなかった!なおGT-Rは50台、カマロは7,889台、マスタングは17,274台、登場から13年のチャレンジャーは15,096台

この記事のもくじ1 | この状況で日産はよくフェアレディZを終了させずにモデルチェンジしようと考えたな |1.1 なぜダッジ・チャレンジャーは売れ続けるのか1.2 フォード・マスタングは「最も売れたフ ...

続きを見る

モデルS/モデルXの生産はゼロ

販売の内訳を見ると、モデルS/モデルXが2020台(生産はゼロ)、モデル3/Yが182,780台(生産は180,388台)。

注目すべきはモデルS/Yの生産がゼロとなっていて、販売台数が極端に少ないということ。

これは先日発表された「新型モデルS」へ、モデルYともども移行準備を行っているという事実を示しているのだと思われます。

こういった事情を考慮すると、やはり今回の数字は「想像よりもずっといい」と捉えて良さそうですね。

テスラ・モデルS
テスラが新型モデルS/モデルX発表!モデルS「Plaid+」はなんと1100馬力、0-100km/h加速2.1秒!ステアリングホイールはナイトライダー風に

この記事のもくじ1 | 大幅アップデートの割に価格は抑えめ |2 新型テスラ・モデルS/モデルXの外観はテスラ・ロードスター風に2.1 もっとも大きく変わったのはインテリア3 新型テスラ・モデルS/モ ...

続きを見る

加えてテスラは今回の業績発表に際し「中国にて、モデルYの販売が好調」「フル生産体制に向けて取り組み中」「新型モデルSとモデルYの販売も受注好調で、生産開始が近い」とコメントし、純利益などの財務諸表については近日中に改めて公開するとも述べています。

ちなみにテスラが「モデル3とモデルYを発売する」と発表した際、市場は「より利益の大きなモデルSとモデルYの販売を侵食し、テスラ全体の利益を圧迫する」と見ていたものの、実際に各モデルともにしっかり棲み分けができており、それぞれが独自の市場を形成している模様(ガソリン車とは異なり、EVは追加車種分だけ販売が”プラス”される傾向がある)。

よって、これから新型モデルS/モデルXが納車されはじめると更に販売が伸びることになり、ウワサされる「260万円の新型EV」についても、既存のラインアップとは競合せず、新しい客層をテスラに呼び込むこととなりそうですね。

テスラ・モデル3

今後のテスラの動向は?

そこで気になるのがテスラの今後。

つい先日、フォルクスワーゲンは、テスラ・モデルYの最大の脅威となりそうな「ID.4」を発表しており、ヒュンダイ・アイオニック5やキア・EV6もデリバリーが開始されることに。

フォルクスワーゲンが「同社でもっとも売れそうなEV」、ID.4の納車を開始したと発表
フォルクスワーゲンが「同社でもっとも売れそうなEV」、ID.4の納車を開始したと発表!ゆとりあるSUVボディに400kmの走行可能なバッテリーを備えて約430万円

この記事のもくじ1 | ID.4はすでに23,500台の受注があるらしい |1.1 実際にID.4は23,500台の受注を獲得1.2 その性格は「快適志向」1.3 その価格は求めやすい「約430万円」 ...

続きを見る

そしてモデルSを取り巻く環境だと、ポルシェ・タイカンやアウディe-tron GTといった車種が登場していて、さらにメルセデス・ベンツEQSのデビューも間近です。

つまりは相当に困難な戦いが待ち受けているということになりますが、助けとなるのは「EV市場の拡大速度の速さ」であり、このスピードよりも早くテスラが成長できるかどうかが非常に重要となってきます。

ヒュンダイの新型EV、アイオニック5が欧州でも爆発的人気
ヒュンダイの新型EV、アイオニック5が欧州でも爆発的人気!2020年に欧州でテスラが販売した台数の2.4倍の予約を数日で獲得、何がそんなにスゴいのか?

この記事のもくじ1 | アイオニック5は「テスラキラー」最右翼と見られるが |1.1 ヒュンダイ・アイオニック5はゲームチェンジャーに?2 ヒュンダイ・アイオニック5はこういったスペックを持っている2 ...

続きを見る

EV市場はガソリン車市場とは異なって「パイの取り合い」ではなく全く新しい市場であり、しかしこれからガソリン車市場と同レベルまで成長すると予想され、そのため「いかに競争が厳しくとも」その中で独自のプレゼンスを確保できれば勝機があるとも考えられます。

そこが新規参入組が多数発生する理由でもあり、リヴィアンやカヌーなどが存在する「意義」だと言えそう。

ただ、EVを投入すればなんでも売れるというわけではなく、ミニクーパーS E、メルセデス・ベンツEQ C、BMW iX3のように「空気」になってしまったEVも多々存在し、その意味ではガソリン車以上に「売れるクルマと売れないクルマ」とがはっきっりするマーケットなのかも(これはEV市場の特殊性でもある)。

その意味ではテスラはEV市場においてもっとも高い知名度を誇っており、一日の長があるため、まだまだ優位性を発揮することになるだろうとも推測しているわけですね。

加えて、これから不足するであろうバッテリーの確保に走っていること、世界中に工場(ギガファクトリー)を建設していること、そして「260万円の」新型EVの発表、サイバートラックのデリバリー開始なども明るい材料だと考えています。

合わせて読みたい、テスラ関連投稿

テスラとLGとが新型バッテリー工場を建設し「バッテリー需要逼迫」に備える
テスラとLGとが新型バッテリー工場を建設し「バッテリー需要逼迫」に備えるとの報道。なおGMは「リチウムメタル」バッテリー開発開始、トヨタは「ソリッドステート」実用化を目指すなど各社各様

この記事のもくじ1 | テスラは次世代バッテリーよりもリチウムイオンバッテリーの可能性を追求するようだ |1.1 バッテリー確保は最大の課題1.2 バッテリーに対する取り組みは様々1.3 テスラの工場 ...

続きを見る

VWのCEOが公式Twitterを開設し「パワーデー」開催と告知
VWのCEOが公式Twitterを開設し「パワーデー」開催と告知。その手法はテスラと酷似しているが、ボクは自動車業界で唯一「VWのみが、テスラの実力を正しく理解している」と考える

この記事のもくじ1 | フォルクスワーゲングループは、早い段階で「テスラを驚異」だと認識し、対策を打ってきた |1.1 フォルクスワーゲンはなにかとテスラを意識1.2 フォルクスワーゲンはテスラの手法 ...

続きを見る

テスラの「260万円以下の新型車」、モデル2は北米だと補助金の適用にて「200万円以下」で購入が可能
【動画】テスラの「260万円以下の新型車」、モデル2は北米だと補助金の適用にて「200万円以下」で購入が可能!文字通りガソリン車を駆逐する?

この記事のもくじ1 | プレミアムカーに続き、コンパクトカーも制覇? |1.1 テスラは2006年からこの計画を持っていた1.2 モデル2は200万円以下で購入可能?2 テスラ・モデル2が「200万円 ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f